« 2015年4月26日 - 2015年5月2日 | トップページ | 2015年5月10日 - 2015年5月16日 »

2015/05/09

【開幕34戦目】貧打は終わりかけてるよ、でも投壊も始まるのかな?

ま、まぁ、山口もたまには打たれますよ…
読売巨人軍公式サイト:5月8日 対DeNA6回戦・横 浜

読売巨人軍公式サイト:5月8日 対DeNA6回戦・横 浜

アンダーソンの第1号含む11安打も、投手陣崩れ4連敗

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの6回戦。巨人は初回、アンダーソン、井端の連続タイムリーヒットで2点を先制すると、三回から五回にも小刻みに得点を重ねリードを奪う。しかし、巨人先発のポレダが四回に1点を返されると、五回に2本のタイムリーヒットを浴び5回途中4失点で降板。さらに3番手の山口が七回に、井手の2点タイムリーヒットで逆転を許し、5対6で逆転負け。首位攻防3連戦の初戦を落とし、DeNAとのゲーム差は2.5に広がった。

 DeNA先発は井納。

 巨人打線は初回、先頭の橋本が右翼越えの二塁打を放つ。続く片岡が一球で送りバントを決め、走者を三塁へ。大田が四球を選ぶと、アンダーソンに一、二塁間を破る先制のタイムリーヒットが飛び出し、先制に成功。さらに続く井端もしぶとく中堅へ弾き返し、巨人は初回に2点を奪った。

 その裏、巨人先発のポレダは先頭の石川に出塁を許す。送りバントと四球で一死一、二塁とされ、中軸を迎えるも、筒香、ロペスを打ち取り、得点を許さなかった。

 三回、二死から大田、アンダーソンに連打が飛び出し、二死一、二塁のチャンス。井端が四球を選ぶと、村田が右翼へのタイムリーヒットを放ち、巨人が追加点を奪う。

 四回、巨人打線はまたも二死から井納を攻める。橋本、片岡がヒットを放ち、無死一、三塁とすると、亀井の打席で片岡が二盗。これが相手の悪送球を誘い、さらに1点を奪う。

 ポレダは二、三回と味方の好守もあり無失点に抑えるも、四回、ヒットと死球で二死一、二塁とされ、井手にタイムリーヒットを浴び、1点を返される。

 それでも巨人打線は五回、一死からアンダーソンが右翼へ今季第1号となるソロホームランを放ち、再び点差を4点に戻す。

 しかしその裏、ポレダがDeNA打線に捕まる。先頭の石川、飛雄馬に連打を許すと、筒香に2点タイムリー二塁打を許す。さらにバルディリスにもタイムリー二塁打を浴び、点差を1点に縮められる。原監督はここでポレダを諦め、小山をマウンドに送った。小山は暴投で二死三塁と同点のピンチを招くが、井手を空振り三振に斬って取り、ピンチを脱した。

 七回からは山口がマウンドへ。しかし、山口は2本のヒットと死球で二死満塁とピンチを背負う。ここで井手に中堅へ2点タイムリーヒットを浴び、DeNAに逆転を許す。

 巨人打線は七回以降、DeNAリリーフ陣から一人の走者も出すことができず、5対6で逆転負け。首位攻防3連戦の初戦を落とし4連敗。DeNAとのゲーム差は2.5に広がった。


序盤はまったく勝利の香りしかしませんでしたけどね。1点取られてもすぐに1点取り返すし、いいときの試合の流れだったのになぁ…。やっぱり敗因は突然のポレダの乱れでしょう。

4回にも制球が乱れましたので、それが前兆だったんでしょうね。あれでストライクを欲しがってしまったのではないでしょうか?死球を2つも当ててるし、きわどいところに投げることもできなくなったのかもしれません。でもまぁ、ポレダは逆転はされていませんがね。

ラジオの解説を聞いていると、どうも小林のリードにも難あり!ということでしたが、実質1年目と言っても過言ではない選手ですのでしようがないでしょう。学んでくれればいいのですが…。

小山はよかったようですね。先発陣の一角を務めたくらいの投手、頑張ってほしいものです。

( ´ー`)y―┛~~

しっかし残念なのが崩壊している防御率の投手を打てなかったことですね。ここでも初物?に弱いところが出たんでしょうかねぇ。しかもその投手に勝ち星を与えてるし…。猛省して欲しい!

