2015/10/17

【CSファイナルステージ】ヤクルトファンの皆様、おめでとうございます!

終わってみれば圧勝でしたよね、投手がよくて打線もいい!理想的なチームでした♪
読売巨人軍公式サイト:10月17日 対ヤクルト4回戦・神 宮

読売巨人軍公式サイト:10月17日 対ヤクルト4回戦・神 宮

リリーフ陣奮闘も、再三のチャンス生かせず…CS敗退

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦。巨人は初回、守備のミスからピンチを招くと、山田のタイムリーヒットなどで2失点、二回にも1点を追加される。巨人の反撃は五回。好調の阿部にタイムリーヒットが飛び出し、2対3と1点差に迫る。リリーフ陣は3回以降相手打線を2安打に抑えて反撃を待ったが、再三のチャンスにあと一本が出なかった。巨人はヤクルトに2対3で敗れ、ファイナルステージを1勝4敗で敗退。2年ぶりの日本シリーズ進出はならなかった。

 巨人先発はポレダ。ヤクルトは杉浦。

 初回、ポレダは先頭の比屋根に二塁打を許す。続く川端は投手正面へのゴロに打ち取るも、ここでポレダがフィルダースチョイス。無死一、三塁のピンチに。さらに続く山田のフライがライト前への不運なヒットとなり、ヤクルトに先制を許す。続く畠山に四球を与え、無死満塁とされると、バレンティンの併殺打の間にさらに1点を失った。

 二回、打線は先頭の阿部がヒットで出塁すると、続く長野の死球で無死一、二塁と反撃のチャンス。しかし、亀井、村田、加藤が倒れ、得点には至らなかった。

 その裏、村田が先頭の大引の打球を失策。送りバントと内野ゴロの間に大引が三塁に進むと、比屋根にタイムリーヒットを浴び、巨人は序盤から3点を追いかける形となった。

 巨人打線の反撃は五回。先頭の代打・堂上のヒット、続く立岡も右中間へ二塁打を放ち、無死二、三塁に。井端、坂本は凡打に倒れるも、二死二、三塁から阿部が中堅にはじき返し、2者が生還。1点差に詰め寄った。

 2回3失点でマウンドを下りたポレダに代わって、三、四回は高木勇、五回は田原誠が登板。いずれも三者凡退に抑える好投を見せた。
 
 六回、先頭の亀井がヤクルト2番手・ロマンの速球を捉え、右中間へ二塁打を放つ。さらに暴投で三塁に進み、一打同点の場面となるも、村田は浅い外野フライ。続く代打・アンダーソンと堂上はリリーフした左腕・久古を捉えられず、同点とはならなかった。

 続く七回も打線はチャンスを作る。一死から井端がヒット、坂本が四球を選び、一死一、二塁とする。しかし、続く阿部が投手への併殺打に倒れ、またしてもチャンスを生かすことができなかった。

 巨人は七回を山口、八回を澤村がいずれも三者凡退に抑え、打線の反撃を待つ。しかし九回、ヤクルト守護神・バーネットの前に二者が凡退。最後は代打・高橋由が空振り三振に倒れた。

 巨人は2対3でヤクルトに敗れ、クライマックスシリーズ・ファイナルステージを1勝4敗で終了。2年ぶりの日本シリーズ進出はかなわず、2015年のシーズンを終えた。


序盤のエラーからの3失点が敗因ですね。

長野のエラーで2塁に進塁。ポレダの野選&投げミスでランナーサード。井端のエラーじゃなくて、あれは長野の打球では?次の回は村田の珍しいエラーからの失点。ポレダもど真ん中に投げて打たれたし・・・。

2試合連続で完封負けしているチームとしては、この3失点でもう負けですよね。何度もあったチャンスを逃し、やっとこさのネ申のタイムリーで2点を返して精一杯。その後もチャンスはあったものの・・・。

( ´ー`)y―┛~~

今シーズンはずっと打線が故障していましたね。年齢からくるものなのか、それともキャンプからの練習が悪かったのか、いきなり全員が悪くなるというのも考えにくいものですけど?

