« 2015年5月3日 - 2015年5月9日 | トップページ | 2015年5月17日 - 2015年5月23日 »

2015/05/16

【開幕41戦目】貧打は続くよ、今日は投手が投打に活躍した、Gらしい試合でした

相手の投手もいいのは分かるんですが、それにしても僅差のゲームが続きますねぇ…
読売巨人軍公式サイト:5月16日 対ヤクルト8回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:5月16日 対ヤクルト8回戦・東京ドーム

杉内の投打にわたる活躍で、ヤクルトに連勝

 東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの8回戦。巨人は三回、二死からチャンスを作り亀井、坂本の連続タイムリーで2点を先制。しかし、直後に先発の杉内が2ランホームランを浴び、試合は振り出しに戻る。だが、その裏、二死三塁から、杉内が自ら勝ち越しのタイムリーヒットを放つ。この1点のリードを救援陣が守り切り、ヤクルトに連勝。杉内は投打にわたる活躍で、4勝目を挙げた。

 先発は巨人が杉内、ヤクルトが石川。ベテラン左腕同士の投げ合いとなった。

 巨人打線に初ヒットが出たのは三回二死。大田の詰まった打球は三塁手の前に転がり、これが内野安打となる。井端も9球粘って四球でつなぎ、この試合初めて得点圏に走者を進める。ここで亀井が中堅に弾き返すタイムリーヒットで大田が生還。なおも二死一、三塁のチャンスで坂本も技ありの打撃で左翼にタイムリーヒットを放ち、この回、2点を先制した。

 リードをもらった杉内だが、波に乗り切れない。一死から荒木に初ヒットを許すと、川端に2ランホームランを打たれ、あっさりと同点に追い付かれてしまう。

 その裏、再び巨人打線が石川を攻め立てる。先頭の村田が右中間への二塁打でチャンスメーク。長野の中堅フライで三塁に進塁する。しかし、小林は空振り三振に倒れツーアウト。打席には投手の杉内がそのまま入る。ここで自らを援護するタイムリーヒットをセンター前に放ち、勝ち越しに成功した。

 杉内は五回を危なげなく抑えるが、六回に再びピンチを背負う。二塁打と四球、送りバントで一死二、三塁と一打逆転のピンチを迎える。だが、ここから杉内が粘りを見せる。フルカウントから川端を見逃し三振に。畠山を四球で歩かせ満塁とされるが、雄平を右翼フライに打ち取って、6回3安打2失点、7三振を奪い、リードを守ったままこの回で降板した。

 巨人は七回に小山、八回は山口が登板。味方の好守にも助けられ、それぞれ三者凡退に抑える。

 追加点の欲しい巨人打線だが、同じく継投策に入ったヤクルト救援陣を攻略できない。八回、3番手のオンドルセクから先頭の井端が四球、ダブルプレーの後、坂本のこの試合2本目のヒットも飛び出すが、無得点に終わった。

 九回は抑えの澤村がマウンドに上がる。連投の澤村は、先頭の川端にヒットを打たれ、同点の走者の出塁を許す。しかし、相性の悪い畠山を見逃し三振、雄平を二塁併殺打に打ち取って試合終了。連夜の1点差ゲームを制し、このカードの勝ち越しを決めた。


2アウトからの2点というのは大きかったですね。坂本のある種芸術的なヒットもあり、今日も主軸が打って2点先制、苦手の石川からこれ以上ない結果をだしましたが…。杉内がすぐに同点2ランを浴びてしまうという悲運。

そこで自分が取られた分は自分で取り返すとばかりに、杉内のタイムリー。外野も前に出てきていましたが、それでもヒットになるという、これもある意味運ですね。

( ´ー`)y―┛~~

その杉内は6回でお疲れ様です。リリーフは小山、山口、モヒカン。よかったのは山口だけでしたね。打順もあるとはいえ、小山はコントロールが本当に悪くなってしまいました。フォームを崩しているんじゃないの?ここまでコントロールが悪い投手じゃなかったと思うんですが?

で、悪いといえばモヒカン。今日もだめだめでした。ヒットを打たれるのはしようがないけど、そのあとはまた昨日と同様に…。多分、力みすぎているんでしょう。ストレートのスピードだけは出てはいますが、おかしな力が入っているので沈んだりスライドしたりと、綺麗なストレートなど一球もありません。もうね、キャッチボールのつもりで投げるくらいでちょうどいいんじゃないでしょうか?

幸い結果がついてきているからいいものの、早晩打たれて負けてってのが見え見えです。立てなおしてくれないとな…。
 


↓もっと打てばいいだけだ! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/15

【開幕40戦目】貧打は続くよ、しかも勝った気がしない9回表…

モヒカンは何をしているんでしょうな、まったく制球されていません。これではネ申も困っていることでしょう…
読売巨人軍公式サイト:5月15日 対ヤクルト7回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:5月15日 対ヤクルト7回戦・東京ドーム

4番・坂本の1号2ランでエース小川を攻略、接戦を制す

 東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの7回戦。試合はポレダ、小川の投手戦となり、六回まで両チームとも無得点で試合は進んだ。均衡が破れたのは七回裏。巨人は坂本の今季第1号となる2ランホームランで先制。ポレダが八回途中無失点の好投。九回は澤村が1点を失い、なお一死満塁の逆転のピンチを背負ったが併殺打でしのぎ、2対1の接戦を制した。

 巨人先発はポレダ。7連敗中のヤクルト先発はエースの小川。

 先発のポレダは完璧な立ち上がりを見せる。初回、二回を三者凡退に抑え、ヤクルト打線に隙を与えない。四回に二死三塁、五回にも一死二、三塁のピンチを背負ったが、堂上のファインプレーなどバックにも助けられ、得点を与えなかった。

 一方、巨人打線も小川を打ちあぐねる。安打は初回、二回のそれぞれ1本に抑えられ、三回から六回までは走者すら出せない。

 何とか得点したい打線は七回裏、先頭の亀井がヒットで出塁し、打席は4番・坂本。代走の鈴木尚がバッテリーにプレッシャーをかける中、フルスイングした打球は左中間スタンドへ飛び込む1号2ランホームラン。一軍復帰したばかりの主将に、大事なところで待望の今季初アーチが飛び出し、均衡が破れた。