ってことで、あと2つ、落とせない試合になりますのでよろしくです。
 


↓杉内にかかってるな… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/07

生きろ!マンボウっていうゲームですが

紹介
「どんどん大きくなるのー!」
マンボウが厨房に進化しました!
待望のAndroid版も登場!【生きろ!マンボウ】
#マンボウ http://selectbutton.jp/apps/manbo

ひたすら餌をあげたりして育てるというゲーム。時々自分が食べた餌によって病気になって死ぬとか、アドベンチャーに出て死んじゃうとか、そういうゲームです。

まぁ、そんなこんなで楽しんでたんですが、あることが…。
なんか、このゲームをやり始めてから3Gの通信量がものすごいことになって来たんですわ…。普段なら一ヶ月でも1GBいかないくらいなのに、2GBとか余裕で超えてるし…。

で、一体どのアプリが通信してるんだ?と「リアルタイム通信監視」っていうアプリで調べてみるとですね…。もろ、このマンボウのアプリなんですよ。多分広告データのDLにめっちゃ通信量がかかっているように感じます。

ということで、即効削除しました。飽きてきたしね。

リアルタイム通信監視 - Google Play の Android アプリ

これ、なかなかいいですよ。軽いみたいだし。
 


↓アフェリアプリの見本だな♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/06

あらら、亀井in デコッパチout …

これはしようがないとしか言い様がない…

【速報】巨人フランシスコ二軍で調整wwwwww: なんじぇいスタジアム@なんJまとめ

ま、まぁ、頑張れとしか…。
 


↓甥っ子の試合でやらかしたからなぁ… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕33戦目】貧打は続くよ、でも守備にスランプはないはずだ! m9っ`Д´)

デコッパチは悩んでいるのだろうか?(´・ω・`)
読売巨人軍公式サイト:5月6日 対広 島8回戦・マツダ

読売巨人軍公式サイト:5月6日 対広 島8回戦・マツダ

守乱も響き、広島に3連敗…菅野は4敗目

 ゴールデンウィーク最終日、マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの8回戦。巨人先発の菅野は、守備の乱れもあり三回までに4点を失う苦しい投球。打線も五回まで1安打に抑えられ、なかなか点が奪えない。六回に橋本のタイムリーでようやく1点を返す。その後、4番・大田、途中出場の長野がともに2安打を放つなど、チャンスは作ったがあと1本が出なかった。巨人は今季2度目の同一カード3連戦3連敗を喫した。菅野は黒星先行となる4敗目。

 巨人先発は菅野、広島先発は野村と1989年生まれの同級生対決。

 菅野は初回先頭の田中に二塁打を浴び、いきなり得点圏に走者を置く。菊池のバントを、菅野と一塁手のフランシスコがお見合いしてヒットにしてしまい、無死一、三塁とピンチが広がる。続く丸に初球を犠牲フライとされ、あっさりと先制を許す。さらに二死から松山にタイムリー二塁打を打たれ、初回に2点を失う苦しい立ち上がりとなった。

 巨人打線は、広島の二塁手・菊池の好守にも阻まれ、二回まで走者を出せない。三回に村田がチーム初ヒットを放つが、続く小林が併殺打に打ち取られてしまう。

 三回、再び田中に二塁打を打たれる。菊池を投ゴロに打ち取るが、送球を一塁手のフランシスコが落球。またも無死一、三塁とされ、丸に2打席連続で犠牲フライを許し、追加点を奪われる。なかなか相手の流れを断ち切れない菅野。4番の新井にもタイムリーヒットを浴び、4点目を献上してしまった。

 快投を続けていた広島の先発・野村に対し、反撃に出たのは六回。一死から小林が右中間に二塁打を放ち、きょう初めてのチャンスを作る。内野ゴロの間に三塁まで進むと、橋本が右翼にタイムリーヒットを放ち、ようやく1点を返す。

 七回も野村を攻め立てる。一死から大田が6試合連続となるヒットを放ちチャンスメーク。五回の守備から出場した長野も続き、きょう初の連打で一死一、二塁とする。ホームランが出れば同点という場面で、巨人は代打に高橋由を送り出す。しかし、内角のスライダーを打ち損じ内野フライに倒れる。続く村田も空振り三振に終わり、得点はならなかった。

 四回以降は立ち直った菅野。走者こそ出すものの、粘り強い投球で広島打線に追加点を与えない。七回には3連打で一死満塁のピンチを背負うが、相手走者の判断ミスにも助けられ、ここを無失点で切り抜けた。八回には小山が今季初登板。ヒットと送りバントで一死二塁とされるが、後続を断ち、打線の反撃を待った。