明日から、来年へのリベンジが始まります。
原監督の去就も分かりませんけど、選手は来年も野球をするはず!来年はぶっちぎりで優勝できるように、できる戦力はあるはずですから、精進して欲しいですね。

Ncm_5267

Ncm_5285

日本シリーズはソフトバンク相手です。
相手も投手はいいし、もちろん打線もいい。ガチ勝負になりそうですね。

どちらもがんばってください。
 


↓順当なチームが勝ち上がってほっとした♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【CSファイナルステージ】菅野が粘れなかったのではなく、打てないのが最大の敗因です

と、まぁ、私が言うようなことでもないんですけどねw
読売巨人軍公式サイト:10月16日 対ヤクルト3回戦・神 宮

読売巨人軍公式サイト:10月16日 対ヤクルト3回戦・神 宮

菅野6回2失点の力投実らず、連夜の零封負け…王手かけられる

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦。巨人先発の菅野はランナーを出しながらも要所を抑える粘投を見せたが、打線は好機に一本を出せず五回まで両チーム無得点。しかし、六回に菅野が無死満塁から併殺打の間に先制点を献上するなど2点の先行を許してしまった。反撃したい打線も九回に無死一、二塁のチャンスを迎えたが、ここも走者を返せず0対2で試合終了。対戦成績は、ヤクルトのアドバンテージ1勝を含めて1勝3敗となり、ヤクルトが日本シリーズへ王手をかけた。

 巨人は先発が菅野。ヤクルトは館山。

 巨人は初回、坂本と阿部の連打で二死一、三塁のチャンスを作るも、後続が倒れて無得点。四回にも阿部のヒットと館山の暴投などで一死三塁としたが、このチャンスも生かせず先制点を挙げられなかった。

 一方の菅野は三回まで二塁を踏ませない上々のピッチング。四回には無死から連打を浴び、この試合初めて得点圏に走者を背負ってしまう。二死後にバレンティンを敬遠し満塁となったが、後続を断ち何とか無失点で切り抜けた。

 先制点が欲しい巨人打線だが、中盤以降も館山を捕えきれない。五回には二死から立岡が二塁打を放つも、本塁が遠くまたも無得点。

 五回を三者凡退に仕留めた菅野だが、六回に再びピンチを迎える。2本のヒットと四球などで無死満塁とされると、雄平の併殺打の間に1点を失った。さらにバレンティンに死球を与えると、続く今浪にタイムリーヒットを打たれて追加点を許し0対2とされた。

 七回からは菅野に代え、リリーフ陣がマウンドへ。七回は戸根と田原誠のリレーで抑える。八回は宮國が一死満塁とされるも得点を与えず、九回の攻撃に望みをつないだ。

 2点を追う九回は、ヤクルト5番手のバーネットから先頭の坂本がヒットを放ち、さらに阿部が四球を選んで無死一、二塁と一打逆転のチャンスを迎えた。しかしここでもあと一本が出ず、後続が倒れて試合終了。0対2で巨人は連夜の零封負けを喫した。ヤクルトとの対戦成績は1勝3敗となり、日本シリーズ進出へは3連勝するしかない状況になった。


先発がタテヤマン、苦戦は覚悟のものでしたけどこれほどとは・・・。
一死三塁ならスクイズでもいいじゃないかと思うんですがねぇ。

天気通りの湿った打線、特に酷いのが長野ですね。足を引っ張る結果しか出ていません。結果だけではなく、内容も悪い。何かこう、強引に引っ張ってやるという意識が強すぎるような、そんな気がします。

足も心配だし、シーズン初めから無理をして使ってきたダメージがでているのかもしれません。

( ´ー`)y―┛~~

投手は相変わらず好調をキープしていますね。
後がなくなりましたが、これをキープしてなんとか最後くらい打線で勝って欲しいものです。
 


↓最後? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/15

ネ申も筆の誤り?

この野選は痛いです・・・

【巨人完封負け】走塁ミスに拙攻、守備のミスも絡み自滅 1勝2敗に : 巨専@読売ジャイアンツ(巨人)まとめブログ

なんでサードに投げるかな?
しかもランナーが半分くらいホームに来ている状態なのに?

これならまだ一塁踏んでから投げても同じでは?もしかすると、このエラーを怒っていたのかな?

( ´ー`)y―┛~~

なんにせよ、打線が打てないのでせめて守備ではエラーをなくさないと勝てませんで。
 


↓ショートの動きがおもろいw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【CSファイナルステージ】ミスもあったけど、やはり打線でしょうね

満塁で小林。そこでスクイズという手はなかったのかなぁ・・・。先制したい場面だったのになぁ。いくらファーストステージでタイムリーを打っているマイコラスとは言え、そうそう打てないでしょうに・・・
読売巨人軍公式サイト:10月15日 対ヤクルト2回戦・神 宮

読売巨人軍公式サイト:10月15日 対ヤクルト2回戦・神 宮

阿部が連夜の猛打賞も、打線がつながらず完封負け

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦。巨人先発のマイコラスは、三回まで無失点の好投も、四回に味方の野選も絡み2点を失う。さらに六回にはバレンティンに2点タイムリーを浴び、ここでノックアウトされる。一方の打線も、二回に満塁の好機をつくるが無得点に終わり、その後も本塁が遠く散発6安打で完封負けを喫した。対戦成績は、ヤクルトのアドバンテージ1勝を含めて1勝2敗となった。

