« 福島瑞穂、追い詰められるの図w | トップページ | 切り番 »

2016/07/08

朝鮮総連がブチ切れているようですなw

教育内容だけを問題にするな、だと?
【話題】朝鮮学校の教育内容だけを問題視するのは明らかな差別。私立学校の自主性を尊重すべき [無断転載禁止]©2ch.net

【話題】朝鮮学校の教育内容だけを問題視するのは明らかな差別。私立学校の自主性を尊重すべき [無断転載禁止]©2ch.net

(前略)朝鮮学校に初めて足を運んだ人々は、日本学校と同じく、朝鮮学校に通う子どもたちも愛され守られるべき存在だということに気づく。そして保護者や教員が一丸となって学校を支えている姿を目にして、自分たちが何をしなくてはいけないか考えることとなる。差別は無知から生まれる」

補助金再開を求めて学園と県民会議が手を取り合い、広範な市民に訴える取り組みを行ってきた中、2014年3月、県議会は「国際政治・情勢に左右されずに外国人学校の子どもたちが教育を受ける権利を安定的に確保する」という立場から、県内のすべての外国人学校に対する経常費補助の制度に変えて、新たに「外国人学校生徒等支援事業」を創設。同年12月には学校対象ではなく児童・生徒の家庭に補助金が支給された。補助金不支給に陥っていた都府県の中では最初の再開事例となった。

新たな支援事業では保護者の所得に応じて補助金が支給される一方で、規定の所得を越える家庭には事業が適用されないため「苦しい立場に置かれている保護者たちがいるのも確かだ」(神奈川中高の金龍権校長)。

積み重ねた信頼関係の軌跡

15年2月、「県民会議」主催の報告会では日朝市民が力を合わせて課題を克服していくことが確認された
http://chosonsinbo.com/jp/files/2016/07/DSC00636.jpg

新たな支援事業は朝鮮学園に対してだけ「拉致問題に関する取り組みを鋭意注視する」との意見付きで可決がなされた。

「神奈川にある中華学校が南京大虐殺をどう教え、アメリカンスクールが原爆問題をどう教えているか、授業内容を調査するなど聞いたことがない。朝鮮学校だけを問題視するのは明らかな差別である。教育基本法や私立学校法に基づき、『私立学校の自主性』を尊重すべきだ」

「神奈川 朝鮮学園を支援する会」の佐々木克己事務局長(神奈川県高等学校教育会館の専務理事)はこう強調しながら、「県議会の対応は倫理に矛盾をきたしている」と批判する。

民族教育への介入とも捉えられる県側の動きに対して、学園はもちろん県民会議も差別反対の意を強く示し、労働団体や市民団体が連ねた申し入れ書を県当局に提出した。

学園は現在、朝・日平壌宣言に関する内容の副教材を用いて授業を進めているが、依然として一部の勢力から学園の教育内容に対する誹謗中傷が続いている状況だ。(以下略)

http://chosonsinbo.com/jp/2016/07/sk78-4/

-- 後略 --


朝鮮学校への公金による補助がないのは当たり前です。公の支配の及ばないところに公金は出せないというのが憲法の決まりです。

教育機関としてはいわゆる「一条校」であることが条件です。要は、国が定めている教育指導要領に則った教育がされているかどうかです。

だからこそ、教育内容が問題になっているわけです。誹謗中傷でもなんでもありません。それが誹謗中傷とかんじるのであれば、どうぞご勝手に好きなように教育すればいいんです。その道を閉ざしていません。要は民族教育の道を弾圧していることはありません。

朝鮮人が勝手に補助が受けられないような道を選択しているだけです。日本政府は国連でもそのように説明すべきです。出来ないのは怠慢どころか反日行動とみなしてもよいでしょう。即刻解雇すべきです。外患誘致罪に匹敵しますよ。
 


↓支援している自治体の首長や担当部署の人間もクビだ! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 福島瑞穂、追い詰められるの図w | トップページ | 切り番 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮総連がブチ切れているようですなw:

« 福島瑞穂、追い詰められるの図w | トップページ | 切り番 »