 広島は八回から継投策に。九回、抑えの中崎を攻め立てる。二死から大田と長野の連打で一、三塁とする。ここでベンチは寺内に代打・金城を送り出す。だが二塁ゴロに抑えられ、試合終了。同一カード3連戦3連敗となった。


菅野も足を引っ張られたとはいえ、どちらもノーアウト2塁からのエラーで1,3塁になって、その後犠牲フライでしょ?エラーじゃなくても結果は(その後も同じだったとして)犠牲フライで失点は変わらんように思いますが…。というか、主軸にあそこまで打たれていればそらー失点しますわいな。まぁ、流れが悪くなったのはありますがね。

観てないけど。

フランシスコは途中交代でしたけど、打てないのはしようがないとしても守備はしっかりして欲しいです。コーチ人も守備ができるかどうかは判断した上で出しているんでしょうけど、出来ないようです。どうする?

打てないのはしようがない、でも守れない。
どうする?

ネ申ももうすぐ復帰だろうし…。
どうする?

そもそも必要だったのか?っていう根源的な疑問も…。
 


↓人間、越えてはいけない一線というのがあるんだ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕32戦目】貧打は続くよ、でも気持ちのよい大負けだったよ

以上!
読売巨人軍公式サイト:5月5日 対広 島7回戦・マツダ

読売巨人軍公式サイト:5月5日 対広 島7回戦・マツダ

初回に大量失点、反撃は長野の一発のみ…広島に連敗

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの7回戦。巨人先発の杉内は初回、広島打線の猛攻を受け、5点を奪われたところで降板。2番手の笠原も勢いを止められず、巨人は初回で計10失点を喫した。二回、三回も広島打線の攻勢は続き、三回までに0対13と大量リードを奪われた。一方、打線は広島先発・前田の前に沈黙。8回、2番手のザガースキーから長野がソロホームランを放ったが、得点はこの1点のみ。巨人は1対13の大差で敗れ、2連敗。リーグ首位の座をDeNAに明け渡した。

 先発は巨人・杉内、広島・前田。背番号「18」の投げ合いで始まった。

 巨人は初回、二死からアンダーソン、大田がヒットを連発。得点圏にランナーを進めたが、続くフランシスコは空振り三振に倒れ、先制のチャンスを逃した。

 その裏、杉内が広島打線につかまる。ヒットと四球などで一死一、二塁とされると、新井に2点タイムリーを浴びて先制を許してしまう。さらに、梵にタイムリー、鈴木誠には2ランホームランを浴びて5失点。続く會澤にもヒットを打たれたところで原監督が交代を決断。杉内は初回を投げ切ることなくマウンドを降りた。急きょ、救援のマウンドに立った2番手の笠原は、投手の前田に四球を与えると、田中、菊池、丸、新井に4者連続のタイムリーを浴び、さらに5点を奪われる(笠原は4失点。1点は杉内の失点)。巨人の失点は10点に達した。

 続く二回も、広島打線が止まらない。笠原は先頭の梵に二塁打を許すと、一死後、會澤に高めのボールを左翼スタンド上段に運ばれ、さらに2失点。三回には、3番手・高木京がマウンドに上がったが、新井に三打席連続となるタイムリーを許し、1点を奪われた。スコアは三回終了時点で0対13となった。

 一方、打線は前田攻略の糸口を見出せない。三回、代打・加藤のヒットなどで二死一、三塁のチャンスを作ったが、後続が倒れた。四回から七回までは計1安打に抑えられた。

 巨人投手陣も四回以降は得点を許さない。五、六回は宮國、七、八回は戸根が登板。味方のエラーもあったが、要所を押さえるピッチングで無失点に抑えた。

 広島は八回、2番手のザガースキーをマウンドに送り継投策に入る。この回先頭の長野はその2球目をとらえ、バックスクリーンにソロホームラン。九回は3番手・中崎から寺内、高橋由がヒットを放ち、二死一、三塁のチャンスを作る。しかし、最後は實松が空振り三振に倒れ、試合終了。巨人は1対13で広島に敗れて2連敗。セ・リーグ首位の座をDeNAに譲り、2位となった。


監督も言っているように、先発で終わりましたね。というか、笠原まででね。笠原は可哀想ですね、さすがに準備なんか何もしていなかったでしょうからね。でも、2回にも2点取られているし…。まぁ、お疲れ様でしたとしか…。気になるのが、高木⇒戸根⇒宮国のリレー。負けが続いているからではありますが、ちと投げ過ぎかも。
 


↓ま、まぁ若いし! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕31戦目】貧打は再開したよ♪ おまけにありえないプレーでサヨナラ負け…