 ヤクルト先発は小川。

 巨人打線は初回、立岡が初球を捉えヒットにするも、続く片岡の打席でけん制死となり好機を生かせなかった。二回にも先頭の阿部がヒットで出塁、その後2つの四球などで一死満塁とする。しかし、後続が倒れ先制はならなかった。

 先発のマイコラスは、立ち上がりを三者凡退に抑えるなど、三回まで上々の投球。しかし四回、連打で無死二、三塁のピンチを招くと、畠山に犠牲フライを打たれ先制を許す。一死三塁となったところで、続く雄平を一塁ゴロに打ち取る。だがこの打球を一塁手・阿部が野選。三塁走者が生還し、痛恨の2点目を献上してしまう。

 一方の打線は、尻上がりに調子を上げていく小川の前に、三回から4イニング連続で打者3人で抑えられ、なかなか攻略の糸口をつかめない。

 我慢の投球を続けていたマイコラスだが、六回にヤクルト打線に再びつかまる。川端と山田に連打を浴び、一死後、雄平にもヒットを許し満塁のピンチを迎える。ここでバレンティンにダメ押しとなる2点タイムリーを打たれ、マイコラスは降板。6回途中4失点の内容だった。2番手には戸根が登板。見事後続を断ち、味方の反撃に望みをつないだ。

 七回、八回とヒットこそ出るが、走塁死なども絡みホームベースが遠い展開が続く。結局、小川の前に8回散発5安打に抑えられた。

 七回裏を戸根と田原誠でつなぐと、八回には、高木勇がプロ入り後初めてリリーフとしてマウンドに上がる。先頭の畠山に死球を与えると、バレンティンに二塁打を浴びるなど一死満塁のピンチを招く。しかし、中村を併殺打に打ち取り、辛くも無失点でしのいだ。

 九回、一死から坂本が四球で出塁すると、阿部が連日の猛打賞となる中堅へのヒットで一死一、二塁とヤクルト守護神のバーネットを攻め立てる。しかし、後続の長野、亀井が抑えられ試合終了。打線がつながらず、0対4で完封負けを喫した。

 ファイナルステージの2戦目を落としたことで、対戦成績は、ヤクルトのアドバンテージ1勝を含め1勝2敗となった。


そのマイコラス、先発とは驚きましたね。中4日。レギュラーシーズンでもしたことがなさそうな間隔で登板、ここ大一番というのは分かりますけど、先発がいないわけじゃないのに無理させるのか・・・と驚き。そのマイコラス、失点は犠牲フライとエラー、あとはタイムリーで4失点。報道ではベンチの扇風機を壊したとかなんとか・・・。納得行かない失点だったのでしょうねぇ。自分の投球にか、それとも・・・。シーズンではそういうのを聞かなかったので、プレッシャーがあったのかな・・・。

後を受けた投手はよく抑えてくれましたね。このヤクルト打線をばたばたしながらでも無失点で抑えるんですからたいしたもんです。せめてもの救いですね。ということは、明日からの試合は何が何でも先制して、投手で抑えきるという展開に持ち込まないと勝機はありません。今日もそういう徹底をすべきだったのでしょうね。

( ´ー`)y―┛~~

ヤクルトはロマンがあるオンドルセクでバーネット、1回ずつ投げるとして考えれば勝負は6回までですねw そらきついw リトルリーグよりも短いぜw

ところで、こうなると明日の先発は菅野でしょうね。
プロ野球 - 2015年10月16日 ヤクルトvs.巨人 - スポーツナビ ヤクルトvs 巨人の試合結果。一球速報、セ・リーグ、パ・リーグの日程、順位、個人成績、プロ野球に関連した最新ニュース、写真ニュースなどの情報が満載な、スポーツナビ プロ野球サイトの結果ページです。

相手はタテヤマンです。というかw どっちも対戦防御率がおかしいなw 明日は乱打戦になるのか? そうなるとGは分が悪いなw 明後日はポレダで明々後日は誰が投げるんだろうか?
 


↓ポレダが投げて終わりだろ?w と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/14

【CSファイナルステージ】坂本の逆転ホームランがすべてを変えた!

