« 今日という日を忘れないように | トップページ | セウォル号の船員はここまでクズだったのか? »

2016/03/11

3.11と報道のあり方について

「被災地に来ている報道関係者へのいらだち」について|Sayaka Tezuka|note

https://note.mu/sayakatezuka/n/n3be53da7d2f1

上記に書かれていること、全くおっしゃるとおりだと感じます。と同時に、それは震災の取材だけではなくてすべての取材、ようは報道機関の生まれいづる悩み、悪癖、性質では無いでしょうか?
例外はあるにせよ、所詮は天下の公器と言ってはいても営利企業です。コスト最小売上最大のため、そうなることも避けられない。
しかしながら、そんなことにつきあわされる当事者はたまったもんじゃないです。ましてや未曾有の大惨事、五年とはいえまだ五年です。この日は静かに亡くなった人を悼みたい、一年で一番思い出したい日でしょう。
せめて今日は静かにしてあげて欲しいと思います。

|

« 今日という日を忘れないように | トップページ | セウォル号の船員はここまでクズだったのか? »

東北大地震」カテゴリの記事

マスゴミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3.11と報道のあり方について:

« 今日という日を忘れないように | トップページ | セウォル号の船員はここまでクズだったのか? »