プロでもこんなことあるんですねぇ、としか言いようがありません
読売巨人軍公式サイト:5月4日 対広 島6回戦・マツダ

読売巨人軍公式サイト:5月4日 対広 島6回戦・マツダ

先発・田口好投も…守備のミス響きサヨナラ負け

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの6回戦。巨人は初回、アンダーソンのタイムリーで先制に成功する。一方、巨人先発の田口は五回まで広島打線を無得点に抑えたが、六回、二死から2本のタイムリーを浴びて逆転を許してしまう。直後の七回、巨人は實松のソロホームランで2対2の同点としたが、九回裏、一死満塁の場面で守備陣にミスが生じ、痛恨のサヨナラ負け。巨人の連勝は3でストップした。

 巨人先発は地元・広島出身の田口。広島先発は大瀬良。

 巨人は初回、相手のミスに乗じて大瀬良の立ち上がりを攻める。橋本のライトへの飛球を野手が落球し、無死二塁のチャンスを迎えると、片岡が手堅くバントで送って一死三塁。ここでアンダーソンが左翼前にタイムリーを放ち、わずか8球で巨人が1点を先制した。

 田口はその裏、広島打線を三者凡退に打ち取り、順調な立ち上がり。四回まで二塁を踏ませない投球を続け、主導権を渡さない。

 1対0のまま迎えた五回、田口は簡単に二死を取った後、鈴木誠に右中間への三塁打を浴びて、初めて得点圏に走者を背負った。しかし、続く會澤を四球で歩かせた後、大瀬良を空振り三振に仕留め、ピンチを脱した。

 一方、田口をさらに援護したい打線だったが、大瀬良を打ち崩すことができない。六回には二死から大田が内野安打で出塁したが、後続が倒れて追加点を挙げられない。

 その裏、田口は二死を取った後、丸に内野安打を許す。続く新井には速球を捕えられ、左中間へのタイムリー二塁打に。1対1の同点となり、広島の攻撃はなおも続く。田口は続くロサリオを二塁ゴロに仕留めたかに見えたが、片岡が捕球できず(記録はエラー)、二死一、三塁とピンチを広げられる。さらに、梵に右翼へのタイムリーを浴び、1対2と逆転を許したところで、原監督は田口に交代を告げた。2番手の笠原は後続を打ち取り、点差を最小にとどめた。

 直後の七回、巨人は二死から實松が大瀬良の5球目を振り抜き、左翼スタンドに叩き込む。實松の今季第1号のソロホームランで、巨人が2対2の同点に追い付いた。

 その裏のマウンドには3番手の宮國が上がる。先頭の會澤に二塁打を打たれて走者を背負うも、橋本のファインプレーにも助けられ、無失点で切り抜けた。

 巨人は八回からマシソンを投入。八回は3人で抑えたが、九回にピンチを迎える。2本のヒットと四球などで一死満塁の場面で、広島は代打・小窪を起用。マシソンは力のピッチングで小窪をホームベース付近に高々と上がるフライに抑えたが、この打球の処理を内野陣が誤り、その間に三塁走者が生還。2対3のサヨナラ負けを喫した。広島との対戦成績は3勝3敗の五分となった。


まぁ、ホント言うと1-2になった時点で負けが見えましたけどね。大瀬良から得点できる雰囲気など微塵もありませんでしたからね。でも、そこで打つのが意外性の実松!まるで主軸打者のような見事な当たりでした。ドームのドアラ戦でもそうでしたけど、時々惚れ惚れする打球を飛ばしてくれますわなw

田口は不運な失点もあり勝ちは付きませんでした、負けももちろんなかったんですが、これが野球と考えて精進してください。片岡ももすこしなんとかできなかったのかと…。もちろん、あれが精一杯なのでしょうけど、でも…、も少し…。

あー、橋本の守備にはしびれましたねー。グラブから出そうになっていましたが、追いつくのが凄い。落下点に一直線でなければ捕球できないでしょう、プロのファインプレーでしたね。

( ´ー`)y―┛~~

マシソンは変に変化球でストライクを取りに行きすぎましたね。スライダーじゃなくてフォークでストライクを取ることも覚えてみてはどうでしょうか?メジャー最高レベルのクローザー 上原のように。できると思いますよ♪

( ´ー`)y―┛~~

問題のシーン。サード、ファースト、キャッチャー、ピッチャー、主審、三塁走者がそれぞれ集まっていましたねw まーそもそもなぜ三塁走者がホームに来るのかが理解不能ですがね(爆 だって、タッチされたらチェンジですよ?そんなこわいエリアになぜわざわざ行くのか?カモネギどころの話しじゃありませんよ?w

あと、インフィールドフライの宣告は主審がするものだと思っていましたが違うんですね。今回は三審だけが宣告していました。1アウト満塁で内野フライなら自動的にインフィールド、じゃなかったんですね。あくまで審判の宣告が必要と。じゃー、なぜに主審は全員にわかるように宣告しなかったのか?このジャッジの残念なところはその1点ですね。Gの守備陣は主審しか見えていなかったと思われ、その主審が宣告していなかったので普通にフォースプレーと思った?