 援護をもらったポレダは、無失点の好投を続けたが、原監督は八回一死無走者で降板を決断。2番手のマシソンも2人の打者をしっかり抑え、2対0のまま試合は九回へ進む。

 九回表、マウンドは守護神の澤村。澤村は先頭の荒木にヒットを許すと、一死後、制球が定まらず三連続四死球を与えて1点を奪われる。なおも一死満塁のピンチが続いたが、最後は中村を遊撃併殺打に抑え、2対1で試合終了。一打逆転の大ピンチをしのぎ、ヤクルトとの対戦成績を4勝3敗とした。


チャンスらしいチャンスもあまりなかった試合でしたね。帰宅して見始めたのが6回表からでした。なので、唯一の得点シーンは見れましたのでラッキーでしたが…。

得点のシーンはまずは亀井のヒットですね。そこでタカヒロ代走からの新四番坂本の今シーズン初ホームランの2点ゲット!ヒロインでも言っていましたけど、タカヒロが出たことによってストレート系の球が多くなるだろうってことで、思い切って狙いを絞ったようですね。それにしても、その絞った球に対して渾身のスイングで左中間に打ち込むってのは素晴らしいです♪代走というのはともすれば盗塁に注目されてしまうのが多いんですが、そういう走ること以外でも波及する、広がりのある作戦なんですよね♪

それにしても、狙っていた球に対して大きないいスイングでした。坂本のこういうスイングは久しぶりに見たような気がします。なにやらスイングを今日から変えたような感じですが、過去には30本くらい打ったこともある選手です。迷いがなくなればやってくれるでしょう♪

迷いがないという点では、最近の大田ですよね。最後の打席など2ストライクを取られているにも関わらす、右方向にいい当たりのヒットですからね。以前は2ストライク取られたら空振り三振しか見えませんでしたがねぇ…。今も2ストライクまではものすごく期待できるスイングですよね?長距離砲なんですから、それでいいんです。しかも、追い込まれればヒットを打てるという、ある意味最強のバッターですよねぇ。嬉しい限りです。

もう一人は堂上ですよね。フェンス直撃のツーベースあり。打順は下がってしまいましたけど、それも含めてなかなかいい打線になってきていると思います。村田が外れたのは少々意外でしたが、ベンチはベストな布陣を決めているのでね…。

( ´ー`)y―┛~~

で、モヒカンですよね。
お前、えーかげんにせんとくらすぞ?っていうくらいの、ひとり相撲でしたよねぇ…。監督に言っているように、最後は奇跡の結果でした。いい当たりが野手のほぼ正面に行ったので余裕で併殺でしたけどね。結果オーライということですが、それで終わってしまえば何も進歩がありません。3四死球ですからね。普通なら逆転されている流れですよ?猛省して欲しいです。

( ´ー`)y―┛~~

ということでなんとか勝利♪
DeNAも勝ったのでゲーム差は縮まらず。長い目で見ましょうかw
 


↓ポレダの好投が光るだろう と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メッシを止める方法が一つだけあるそうです

しかも、非常にわかりやすい方法のようですね♪
ガットゥーゾ氏が語った「メッシを止める方法」がスゴイと話題に - ライブドアニュース

ガットゥーゾ氏が語った「メッシを止める方法」がスゴイと話題に - ライブドアニュース

2015年5月15日 20時0分

こいつに聞いたのが間違いだった?チャンピオンズ・リーグ決勝に進み相変わらず無双振りを発揮しているバルセロナ、リオネル・メッシを止める方法を、ある海外メディアが元イタリア代表のガットゥーゾに質問した、その単純明快な答えとは?

GOAL.comの取材に応えたガットゥーゾは「蹴っとばせばいいんだよ」と即答。ルールはどうであれガットゥーゾならそうしていたであろうという発言、現レアル・マドリード監督でミランで一緒に闘ったアンチェロッティ監督も「彼が汚い仕事をしてくれるから、バランスの悪いシステムでも戦えた」と語った通り、1人キープレイヤーが潰しまくっていたガッツゥーゾだけに冗談半分でも妙に納得してしまう。

ネット上でも「男だな奴は!イタリアの壁だ」「ガットゥーゾ恋しい」「もう既に多くの選手が試してるけどメッシを止められてない。レアルとアトレチコの選手に聞けば判ることだよ」「結構多くの選手が試したけどメッシは倒れないんだよ」「もはや税務調査しかないだろメッシを止める方法は」などなど・・・

もし現役のガットゥーゾがいたらメッシをどう攻略していたでしょうか。過去のラフだけど献身的なプレーを集めたガットゥーゾ映像、こういう個性的なプレイヤーが懐かしくなります。


上記記事には動画もありますが、確かにそう言う発言をしそうな選手ですねw
サッカーのことはほとんどわかりませんけど、蹴っ飛ばすのはできてもその後の選手生命というか試合出場のリスクを考えれば、なかなかできないと思うんですが(爆

逆に言うと、そこまでの覚悟を持たないとメッシは止められないということの証でもありますね…。

もはや税務調査しかないだろメッシを止める方法は

ワロタw
ワロタ…、ワロタ…
 


↓傑出した人材を亡き者にする方法はあるようだが… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/14

あのMINIを軽自動車登録できるって???

マジで?

軽登録のミニクーパー K-MINI 誕生!! この度、英国ローバーミニに国産の軽のエンジンを載せた軽登録のミニの製作を行いました。ローバーミニの弱点であったエアコン、エンジンのトラブルから解放されます。また、軽登録の為、維持費も非常に安く、メンテナンス、税金、保険等トータルで維持が非常にしやすくなっております。今まで故障が心配で諦めていた方に朗報です!!

Photo

エンジンを載せ替えるんですね。660ccとはいえターボエンジンもあるし、オートマ、エアコンなども載せてしまえば、外はMINI、中は日本の軽自動車ということで快適にはなるでしょうね。

私ならオプションの内装革張りだけせずに注文しそうですね。43万で220万に加算すれば約260万円。高いっすなぁ。

それにしても、MINIが快適に乗れるようになると考えるのか、あるいは軽自動車の外装がMINIになったと考えるべきか、少々悩みそうですね…。
 


↓MINIじゃないじゃん… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独立国の国防に関することで署名を集めるってのは重要な活動ですが、なぜに外国人も署名を???

