« テロリスト予備軍なんだから矜持を持てよ! | トップページ | 鳥越候補、これらの疑問はいつ取り越し苦労になるのか? »

2016/07/20

やはり、日本国憲法の目的は日本殲滅にあった

改憲論議で無視してはならない日本国憲法の「出自」 憲法を書いた実務責任者が語った驚くべき舞台裏とは | JBpress(日本ビジネスプレス)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47382?page=3

ご本人にインタビューした結果、とのこと。
現場の判断で九条第二項や象徴天皇が書かれたのは少し驚きましたね。特に第二項。
草案では自衛権さえも破棄するという内容だったことになります。物凄いですね。併せて国連の規定上「敵国」ですから、いつでも気に入らないときに滅ぼせる国、滅ぼすべき国という位置づけだったんですね。
それは戦後そのようになったのではなく、欧米諸国の間では長きに渡りそのような存在だったのでしょうね。特にアメリカにおいては。
だからこそ、無差別都市爆撃もするし原爆人体実験もするし、リンチ無法裁判もした。
忘れてはならない事実ですね。
 


↓白人以外は獣扱いだったからなぁ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« テロリスト予備軍なんだから矜持を持てよ! | トップページ | 鳥越候補、これらの疑問はいつ取り越し苦労になるのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり、日本国憲法の目的は日本殲滅にあった:

« テロリスト予備軍なんだから矜持を持てよ! | トップページ | 鳥越候補、これらの疑問はいつ取り越し苦労になるのか? »