2017/04/02

【開幕2戦目】サヨナラ慎ちゃん炸裂で劇的勝利!

開幕戦はチケットがあるにも関わらず事情があって行けませんでしたが快勝!で二戦目は劇的サヨナラ勝利!

ダイジェスト|読売巨人軍公式サイト

ダイジェスト|読売巨人軍公式サイト 4月1日 対中 日2回戦・東京ドーム

阿部の逆転サヨナラ弾で開幕2連勝、ルーキー2人は無失点リレー

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの2回戦。2点の先行を許した巨人は序盤から毎回のように走者を出したが好機にあと一本が出ず、八回まで1点に抑えられる。しかしルーキーの谷岡、池田がプロ初登板で無失点リレーを見せ、試合を壊さない。そして1対2で迎えた九回、二死一、二塁から阿部が左越えに3点本塁打を放ち、4対2で逆転サヨナラ勝ち。巨人は、阿部の連日の活躍で劇的な勝利を収め、開幕2連勝を決めた。

 巨人先発の田口は二回まで無失点の順調な立ち上がり。しかし三回、投手のバルデスに右越えソロ本塁打を浴び、先制を許す。さらに四回には二死一塁から、堂上の右翼線適時二塁打で2点目を失う。

 一方の打線は中日先発のバルデスを打ちあぐね、三回まで無安打に抑えられる。攻撃前に円陣を組んで臨んだ四回、一死から阿部がチーム初安打で出塁。そこから2つの四球で二死満塁とするが、小林が空振り三振に倒れ、得点を奪えない。

 五回を三者凡退に抑えた田口は、その裏の攻撃で代打を送られ、5回5安打2失点の内容で降板。今シーズン初登板で白星を手にすることはできなかった。

 六回からはドラフト3位ルーキーの谷岡がプロ初登板。2イニング目の七回に一死満塁のピンチを迎えるが併殺打でピンチを脱し、2回無失点で上々のデビューとなった。

 その裏、谷岡の代打・脇谷の右前打や立岡の左前打で一死満塁のチャンスを作る。ここで登板の中日2番手の又吉に対し、二死から阿部が押し出しの四球を選び、1点差に迫る。一気に畳み掛けたいところだったが、続くマギーは遊ゴロに倒れた。

 八回にはドラフト4位ルーキーの池田が登板。一死から平田に四球を与えるが後続を打ち取り、こちらも無失点デビューとなった。九回は山口鉄が0点に抑え、打線の反撃を待つ。

 九回裏、中日の守護神・田島に対し、一死から今シーズン初出場の代打・村田が右前打で出塁。二死一塁と「あと一人」まで追い込まれたが、坂本も冷静に四球を選んで一、二塁。サヨナラに向けて主力がつなぎの野球を見せる。

 この場面で迎えたのは、開幕戦でも本塁打を放っている4番・阿部。阿部はカウント1-1からの3球目をフルスイングすると、打球は左翼席前列に吸い込まれ、逆転サヨナラ3点本塁打となる。巨人は阿部の劇的な一発が土壇場で飛び出し、4対2で勝利。開幕から2連勝とするとともに、中日との開幕カードの勝ち越しを決めた。

二戦目はちゃんと参戦でき、ヒットも出ない/四球で出ても後続アウトって感じで途中まではまさかのノーノーか?とも感じていましたけど、満塁からの押出(w でやっと一点返して9回裏の攻撃。

代打村田の右中間のヒットで出塁。この打球は間近で見ましたけど、ドラゴンズの平田の守備が素晴らしかったです。普通なら抜けている打球なのにジャンプして止めてシングルヒットに抑えました。しかもバウンドした際に方向が変わっているのによく止めたよ、ほんと。

で、立岡の一塁ゴロで併殺にはならずでランナーが残った。これもツーベースだったらランナーは進んで三塁に行ってましたからね。ただ、そうなるとサヨナラではなく同点で終わった可能性もあるかも・・・。

坂本が四球で頼れる四番の阿部選手。

三球目だったかを打ち返すと、打球はレフトに舞い上がり、あれよあれよと言う間にスタンドイン!!!その瞬間にライトスタンドが歓喜の渦に!本当に歓喜の渦でした!周りの人みんなにハイタッチの嵐!みんな思いっきりの笑顔!

慎之助の「最高です!」も三回?聞けたし、よき観戦でした。

さて、今日も参戦。大竹ってのはちっと心配ですが、この流れに乗って三タテしてほしいですね。
 


↓やるっきゃない! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)