意味がわからない…
東京新聞:「辺野古中止」1万人が署名 環境団体、防衛省に提出:政治(TOKYO Web)

東京新聞:「辺野古中止」1万人が署名 環境団体、防衛省に提出:政治(TOKYO Web)

2015年5月13日 夕刊

 環境保護団体「FoE(エフ・オー・イー) Japan」(東京都板橋区)などは十三日、米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)への移設作業中止を求める約一万人分の署名を、防衛省の担当者に提出した。

 署名は安倍晋三首相ら宛て。同団体などは「いのちの海とサンゴ礁を守れ」との緊急声明を三月下旬に出し、インターネットで賛同署名を呼び掛けていた。国内だけでなく、米国や韓国、フィリピンなど約二十カ国の個人や団体から、計一万七百八十三筆の署名が集まった

 提出前には、東京・永田町の参院議員会館で、基地反対を訴える集会を開催。現地で抗議を続ける船の船長で、沖縄平和市民連絡会の北上田毅(きたうえだつよし)さん(69)は「大型コンクリートブロックの投下でサンゴ礁が傷つけられている。(沖縄県が国に出した)岩礁破砕許可の取り消しなど毅然(きぜん)な態度を」と訴えた。


約二十カ国の個人や団体から、計一万七百八十三筆の署名ねぇ。

是非内訳を知らせて欲しいな♪

なお、外国人の署名などなんの効力もないってことを知ってほしいものですし、その外国人がもし日本国内にいるのであれば、外国人の政治活動禁止の入管法のルールにも抵触していると思われますが、そういう自覚はあるんでしょうかね?集めた側にも署名した側にも、ですが。

ひめのブログ ■外国人の選挙活動は入国管理局へ通報!!!

政治活動そのものは禁止されているものではないが、それによって日本国民の政治活動に影響が出るようなものは認められないということとか、それによって入管法によって法務大臣の裁量により国外退去処分まで出る可能性があるという搦手での規制ということになりましょうか。

今回の件は国防に関することですので、思いっきり日本国民に影響が出ますので入管法の退去処分に該当するように感じますがねぇ…。

署名なので住所と氏名を書いているはずです。
是非内容を閲覧したいものですな。個人情報を削除した状態での、国名とおおまかな住所だけでも結構ですので公表してもらえませんかね?
 


↓特亜がたくさんっていう図柄しか思い浮かばないな と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共産党の街宣車が緊急自動車の走行を妨害したのではないようですが

それでも停めてはいけないところに停めていたことに相違はないでしょう、そこはどうなの?

説明にも言い訳にもなってない【怒】「事実と異なる内容がネット上で流されている」緊急車両スペースに停車し逆ギレ疑惑の共産党区議が反論がネットで炎上「でも進入禁止区域に駐車してたのは、事実なんでしょ」 ( 政党、団体 ) - 復活! 強い日本へ! - Yahoo!ブログ 事実と異なる内容が ネット上で流されている 緊急車両スペースに停車し逆ギレ疑惑の共産党区議が反論がネットで炎上 先日、ガジェット通信では 緊急車両スペースに共産党の車が停車し逆ギレ? 画像つきのツイートが拡散され話題に という記事をお伝えし...

ってことです。

ご丁寧にこの「ぬかが和子区議」がブログで反論記事を出したってことですねぇ。まぁ緊急車両の業務そのものには影響はなかったのは本当のようですが、そもそもの違反行為ですよね。道路交通法違反でしょうか?

共産党と言えば、凱旋カーの目の前で女性が倒れているのに構わず演説をし続けて、その救助のための電話を妨害した(少々書き過ぎか?…)ってのもありましたね。上記引用記事にも書かれていますが。

( ´ー`)y―┛~~

ということで、何がどうあっても共産党が法律=ルール違反をなんとも思っていないことを逆証明してしまったという、民主党顔負けのブーメランを発信してしまったということでしたねw
 


↓無謬という無意識の自覚があるかぎりしようがないなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方の中の地方である私の故郷でも、倒産件数が減ってきているようですね

これがアベノミクス効果ということであれば大変うれしいものですね
4月の倒産は6件 和歌山県内 - AGARA紀伊民報

4月の倒産は6件 和歌山県内 - AGARA紀伊民報

 東京商工リサーチ和歌山支店は、4月中の和歌山県内倒産状況(負債額1千万円以上)をまとめた。倒産件数は6件、負債総額は3億5800万円で、いずれも低水準だった。紀南関係の倒産はなかった。

 件数は昨年4月より5件少なく、4月としては過去10年間で2012年と13年の5件に続き少なかった。

 負債総額は昨年4月より2億5200万円少なかった。負債額が1億円以下の倒産がほとんどで、4月としては過去10年間で3番目の少なさ。

 業種別では建設業3件、製造業と小売業、サービス業が各1件。地域別では和歌山市4件、橋本市と湯浅町が各1件。

(2015年05月14日更新)


しかも紀南関係の倒産はなかったと。嬉しいじゃありませんか♪

負債総額も減っているし、件数も減ってるし、この情報だけで景気回復?というのは早計かもしれませんけどね、でも喜ばしいことでしょう。しかしながら、建設業で倒産が3件。例の公共事業の現象のあおりでしょうか?