( ´ー`)y―┛~~

というか、デコッパチか村田がちゃんと捕球していればなんということもなかったのですがね。あれを村田に捕れというのは酷なように感じます。それだけデコッパチがどすどすと来ていましたからねー。

( ´ー`)y―┛~~

なんだかデコッパチは守備がまずいみたい…。
 


↓次が思いやられるな… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕30戦目】貧打は終わったよ♪ おまけにサンデー高木が5連勝♪

一過性にしろ…
読売巨人軍公式サイト:5月3日 対阪 神8回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:5月3日 対阪 神8回戦・東京ドーム

代打・金城が値千金の一打、高木勇は無傷の5連勝

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの8回戦。一進一退の攻防が続き、3対3で迎えた六回、代打の金城が勝ち越しの2点タイムリーを放つと、その後は巨人打線が爆発。八回には鈴木尚に6年ぶりの一発となる3ランホームランが飛び出すなど、阪神を突き放した。先発の高木勇は粘りのピッチングで開幕から無傷の5連勝。17安打10得点と打線がかみ合った巨人が快勝し、首位をがっちりと固めた。

 巨人先発はルーキー高木勇。阪神は能見。

 高木勇は二回、先頭の福留に右翼フェンス直撃の二塁打を浴びるなど、一死一、三塁のピンチ。ここで藤井の遊撃ゴロの間に先制点を奪われた。さらに三回も、2つの四球とヒットで無死満塁のピンチを背負うと、一死後に福留に犠牲フライを許し、0対2と点差を広げられた。

 早く追いつきたい巨人は三回裏、ヒットの橋本を一塁に置き、片岡が左翼スタンドぎりぎりに飛び込む同点2ランホームラン。巨人が2対2と試合を振り出しに戻した。

 さらに打線は四回にも井端、村田の連打でチャンスを作ると、小林が右中間への勝ち越しタイムリー二塁打。3対2と巨人がこの試合初めてリードを奪った。しかし、五回に高木勇が福留にタイムリーを浴びて再び同点に。一進一退の攻防が続く。

 勝ち越したい打線は六回、先頭のフランシスコがヒットで出塁。さらに村田のヒットなどで二死一、三塁と得点圏に走者を進めた。すると原監督は高木勇に替え、金城を打席に送る。その金城は能見の2球目を振り抜くと、左翼線を破る2点タイムリー二塁打。値千金の一打で、巨人が2点を勝ち越し、高木勇に勝ち投手の権利がついた。

 阪神の能見が6回5失点で降板すると、巨人打線は、すぐさまたたみかける。片岡、長野の連打などで無死一、三塁とすると、大田の打席で相手バッテリーにミスが生じて1点を追加。さらに大田の内野安打などで一死二、三塁の場面で、寺内のスクイズがフィルダースチョイスとなり、7対3とリードを広げた。
 
 八回には一死一、二塁の場面で、鈴木尚は初球をフルスイングすると、打球は左翼スタンドに吸い込まれる3ランホームラン。自身2009年以来となる一発が飛び出し、ダメ押しの10点目を挙げた。
 
 七回以降、継投に入った投手陣。七回は山口が危なげなく抑えると、八回には戸根、九回には宮國がそれぞれ三者凡退に仕留めて反撃を許さなかった。6回3失点の高木勇は開幕から無傷の5連勝。東京ドームの阪神2連戦を連勝で終え、首位をがっちりキープした。


高木はカットボールのスライダーのコントロールというか、なんというか、あれてましたね。それで狙われていることも相成り、結構苦労した投球でした。それでも、怖い虎打線を三失点に収めるところが、なかなか新人らしからぬ投球術ですね。

スコアブックを見ると、相手がエースの能見とは思えないような色とりどりの結果ですねぇ。毎試合とは言いませんけど、そこそここれくらいは観たいと思うのは贅沢でしょうか?

