« 【開幕29戦目】論評に値しない試合 | トップページ | 【開幕31戦目】不運なタイムリー連発で江柄子も調子出ず・・・ »

2016/05/05

【開幕30戦目】ギャレットの勝ち越しタイムリー!

すいません、驚きましたw
読売巨人軍公式サイト:5月3日 対広 島6回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:5月3日 対広 島6回戦・東京ドーム

ギャレットの勝ち越しタイムリーで連敗ストップ、首位浮上!

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの6回戦。巨人先発の田口は2本のソロホームランで先行を許すが、打線が四回、村田のタイムリーヒットなどで同点に追い付く。田口は要所を締めて、7回を2失点にまとめる。すると2対2で迎えた八回、二死一塁からギャレットが決勝のタイムリー二塁打を放ち、試合を決めた。連敗を3で止めた巨人は首位攻防3連戦を白星スタートとし、首位を奪還した。

 田口は初回、先頭の田中に投じた初球を左翼スタンドに運ばれ、いきなり先制を許す。その後も二死二塁とされたがエルドレッドを空振り三振に仕留め、ここは最少失点で切り抜けた。一方の打線は、苦手の広島先発・ジョンソン攻略にこの日も苦しむ。三回に村田が安打で出塁するも、序盤を無得点に抑えられた。

 田口は中盤もテンポの良い投球を見せるが、四回に二死からエルドレッドにソロホームランを浴び、リードを2点に広げられる。

 追う巨人はその裏、一死から坂本が四球を選ぶと、二死後に長野のヒットで一、三塁とする。続く亀井は遊撃ゴロに打ち取られるが、この打球を遊撃手の田中が弾き、エラー。三塁走者の坂本が生還して1点を返した。なおも二死一、三塁で村田の左翼へのタイムリーヒットで、この回同点に追い付いた。

 七回、田口は連打で無死二、三塁のピンチを招く。しかし、後続を内野ゴロ二つで打ち取ってこの回を無失点でしのぐ。田口はその裏の攻撃で代打を送られ交代、7回を投げ2失点と、きっちり試合をつくった。八回は2番手マシソンが登板して三者凡退に抑え、打線の奮起を待った。

 その裏、続投するジョンソン相手に、坂本が二死から四球で出塁する。続くギャレットは右中間を真っ二つに破るタイムリー二塁打を放ち、坂本が一塁から一気に生還。4番が終盤に一振りでジョンソンをとらえ、貴重な勝ち越し点をもぎ取った。

 1点リードで迎えた九回、3番手として澤村がマウンドに上がる。先頭の丸に四球を与えるなど不安定な投球だったが、新井を空振り三振に抑えると、小林の好送球で丸の盗塁を阻止。その後エルドレッドにこの日3本目のヒットを許すも、後続を断った。

 巨人は田口の粘りと4番・ギャレットの殊勲打が光り、3対2で勝利。広島との対戦成績を5勝1敗とし、首位に浮上した。(文中敬称略)


田中のエラーとありますが、あれはイレギュラーしていますのでなかなかエラーと言われると可哀想な気がします。しかも直前のバウンドでイレギュラーしていますからねぇ。難しいでしょう。弾いた方向が残念でしたけど。

でもまぁ、今日はギャレットの決勝タイムリーツーベースでしょう。サードでアウトになったのもご愛嬌で終わっていい感じでした。全く打てないわけじゃなく、打てる時もあるので救われますw

相変わらず劇場病のモヒカンも出ましたけど、なんとか抑えていたみたいですね(爆
 


↓ギャレットはこれがあるからな! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 【開幕29戦目】論評に値しない試合 | トップページ | 【開幕31戦目】不運なタイムリー連発で江柄子も調子出ず・・・ »

ジャイアンツ2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕30戦目】ギャレットの勝ち越しタイムリー!:

« 【開幕29戦目】論評に値しない試合 | トップページ | 【開幕31戦目】不運なタイムリー連発で江柄子も調子出ず・・・ »