まだまだ景気回復期ですから、公共投資を抑制するのは問題だと思います。まぁ、そういう意味では消費税増税などというのは暴挙と言っても過言ではありませんがね。
 


↓長期的に見ることが重要だが、減少はウェルカムだな! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕39戦目】貧打は続くよ、チャンスは多かったけどそうそう打てないよなぁ

久しぶりの二桁安打を楽しめたってことで、よしとしましょうか?
読売巨人軍公式サイト:5月14日 対広 島11回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:5月14日 対広 島11回戦・東京ドーム

アンダーソンが逆転2ランを放つも、再逆転許し3連勝ならず

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの11回戦。打線は二回にアンダーソンの逆転2ランホームラン、片岡のタイムリーでいったんは2点をリード。しかし先発のマイコラスは初回の先頭打者ホームランに続き、四回には同点2ランを浴びると、五回には2点の勝ち越しを許してしまう。打線は八回に1点差に詰め寄り、九回は一打同点のチャンスも作ったがあと一歩及ばず、4対5で敗れた。

 先発は巨人がマイコラス、広島が野村。

 マイコラスは初回、先頭打者の田中に投じた2球目をライトスタンドに運ばれ、開始早々先制を許してしまう。
 
 打線が反撃に出たのは二回、阿部が復帰後初ヒットで一死一塁とすると、アンダーソンが右中間に2ランホームランを放ち逆転に成功。さらに打線は攻撃の手を緩めず。亀井のヒットと2つの四死球などで二死満塁とすると、片岡が中堅にタイムリーヒットを放ち、点差を2に広げた。

 援護をもらったマイコラスだったが、四回、先頭の丸に二塁打を打たれると、松山に2ランホームランを浴び同点に戻されてしまう。さらに五回には、2本のヒットなどで一死二、三塁のピンチを背負うと、暴投で勝ち越し点を許してしまう。マイコラスはここで降板し、高木京が2番手としてマウンドに登る。高木京は犠牲フライで1点を失ったものの、後続を断つ。

 打線は三回以降、毎回ヒットで走者を出すが、得点に絡めることができない。

 高木京は回をまたぎ六回もマウンドへ。広島打線を三者凡退に抑え、味方の反撃を待った。

 打線は六回、広島先発・野村の前に三者凡退に終わり、点差を縮めることができない。

 七回からは小山が登板。小山は四球とヒットで二死一、三塁のピンチを招くが後続を打ち取り無失点に抑えた。八回には片岡、坂本の見事な連係プレーなどで追加点を与えなかった。

 打線は七回、二死から坂本が復帰後初ヒットとなる右中間への二塁打を放つが、あと一本が出ず。
 2点を追いかける巨人は八回、先頭のアンダーソンが中越の二塁打で出塁すると、続く亀井がヒットを放ち無死一、三塁。このチャンスで代打・高橋由が打席に立つ。高橋由は二塁併殺打に倒れるが、その間に三塁走者のアンダーソンが生還し1点差に詰め寄った。

 九回、1点差の場面でマウンドには戸根が送られる。戸根は四球を出したものの、無安打に抑え九回の攻撃に望みをつなぐ。

 4対5で迎えた九回、先頭の大田が三塁強襲の強烈なヒットを放ち出塁する。その後、片岡が送りバントを決め一死二塁とするが、後続の堂上、坂本が連続三振に倒れ試合終了。4対5で敗れ、3連勝はならなかった。


マイコラスはなかなか勝てませんが、今日のような投球をしているようではそらー勝てませんな。制球は悪い、挙句の果てには暴投で1点献上、その後に進塁した走者も犠牲フライで生還させているようではねぇ。

ただ、その後を受けた投手はよく抑えてくれました。小山はまったくリードを無視したひとりよがりな投球でしたけど結果は抑えているという謎な投球ではありましたが…。

( ´ー`)y―┛~~

打線はよく打ちましたよね。しかも待望の主軸が打ってくれました。まぁ、願わくば堂上と坂本がもちっとどうにかしてくれれば勝っていたかもしれません。坂本のツーベースのあとのネ申の打球、上がりませんでしたね。芯を食っていなかったのか、打球の速度もなかったようにも感じましたが…。あとは8回の天才の打席と9回の堂上と坂本ですかね。

8回はタカヒロが出てきたのでてっきり盗塁するのかと思えば、その素振りもなし。よっぽど一岡のクイックが速いようですね。あのタカヒロが走らないっていうんですからねぇ。まぁ、一塁にいればストレートが多くなるのでという読みもベンチにはあったのかもしれません。しかし、あそこで併殺とは最悪の結果でした…。無理に引っ張った打球でしたね…。普通に打っていればあるいは…。

9回は大田の猛打賞のヒットのあと片岡のひやひやもんのバントで進塁。マエケンからタイムリーの堂上とさっきの打席でツーベースの坂本に期待がかかったものの…。連続三振では万事休すでした。特に坂本、4番の責任を感じた試合ではなかったでしょうかね。そもそも4番の選手ではないのですが(汗

( ´ー`)y―┛~~

三連勝はならずも、チーム状態は上向いてきましたね。あとは長野様の復帰を待つばかりでしょうか。
 


↓次はセ界の火薬庫との対戦か… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/13

なぜメーカーはTVというものにこんなにも経営資源を惜しみなく投入するのか?

不思議である。

ソニー、Android TV採用 BRAVIA を国内発表。4Kチューナーも標準搭載 - Engadget Japanese ソニーが液晶テレビ BRAVIA の新モデル12機種を発表しました。内訳は4Kが75インチから43インチまで、プレミアム3機種と普及4機種の計7機種、2Kが50インチから32インチまでの5機種。特徴は4K全機種および、2K上位も含む9機種で Android TV (Android 5.0) を採用した

大きさはさておき、中身などはただのモニタでいいのではないか?入力だけ10系統くらいあるとか、PinPとかいくらでも分割可能とか、ウィンドウ表示可能とか。

チューナーとかいうソースは他の機器で対応するんだからさぁ。なんで、TVというものそのものにこだわるんだろうか?TVじゃなくて、高精細で高品質な省電力モニタだけでいいでしょうに。

TVとかいうサービス・アプリは他で対応するよ。いろんなサービスがあるし出てくるんだから、TVという形で作りこんでしまったらVerupがしんどいじゃないか?