( ´ー`)y―┛~~

いろいろ結果が出ていますが、この試合を決めたのは金城選手のツーベースですね。同点になったあとの初めてのチャンス、ここで得点できなければ当然サンデー高木の連勝も消えてしまう、かつずるずる行きそうという節目でした。しかし、金城選手はなくてはならない選手になっていますね。Gって、他チームをクビ同然になったベテランを獲得して必須選手になることが多いような気がしますが、何かあるんでしょうか?気合かな?

圧巻はタカヒロの3ランですね。まさに打った瞬間にファンである私でも「え゛?」と思ってしまったのですよ、それくらいに意外以外の何ものでもありません!6年ぶりのホームラン、次は2020年でしょうか♪

( ´ー`)y―┛~~

勝ったのはいいんですが、エラーもありましたね。サードのエラーはアンツーカーに入ったのでしようがないのもありますが、デコッパチのエラーはありえん。幸い、失点にはつながりませんでしたが、やっぱりサードが本職なんでしょうかね?これからちょっとしんどい感じがします。というか、ネ申が復帰してきたらどうするんでしょうね?

まだ投手に慣れていないのもあって打てないとはいえ、ほぼ三振ばかりですからねぇ…。
 


↓逆に考えると、それがいても首位♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕29戦目】貧打は続くよ、でも点取りゲームの鉄則は…

相手よりも1点多く取れば勝ち!なのですよ ホホホ
読売巨人軍公式サイト:5月2日 対阪 神7回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:5月2日 対阪 神7回戦・東京ドーム

フランシスコの初安打が決勝打、投手陣が1点を守り抜く

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの7回戦。先発のポレダは序盤こそピンチを背負うも、四回以降尻上がりに調子を上げて阪神打線を抑えていく。一方、巨人打線も阪神・藤浪に苦戦を強いられ、試合は中盤まで動かなかった。しかし七回、巨人は来日初出場となったフランシスコのタイムリーで先制。この1点をマシソン、澤村のリリーフ陣が守りきり、阪神との接戦を1対0で制した。

 巨人先発はポレダ。阪神先発は藤浪。

 ポレダは初回から粘りのピッチングを見せる。二、三回は得点圏にランナーを背負いながらも、要所を締める内容で得点は与えなかった。

 一方、巨人打線は藤浪を打ちあぐねる。三回までヒット1本に抑えられ、二塁すら踏めない。

 四回、巨人は先頭の片岡がヒットで出塁、さらに暴投の間に二塁へ進み得点圏にランナーを置いた。アンダーソンの内野ゴロで一死三塁までチャンスを広げたが、後続が倒れ先制点とはならなかった。

 ポレダは尻上がりに調子を上げる。四回、五回、七回を三者凡退に抑えるなど、見事な投球で打線の反撃を待った。

 何とか得点したい巨人打線は七回、先頭の大田がフェンス直撃の二塁打で先制のチャンスを作る。ここで打席には、この日初スタメンのフランシスコ。フランシスコは一塁強襲の内野安打を放ち、この間に大田が二塁から一気に本塁まで生還。来日初安打となるフランシスコのタイムリーヒットで、巨人が1点の先制に成功した。

 ポレダは、八回に二死二塁のピンチを背負ったところで降板。このピンチを2番手のマシソンが断ち切り、1対0のまま試合は九回へ。

 九回表、マウンドは守護神の澤村。先頭の福留にヒットを許し二死三塁までピンチを広げたが、最後は代打・伊藤隼を二塁ゴロに仕留めて1対0で試合終了。リリーフ陣が最後まで1点を守り抜き、阪神との対戦成績を5勝2敗とした。


これぞ行き詰まる投手戦。投手の出来そのものは藤浪のほうが数段上でした。藤浪本人も言っている通り、最高の出来でも負けてしまうのが野球の怖さですね。

片やポレダ。いつ降板するのかと観ていてヒヤヒヤものでしたが、なんと8回ツーアウトまで投げるとはねぇ。大したもんです。放送中のランキングでは、なんと左ピッチャーの平均球速でナンバーワンだそうですね。確かに速いっちゃー速いけど、そこまで速いとは思いませんでした。遅い変化球が少ないだけなんじゃないのかね?とも思ったり。

( ´ー`)y―┛~~

打つ方はねぇ…。藤浪が最高の投球をしたということもあるんですが、さっぱりですな。よく得点出来ましたよ。しかも大田、デコッパチでねぇ…。それにしても大田のツーベースは見事でしたね。それまではさっぱり打てるような残像さえ見れませんでしたが、アウトコースのストレート?をビシッと振りぬき、あの弾道でフェン直!すさまじい当たりです。これがあるから大田は信用出来ない(爆

次のデコッパチ。阪神バッテリーは責め方を間違えましたね。どう見ても縦の変化球は打てないでしょうに、インコースのストレート系のボールを打たれてしまいましたねぇ。配球ミスでしょう。逆に言えば、デコッパチよ、今後このような配球をしてくるチームやバッテリーはないと心得よ m9っ`Д´)

ということで、8回はマシソン、9回はモヒカンで盤石。虎刈り一丁上がり!で今季は3頭の虎刈りに成功!
 