( ´ー`)y―┛~~

まぁ、OSをLinuxから乗り換えたのは評価できると思う。それだけかな?あー、あと値段ねw
 


↓値段は永遠の壁だなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大涌谷の火山活動、マスコミの報道も問題があるんじゃないかと…

気象庁が慎重になって警戒レベルを上げることもわかるし、地元は観光客が来てほしいから騒ぐなということもわかるけど…
箱根町の強羅観光協会、気象庁に怒り「報道があまりに過剰」 - ライブドアニュース

箱根町の強羅観光協会、気象庁に怒り「報道があまりに過剰」 - ライブドアニュース

2015年5月13日 6時0分

女性自身
「マスコミはちょっと騒ぎすぎじゃないですか。おかげで観光客が減ってしまって、ゴールデンウイークじゃないみたいでした。この時期に箱根の道が渋滞しないなんて考えられません」

そう語るのは、箱根町宮城野で電器店を営む女性。先月26日から火山性地震が急増している箱根山の大湧谷周辺。気象庁は6日、噴火警戒レベルを平時の1から2に引き上げたが、観光シーズン真っ只中の箱根は大打撃を受けた。

気象庁としては、昨年63名の死者・行方不明者を出した御嶽山噴火のトラウマがある。当時、噴火前の警戒レベルは1のまま。噴火後レベルを3に上げたが、気象庁は「予測することは難しかった」と釈明。今回は早めにレベル2への引き上げに踏み切った。

怒りが収まらないのは箱根町の強羅観光協会だ。強羅は大湧谷に近く、高級旅館やホテルが立ち並ぶ地区。気象庁が発表したことで客足は遠のいた。

「強羅は地割れしているわけでもないし、今までに何度も山の膨張は確認されてきた。私たちにとっては当たり前のこと。古くからの住人は『地震でちょいちょい揺れているほうが、ガス抜きになって安心だ』と言うぐらい。しかも報道があまりに過剰。気象庁があたかも大変なことが起きたというような発表をして、キャンセルが相次いだ。風評被害と言っていい」(協会職員)

気象庁の早めの対応は、地元にとっては裏目に出た格好。しかも武蔵野学院大学の島村英紀特任教授(地震学)は、気象庁の対応に根拠がないと言う。

「気象庁は御嶽山の失態があるので、苦しい立場ですが、レベルを1から2に上げる理由は、火山学的にはまったく確証がないことだと断言できる。箱根にしろ、地下で起こっていることは何もわからないと思っていいです。箱根が最後に噴火したのは6千年も前。だから経験値もデータも何もないからわからない。噴火予知はできないのです」

失態を怖れる気象庁。年間2千万人の観光客を失いたくない地元。共に相容れない対立は続く。

(週刊FLASH 5月26日号)


そもそも立ち入り禁止区域は大涌谷のごく一部でしょう?確かに黒たまご?を食べられないのは残念ではありますが、箱根の観光ってそれだけじゃありませんからね。宿泊施設なんて警戒区域にも入っていないんじゃないの?ロープウェーはさすがに入ってるでしょうけど…。

膨張しているとかいうことから予測ができるのかははなはだ疑問ですが、まぁ危険なところに近寄らないほうがいいでしょう。芦ノ湖で遊覧船に乗って富士山を眺める。箱根神社に行く。各種美術館を見学する。お風呂のはしごをする。仙石原に行ってみる。金時山に上ってうどんを食べるなどなど、いくらでも楽しめますよ。そこが箱根のいいところじゃないですか?

箱根三昧の3日間、楽しいことと辛いこと 最終編: ピア 徒然見聞録

箱根の山を舐めたらえらいことになるぞ PartⅠ: ピア 徒然見聞録

無知識の私は、富士山の爆発が一番大きなものだと誤解していました…: ピア 徒然見聞録

最後を見ると、驚愕してしまいますよ…。
 


↓まぁ最後は自己責任だから と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕38戦目】貧打は続くよ、でも新四番の一番大田が一振りで決めたよ♪

これぞ火の出るような当たりというのでしょうね、バット一閃!スタンドに一直線!という素晴らしい当たりでした。まるでゴジラのような打球でしたねぇ♪
読売巨人軍公式サイト:5月13日 対広 島10回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:5月13日 対広 島10回戦・東京ドーム

大竹が今季初勝利、大田は今季1号決勝アーチ…広島に連勝

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの10回戦。巨人は三回、大田の今季1号のソロホームランで先制すると、投手陣がこの1点を完封リレーで守り切った。4月1日以来の先発となった大竹は、粘り強い投球で七回を3安打無失点。広島打線に三塁を踏ませなかった。八回はマシソン、九回は澤村が広島打線の追撃をかわし、1対0で勝利した。大竹は今季初勝利を挙げた。

 大竹は初回、広島の上位打線を三者凡退に抑え、上場のスタートを切る。

 広島先発は大瀬良。巨人は、この試合から一軍復帰の坂本が4番、阿部が5番に座る打線で迎え撃つ。

 初回の攻撃、二死から3番に抜擢された堂上がヒットで出塁。4番・坂本が打席に立ったが、ここは右翼フライに倒れた。

 三回、巨人が先制に成功する。1番に入った大田が大瀬良の変化球を完璧に捉えると、打球は高々と上がってレフトスタンドへ。大田の今季初となるソロホームランで、巨人が1点のリードを奪った。

 直後の四回、大竹は先頭の菊池に出塁を許すも、続く丸を併殺打に打ち取り、広島打線にチャンスを与えない。

 四回、二死から長野が敵失で出塁を果たす。続くアンダーソンがヒット、村田が四球を選んで二死満塁のチャンス。しかし、後続が倒れた。

 大竹は六回、二死から菊池に二塁打を打たれる。しかし、丸を左翼フライに打ち取り、得点は許さない。大竹は続く七回も無失点で切り抜けた。

 その裏、巨人は先頭のアンダーソンが左翼へのヒットで出塁。原監督は代走に“切り札”の鈴木尚を起用。続く村田がしっかりと送りバントを決め、一死二塁。原監督はここで好投の大竹に代えて、代打・高橋由を打席に送って勝負に出たが、高橋由は二塁ゴロに倒れる。続く大田も右翼正面のフライに倒れ、追加点は奪えない。

 八回、2番手のマシソンがマウンドへ。マシソンは2本のヒットを浴びて、二死一、三塁のピンチを背負う。さらに二盗を許し、二死二、三塁とされたが、菊池を一塁ファウルフライに打ち取った。

 九回、マウンドには守護神の澤村が登る。澤村は二死を取った後、連打を浴びて一、三塁とされ、一打同点のピンチに。しかし、気迫の投球で代打・堂林を空振り三振に切って取り、試合終了。巨人は1対0で投手戦をものにし、広島に2連勝。対戦成績を5勝5敗とした。大竹は7回無失点の好投で今季初勝利を飾った。


それ以外は4回の満塁のチャンスでしたね。打席に大竹なのでここましようがないっす。あとちょこちょこチャンスはあったんですが、そこは広島の好調投手陣!なかなか打たせてはくれませんし、内野に忍者を二人も配置するという規格外の選手起用のチームですからねぇ。今日も天才が打点をふいにされましたよね (^_^;) 余裕でおいついて余裕で送球して難なくアウトにしてるし(怒 めっちゃ嫌いな選手です!素晴らしい選手だけど!!!

( ´ー`)y―┛~~

大竹は素晴らしいリズムでしたね。大瀬良もしかりで、これぞ投手戦という試合でした。お陰で帰宅してから1時間くらいしか観れませんでしたよw マシソンもいいのか悪いのかわからない投球でしたが、モヒカンですよねぇ。まぁ少々難しいバウンドとは言え、とってればすんなりと終わった試合でしたけど、代打小窪にライト前…。きっちり打たれましたね。調子のいい打者ってのは手が付けられませんなぁ ┐(´д`)┌ヤレヤレ

ただ、堂林では力不足だったのでしょうね。あのボール球を空振りの三振はあきまへん。フォークの空振りはしようがありませんがねぇ…。モヒカンは助けられた、というところですね。次回はしっかりとすんなりと抑えてほしいものです。

( ´ー`)y―┛~~

これで広島戦2連勝。明日勝てばこの前の三連敗の借りを返すことになります。是非!熨斗をつけて返してやりたいですなぁ♪マイコラス、ヨロピク。

監督も言ってますが、そろそろ打線が奮起しないとね。こんな試合ばっかりだと投手陣がへたばってしまいますし、守っている際の緊張感が半端無いでしょう…。
 


↓勝呂コーチ、密かに50肩ではないのか?w と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕37戦目】貧打は続くよ、でもエースがエースを粉砕してくれたよ♪

それでこそエース!素晴らしいピッチングでした♪
読売巨人軍公式サイト:5月12日 対広 島9回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:5月12日 対広 島9回戦・東京ドーム

菅野、前田との今季3度目のエース対決を制す

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの9回戦。試合は両エースの菅野、前田の投げ合いとなり、五回まで両軍無得点が続くが、六回に菅野がタイムリー二塁打を浴び、試合が動く。しかし七回、中日から移籍後初スタメンの堂上のタイムリー二塁打で同点。直後、前田の暴投の間に勝ち越しに成功する。菅野は7回1失点の粘投。最少点差のリードを救援陣が守り切り、カード初戦を制した。

 先発は巨人が菅野、広島が前田。今季3度目のエース対決となった。

 初回、菅野はいきなりピンチを迎える。先頭の田中を四球で歩かせると、続く菊池にヒットエンドランを決められ、無死一、三塁。しかし、ここからエースがギアを上げる。丸とロサリオをフライに打ち取ると、5番の松山にも強気の投球で空振り三振に仕留め、無失点でこのピンチを切り抜けた。

 巨人打線は二回、前田を攻め立てる。一死からこの日40歳の誕生日を迎えた井端が右翼へ運び、チーム初ヒット。今季初スタメンの堂上も続き、一死一、二塁とすると二死後、小林が左翼にヒットを放つ。しかし、二塁走者の井端は本塁でタッチアウトとなり、先制はならなかった。

 その後は両エースによる白熱した投手戦が展開される。巨人打線は広島の相次ぐ好守にも阻まれ、三回以降は無安打に抑え込まれてしまう。

 均衡が破れたのは六回。一死から丸が三塁強襲の内野安打で出塁する。ここで4番ロサリオが放った打球は中堅方向へ。大田が必死に追いかけるも、そのグラブには収まらず、タイムリー二塁打となり、手痛い先制を許してしまった。

 追う巨人は七回、井端がきょう2本目のヒットで、3イニングぶりに走者を出す。すると、続く堂上が左中間にタイムリー二塁打を放ち、試合は振り出しに。ようやく前田を捕らえた巨人打線は、なおも攻撃の手を緩めない。内野ゴロと死球で二死一、三塁の好機を作ると、巨人ベンチは菅野に代打・アンダーソンを送る。すると、この場面で前田が暴投。三塁走者の堂上が生還し、この回逆転に成功した。

 八回はマシソン、九回は守護神の澤村がマウンドへ上がり、無失点で試合を締めた。エース対決を制した菅野が4勝目を手にし、前週のマツダスタジアムで3連敗の嫌な流れを断ち切った。


堂上がやってくれましたね。ヒットも凡退もいい当たりでしたので、ここでも素晴らしい当たりを左中間に飛ばしてくれました♪ 片岡が既にスタートを切っていましたので一気にホームインでしたね。いやほんと、素晴らしい。野球の攻撃とはこうでなくっちゃ!と思う、流れるような攻撃でした。次の内野ゴロで三塁に進んだのもよかったですね。それがなければ勝ち越しの暴投とはなりませんでしたし。

しかし、マエケンも自身の暴投で勝ち越されるとは無念だったでしょう。走った堂上もよかったですけど、2アウトですからね、結構初めから行くぞ!と思っていないとスタートさえ切れんでしょう。

( ´ー`)y―┛~~

菅野の投球は悪いながらもさすがに崩れないというエースらしい内容。失点のロサリオのタイムリーも、大田の打球の追い方が悪かったからとも言えますからね。落下点に一直線に行けてなかったでしょう。まぁ、そこまで求めるのは酷なのかもしれませんが、あれで負けていた可能性だってあるんです。守備にはスランプはない。これからも精進して欲しいところです。

結果はこの1点だけに抑えていたからこその勝利!前回の登板では主軸に打たれていましたので、そこも反省材料にして、よく投げてくれました。勝ち星はやっと五分。これからどんどん伸ばしていって欲しいですね。できれば15勝。無理な数字ではないでしょ。

( ´ー`)y―┛~~

マシソンはよくはなってきていますが、制球がばらつき、投げてみないとわからんってのが続いていますね。まぁ、このまま抑えながら徐々に修正していって欲しいです。モヒカンはねぇ、いきなりヒット打たれましたねぇ。なんかこう、安心して見ていられないというかクルーンのような、そんなはらはら劇場ですねぇ。打てないんだから、抑えにかかっているときくらいは安心して観ていたいものですが…。

でもまぁ、10セーブを越えているんですから大したもんですよね。
 


↓モヒカンは抑えに適当だろ! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/10

今年に入ってから、神社がこんなに燃えている…

ありえないでしょう…

京浜急行の浦島太郎さんはTwitterを使っています: "((((;゜Д゜)))ええええ!wwwww この短期間で神社仏閣の全焼ってこんなにあるの! マスゴミは何で報道しないんだよ! ネットがなかったら私達は分かんなかったぞ! http://t.co/dLdPW1kLxI" desc

報道もされていないように感じますね。民家が火事、というのは何度か見ましたけど、神社は見ていないように思います。報道する自由っていうやつでしょうか?