↓野球とは酷なスポーツよの… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕27戦目】貧打は続くよ、エースも疲れてくる時期でしょう

エラーも絡めばね…、4失点も致し方なしかと…
読売巨人軍公式サイト:4月29日 対中 日5回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:4月29日 対中 日5回戦・東京ドーム

菅野、開幕投手対決に敗れる…投打かみ合わず

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの5回戦。序盤は菅野、山井のエース対決にふさわしい投手戦となったが、四回に菅野がタイムリー二塁打とスクイズで2点を失うと、五回にも失点を重ね4失点。打線も中日投手陣を攻略できず、七回に村田の内野ゴロの間に1点を返すのがやっと。投打がかみ合わず1対5で中日に敗れた。

 巨人先発は菅野。中日先発は山井。開幕投手によるエース対決となった。

 菅野は初回から危なげないピッチングを披露。三回まで二塁を踏ませない投球で中日打線に隙を与えない。

 打線は初回、先頭の金城がヒットで出塁、片岡の送りバントなどで二死三塁のチャンスを作る。ここで負傷の坂本に代わり、初の4番起用となった中井を迎えたが三塁ゴロ。その後も山井を打ちあぐね、序盤は無得点に終わった。

 試合が動いたのは四回表。好投の菅野だったが、二塁打と四球で無死一、二塁のピンチを背負う。ここでナニータにタイムリー二塁打、続くエルナンデスにスクイズを決められ2点を失う。五回も菅野は味方のエラーとタイムリーヒットで0対4とリードを広げられてしまう。
 
 4番に抜擢された中井だったが、この日は2打数無安打で、六回の守備からベンチに下がった。

 何とか得点したい巨人は七回、先頭のアンダーソンが四球を選ぶと、続く井端は見事な流し打ちで右翼線に二塁打を放つ。無死二、三塁のチャンスで、打席には村田。村田は二塁ゴロに倒れたが、この間に三塁走者が生還。その後も一死三塁の好機が続いたが、後続が倒れ反撃は1点に留まった。
 
 5回4失点で降板した菅野に代わり、六回は高木京、七、八回は宮國が無失点に抑える好投で、打線の反撃を待った。しかし九回表、4番手の戸根が亀沢にタイムリーヒットを浴び、再びリードを4点に広げられる。

 その裏、打線は中日の抑え・福谷の前に打者3人で打ち取られ、1対5で試合終了。巨人の連勝は2で止まり、中日との対戦成績は1勝4敗となった。


新四番の中井…。四番というガラというか実力ではないようにも感じますが、さすがに力んだのでしょうw でも、2打数で結果を出せというのも酷なようにも感じます。せっかく据えたんだからこの試合は任せたとできなかったのかな?

投げる方は宮国、久しぶりに一軍で名前を聞きましたがしっかり仕事をしてくれたようですね♪ここから暑くなるので投手陣は火の車、そこで若い先発もできるリリーフ投手というのは貴重でしょう。なーーに、何かあれば先発に回ればいいのです。そうすれば少しはフランケンの大変さがわかるというものでしょう。本人はえらいことになっているようですが…。

G西村 打球が顔面直撃し緊急搬送 右目10針縫合も骨折、脳内出血なし (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

G西村 打球が顔面直撃し緊急搬送 右目10針縫合も骨折、脳内出血なし (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

デイリースポーツ 5月1日(金)18時54分配信

 巨人・西村健太朗投手が1日、イースタン・ヤクルト戦(戸田)に先発し、打球が顔面を直撃するアクシデントに見舞われた。三回2死一、二塁で西浦のライナーを顔面に受け、その場にうつぶせで倒れた。

 救急車で戸田市内の病院に緊急搬送。戸田市内の病院で頭部顔面打撲と診断され、右眼瞼部挫創のため10針を縫合した。骨折や脳内の出血はなかった。この日は念のため、入院するという。