でも、そうすればするほど、犯人が特亜の方々ってのがまるわかりなので、逆効果でしょうかねぇ…。
 


↓真剣に取り締まらないと取り返しの付かない結果に… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすが無謬の共産主義者、救急車も何も敵うわけ無いなw

死ねよ、マジで…
【悲報】twitter民が目撃「緊急車両スペースに救急車がきたのに日本共産党の街頭車が停まり前に進めず。注意したら共産党員は逆切れ」(画像あり)|保守速報

【悲報】twitter民が目撃「緊急車両スペースに救急車がきたのに日本共産党の街頭車が停まり前に進めず。注意したら共産党員は逆切れ」(画像あり)|保守速報

1: 逆落とし(空)@\(^o^)/:2015/05/10(日) 12:58:53.84 ID:UoBWHWYi0●.net
さんたろう ‏@ubugoro
先日、西新井駅西口で、信じられない光景。緊急車両スペースに、救急車がきたが、共産党の街頭車が停まり前に進めず。婦人が「ここは緊急車両の場所です」と声をあげたのに、共産党員は「いつも、ここに停めているんだ!」と逆切れ。ひどい!拡散希望

-- 後略 --



緊急車両スペースに、救急車がきたが、共産党の街頭車が停まり前に進めず。

婦人が「ここは緊急車両の場所です」と声をあげたのに、
共産党員は「いつも、ここに停めているんだ!」と逆切れ

逆ギレっていうか、犯罪行為のカミングアウトですねw 上記引用記事には一般車両進入禁止のロータリーに入っている共産党の街宣車の写真もありますので是非御覧ください。

基地外の所業をw

国民の味方とか言いつつ、ルールも守らない、しかも救急自動車を妨害するって生死に関わりますよねぇ。共産主義者の味方というだけでしょう。他の人間など奴隷にしか見えないんでしょうね。

わかりやすいね、選挙で勝ってきてるからそろそろ地を出しつつあるの?まだ早いんじゃないの?w
 


↓副作用が甚大だなぁ…(棒 と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕36戦目】貧打は続くよ、迫力もないから四球もとれなかったよ

ここまで打てないとピッチャーはしんどいですよねぇ…、サンデー高木はよく粘ってたんですが相手もよくあそこで打ちましたよ
読売巨人軍公式サイト:5月10日 対DeNA8回戦・新 潟

読売巨人軍公式サイト:5月10日 対DeNA8回戦・新 潟

大田が今季初打点も逆転許し…高木勇がプロ初黒星

 新潟で行われた横浜DeNAベイスターズとの8回戦。巨人は初回に大田の今季初打点となるタイムリーヒットで1点を先制するも、先発の高木勇が逆転を許し主導権を握れない。打線は中盤、DeNA先発の須田を打ちあぐねたが、七回に2番手のエレラを捕らえ、井端の同点打で試合は振り出しに。しかし八回、高木勇が満塁のピンチを背負うと、タイムリーヒットと暴投で2点を勝ち越され、2対4でDeNAに敗れた。高木勇はプロ初黒星で、開幕連勝記録は5で止まった。

 巨人先発は開幕5連勝中の高木勇。DeNA先発は須田。

 初回、巨人は須田の立ち上がりを攻め立てる。先頭の金城がヒットで出塁すると、続く片岡が送りバントを決めて一死二塁。二死後、4番の大田が中堅へタイムリーヒットを放ち、幸先良く1点を先制した。

 その裏、高木勇は打者3人で抑えるも、続く二回にピンチを招く。一死からロペスにヒットを許すと、バルディリスに右中間を破るタイムリー二塁打を浴び1対1の同点。さらに三回裏、高木勇は二死後に、連打を浴びて一、二塁とされ、筒香にタイムリーヒットを許し、1点を勝ち越された。

 巨人打線は初回の得点以降、須田に苦戦を強いられる。二回から六回までヒット1本に抑えられ、好機すら作ることができない。

 しかし七回、何とか追いつきたい打線はDeNA2番手のエレラを捕らえる。一死から大田がきょう2本目のヒットで出塁。その後、ボークとアンダーソンの進塁打で二死三塁にランナーを進めた。このチャンスで井端にタイムリーヒットが飛び出し、巨人が試合を振り出しに戻した。

 四回以降は無失点の投球を続けた高木勇。だが八回、2つの長短打と敬遠四球で一死満塁のピンチを背負うと、倉本に勝ち越しのタイムリーヒットを許してしまう。さらに一死満塁から自らの暴投で、点差を2点に広げてしまった。ここで原監督は高木勇の降板を決断。2番手の田原誠は後続を抑え、このピンチをしっかりと断ち切った。

 九回表、巨人打線は二死から大田がこの試合3本目の安打で出塁するも、続くアンダーソンは空振り三振に倒れ2対4で試合終了。このカードは1勝2敗で負け越しとなった。


今日は所要で始めは観ていなかったんですが、見始めですぐに同点になったんですよねぇ。井端のタイムリー、どんぴしゃりのレフト前ヒットでした。その裏も高木がずばっと抑えて、これは逆転の流れが!!!と思ったんですが…。

8回表がその流れを止めてしまいましたね。相手の田中投手が素晴らしかったということでしょう。その裏、タカギが2失点。満塁策からのヒットで失点まではしようがないものの、暴投(というかパスボールでは?)の失点が余計でしたね。1点だけならまだまだというところでしたけど、さすがに山崎相手に2点はしんどい感じでした。

( ´ー`)y―┛~~

それにしても大田。初打点&猛打賞。最終回も綺麗に右方向にヒットでした。変わってきたことは確かですね。

これを見ると、本当に松井って入団当初からすごい選手だったと再確認できます。入団5,6年目で既に中心選手で4番を打ってますからねぇ…。不世出の怪物ですわ。

大田も確実性は増えてきたのですが、甘い球を一球で仕留める確実性はまだ持っていませんね。1,2ストライクくらいまでは大きく振っているんですが、そこで仕留められないんですよね。欲張りでしょうか?でも、そこを乗り越えないと1流にはなれない。今のままでは所詮2軍を行ったり来たりの1流半ですよ。
 


↓厳しいなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕35戦目】貧打は続くよ、でもネ申の足が炸裂して勝利を拾ったよ…

よく勝てましたよね、完封負けの流れでしたのに…
読売巨人軍公式サイト:5月9日 対DeNA7回戦・新 潟

読売巨人軍公式サイト:5月9日 対DeNA7回戦・新 潟

鈴木尚の好走塁で延長戦を制し、連敗を4でストップ

 新潟で行われた横浜DeNAベイスターズとの7回戦。巨人先発の杉内は初回に筒香にタイムリーを浴びて先制を許す。しかしその後は立ち直り、リリーフ陣も無失点でバトンをつなぐ。打線は1点が遠かった九回二死三塁、亀井が値千金の同点タイムリーを放ち、試合は延長戦に突入。延長十一回、途中出場の鈴木尚がこの試合2つめの盗塁を決めると、暴投の間に三塁を陥れる。ここで小林の遊撃ゴロの間に鈴木尚が生還。好走塁の連続で劣勢の展開を跳ね返し、延長戦を制した。巨人は連敗を4で止め、首位DeNAとのゲーム差を1.5に縮めた。

 巨人先発は前回登板から中3日の杉内。DeNAは山口。

 初回にノックアウトされた前回登板のリベンジを果たしたかった杉内だったが、この日も立ち上がりを攻められる。四球で出した走者を暴投で二塁に進めると、筒香の打球は二塁ベースに当たり、遊撃への内野安打となった。この間に二塁走者が生還し、先制を許す。

 不安定な立ち上がりだった杉内だが、その後は立ち直る。二回から四回まで毎回三者凡退に抑え、打線の援護を待つ。
 五回、杉内は先頭の井手に二塁打を打たれ、ピンチを招く。だがここは2者連続三振を奪うなど踏ん張り、無失点で切り抜けた。杉内は5回を投げて1失点、9奪三振でマウンドを降りた。

 一方の打線は山口の前に手が出ない。七回二死から大田が三塁への強い打球を打つと、これが相手の送球エラーを誘ってようやく二死二塁のチャンスを迎えるが、アンダーソンが空振り三振に倒れ、1点が遠い。

 六回は戸根、七回は今季初登板の田原誠、八回は高木京がマウンドへ。3投手ともに無失点に抑えて役割を果たした。

 投手陣の頑張りに応えたい打線は九回、先頭の金城の強い打球を一塁手ロペスが弾き、この試合初めて先頭打者が出塁する。続く小林の打席で代走・鈴木尚がすぐさま二盗、小林は送りバントを決めて一死三塁とこの日最大のチャンスを迎える。代打の高橋由は三振に倒れるが、続く亀井はしぶとく一、二塁間を破る値千金の同点タイムリーヒット。土壇場で試合を振り出しに戻した。

 直後のマウンドに上がった澤村が無失点に抑え、試合は延長戦に突入。澤村は延長十回も無失点に抑え、DeNA打線の勢いを封じた。

 延長十一回、巨人は先頭の寺内が13球粘った末に死球で出塁する。続く鈴木尚は二塁ゴロに倒れ、走者が入れ替わる。ここで一塁に残った鈴木尚が今日2つ目の盗塁。さらに暴投の間に三塁を陥れてチャンスを広げる。一死三塁の絶好機に小林は前進守備への遊撃ゴロ。だが、打球が高く弾む間に鈴木尚が生還。鈴木尚の快足で貴重な1点をもぎ取った。

 延長十一回裏のマウンドには山口。先頭打者のヒットと犠打で一死二塁とされるが、後続を断って試合終了。相手投手陣にわずか3安打に抑えられた巨人が苦しみながらも逆転勝利し、連敗を4で止めた。


DeNAはばかなことをしましたね。DeNAというか、多分山口なんでしょうけど、なんで亀井様と勝負するのかね?あそこはどう見ても大田との勝負でしょう?絶対です、絶対に大田との勝負でしょう。しっかり三振にとってるというその後の結果を見てもそうです。この日の山口の威力のあるストレートとフォーク、それとその他の変化球があれば、絶対に大田勝負だったのになぁ…。コントロールも良かったし…。

( ´ー`)y―┛~~

でもまあ、勝負を選んで打たれたのは結果ですからいろいろ言ってもしようがない。チームの勝利と自身の完封勝利を逃した、痛い選択でしたけどね。

痛いといえば11回。

先頭打者に死球は痛い。
次のタカヒロの内野ゴロで併殺にできなかったのが痛い。
せっかく肩の強い黒羽根に交代したのに、その初球に走られたのは痛い。
次の変化球を前に落として止めたものの、その隙に三塁に進まれたのは痛い。
次の変化球を打たれた高いバウンドのショートゴロでホームインされたのは、めちゃくちゃ痛い。

ということで、何かタカヒロ一人が引っ掻き回して、無慈悲に内野ゴロで勝ち越しホームイン!足が速いだけではなく、走塁技術全般が神がかってる。こんな選手が相手チームにいたら嫌だ!!!イヤすぎる!!!

ありがとう、タカヒロ♪

今日のスポーツ報知に載っていましたけど、これで年俸5000万円は安すぎる。デコッパチの年俸分上乗せや!!!
 


↓9回の同点もタカヒロ盗塁からだしな♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月3日 - 2015年5月9日 | トップページ | 2015年5月17日 - 2015年5月23日 »