ピッチャーはこういう危険にさらされています。フランケン、無事復活してほしいものです。なんと言ってもリリーフエースです。復活してくれなきゃ困ります。

( ´ー`)y―┛~~

でもまぁ、5安打では勝てるものも勝てませんわな。その中でも2安打がトップの金城、2安打が7番?の村田ではねぇ…。貧打の根はあくまでも深いですね。
 


↓逆に山井がいいとなぜ言えぬ? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕26戦目】貧打は続くよ、でもピッチャーがしっかりすれば問題ないよ

杉内はいいようには感じなかったんですが、終わってみれば絶好調の奪三振ですね!
読売巨人軍公式サイト:4月28日 対中 日4回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:4月28日 対中 日4回戦・東京ドーム

杉内の9奪三振の好投などで快勝、同率首位に浮上

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの4回戦。巨人は初回に坂本、金城の重盗で先制。四回、先発・坂本に代わった4番・村田が、9試合ぶりとなる2号ソロを放って追加点を挙げる。さらに七回、金城にも2点タイムリー二塁打が飛び出し4点差として、試合を優位に進める。九回に1点を失うものの、チームは2連勝でヤクルトと同率首位に並んだ。先発・杉内は今季最長の7回を最多タイ9奪三振無失点で無傷の3連勝、通算150勝まで残り11とした。

 巨人先発は杉内。初回、先頭・大島から空振り三振を奪うと、後続も打ち取り三者凡退と順調な立ち上がりを見せる。

 その裏、ここまで防御率リーグトップの中日先発・大野に対し、先頭・金城が右翼線への二塁打で出塁。片岡の送りバント、坂本の四球などで二死一、三塁とすると、アンダーソンの打席で坂本が二盗。送球間に金城は本塁へと生還して重盗で先制に成功する。

 四回、ふくらはぎ痛の先発・坂本に代わり4番に入った村田が振り抜いた打球は、レフトスタンドへ一直線。9試合ぶりの2号ソロで追加点を挙げる。

 杉内は好調なピッチングを続ける。二回、先頭・福田にヒットを許し、二死から堂上に四球を与えるが、続く桂を打ち取りピンチをしのぐ。三回以降は、降板するまで内野安打による1人のランナーを許すのみの素晴らしい投球。今季最長7回を投げ、最多タイの9奪三振を記録した。

 さらなるリードを狙う打線は七回、先頭の中井、實松、代打・長野の3連続ヒットで満塁とすると、続く金城の打球は右翼線へ。タイムリー二塁打で2点を追加し、4点差で終盤を迎える。

 八回、山口が無失点に抑えると九回は戸根が登板。先頭からの連打などで一死一、三塁とすると、ここで澤村が登板。福田にタイムリーを浴び、1点を失うものの後続を打ち取り試合終了。澤村はリーグトップタイ8セーブ目。今季中日戦は初勝利、2連勝でヤクルトと並び同率首位となった。


ライトスタンドで観戦でした。初回の攻撃は素晴らしかったですね♪流れるようなという形容がピッタリの攻撃でしたけど、最後の盗塁の悪送球で「あれ?」というのが…。坂本戦線離脱… orz

ブルータス、お前もか… orz

ネ申、長野様、亀様、という神属性選手が軒並み離脱しているなか、坂本まで…。これでははっきり言って紅白戦以下の布陣ではないですか…。いいたかないけど…。

そのなかで、ベテランがよく活躍してくれていますね。この試合では金城選手。初回も試合を決めたツーベースも感謝感激です。それにしてもあの打ち方でよく外野に飛ぶもんですなw

夜行バスの時間もありましたので、8回表の守備を見てから球場をあとにしました。失点シーンを見ること無く気持ちよく観戦を終えられました♪

ということで、驚きの首位タイ。こんなチーム状態で首位タイ。他のチームどんだけ…。
 


↓坂本の離脱は痛い… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっと、これだから支那製は油断ならんぜぇ…

早速チェックしたぜぇ!

Superfish, Komodia, PrivDog vulnerability test desc

SSLの証明書も乗っ取られるって、怖すぎでしょう
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

もとの記事はこちら。
レノボPCのほぼ全機種に恐ろしいアドウェアが入っていた… - NAVER まとめ LenovoのPCを使っている人は今すぐチェックしてください!

レノボだということで、危険とは自覚していたものの、ここまであからさまですかね…。

ともあれ、レノボPCを持っている人は是非今すぐにチェックを!正しい対策を!

( ´ー`)y―┛~~

こうなると、自作するしかないのかね?
┐(´д`)┌ヤレヤレ
 


↓特亜の部品を使うと元も子もないぞw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月26日 - 2015年5月2日 | トップページ | 2015年5月10日 - 2015年5月16日 »