はっきり言って、先制された時には負けを覚悟しましたけどね・・・
読売巨人軍公式サイト:10月14日 対ヤクルト1回戦・神 宮

読売巨人軍公式サイト:10月14日 対ヤクルト1回戦・神 宮

キャプテン坂本が逆転2ラン!CSファイナルステージを白星発進

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦。巨人先発の内海は四回にソロホームランで先制を許すも、直後の五回、坂本が逆転2ランホームランを放つ。六回には代打・アンダーソンの2点タイムリーヒットで突き放した。投手陣は3点のリードを田原誠、宮國、マシソン、山口、澤村の継投で守り抜き、4対1で試合終了。巨人はヤクルトのアドバンテージ1勝を含めて対戦成績を1勝1敗の五分とした。

 先発は巨人が内海、ヤクルトが石川。

 巨人打線は初回、井端の四球と阿部のヒットで二死一、二塁とするも、後続が凡退。二回にもヒットで走者を出したが後続が倒れる。四回に打線は阿部のヒットなどで二死満塁のチャンスをつくるも、後続に一本が出ず無得点に終わる。

 一方の内海は初回、四球と2本のヒットで一死満塁のピンチを背負うも、バレンティンを併殺に打ち取り、先制点を与えない。二、三回はともに走者を出すも後続を断ち、序盤を無失点に抑える。

 試合が動いたのは四回裏。内海が先頭の畠山に左翼にソロホームランを浴び、先制を許してしまう。

 しかし、五回、巨人打線がすぐさま反撃に出る。先頭の立岡がヒットで出塁すると、一死後、坂本が左翼席中段に飛び込む2ランホームランを放ち逆転。キャプテンの一発ですぐさま試合をひっくり返した。

 内海は五回、先頭打者にヒットを許すと、その後二死を取ったところで降板。内海は4回3分の2を投げ、1失点の内容だった。2番手の田原誠は山田を三振に打ち取った。

 六回、打線はこの回から登板したヤクルト2番手のロマンを攻め立てる。村田の死球、亀井のヒットで一、二塁に走者を置き、加藤が送りバントを決め一死二、三塁。ここで代打・アンダーソンが打った高いバウンドの打球は二塁手の頭上を越え、2点タイムリーヒットに。貴重な2点を追加し、ヤクルトを突き放す。

 六回裏は宮國が登板し三者凡退に抑える。だが七回、この回から登板したマシソンがヒットと四球で無死一、二塁のピンチを招き降板。火消し役として山口が登板し、後続を三人で抑え追撃を阻んだ。山口は八回も続投し、三者凡退に抑える好リリーフを見せた。

 九回は守護神・澤村がマウンドへ。澤村は二死から四球で走者を出すも、後続を断ち試合終了。好リリーフを見せた山口が勝利投手となった。

 4対1でクライマックスシリーズ・ファイナルステージ初戦を制した巨人は、ヤクルトのアドバンテージ1勝を含め、対戦成績を1勝1敗の五分とした。


完璧な一打でした。
文句なしの一打でした。

素晴らしいです。言うことなしです。

はっきり言って、村田のバントからのチャンスも内海は打てないのはしようがない。だからこその重い展開でしたが、まさに一振りで払拭する素晴らしい打撃でした。

はっきり言って、石川が先発する今日の試合、勝てるわけはないと思っていました。失礼しました。チャンスはあるもののいつものようにタイムリーが出ずに終わるんだよなと思っていました、失礼しました。

アンダーソン君のタイムリーにしても、内野が前進していたからこそのタイムリーとも言えますが、こういう試合は結果がずべて。素晴らしいです。

マシソンがちっとアレでしたけど、その後繋いだ投手がよく粘ってくれました。特に山口!素晴らしいです。

とは言え、まだイーブンになっただけ。
これからどうなるかは、選手次第!
 


↓内海で勝てたのは大きいな! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/13

【CSファーストステージ】暴走気味も結果良し!ネ申の2打点でGがファイナル進出を決めた!

いつもの僅差試合でしたけど、今日の投手陣はポレダを始めよく投げてくれましたね♪
読売巨人軍公式サイト:10月12日 対阪 神3回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:10月12日 対阪 神3回戦・東京ドーム

ポレダ好投、阿部2打点でCSファースト突破…いざ神宮へ

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの「2015 アットホーム クライマックスシリーズ セ ファーストステージ」3回戦。巨人は初回、先頭・立岡の三塁打と阿部の犠牲フライで1点を先制。さらに六回、立岡と坂本のヒットなどで一死一、三塁の好機を作ると、阿部のタイムリーヒットで1点を追加。さらに、相手のバッテリーミスの間に坂本が本塁に突入し、リードを3点に広げた。先発のポレダは七回途中まで3安打1失点の好投。後を受けたマシソン、澤村も無失点でつなぎ、3対1で勝利した。巨人はCSファーストステージを2勝1敗で突破。14日から神宮球場で行われるファイナルステージで、日本シリーズ進出をかけてヤクルトと対戦する。

 阪神先発は能見。

 巨人は初回、先制に成功する。先頭の立岡が能見の初球を叩くと、打球は右中間を深々と破る。立岡は一塁を回り、二塁を蹴ると、さらに加速して三塁へ。坂本の四球などで一死一、三塁とし、4番・阿部が犠牲フライを打ち上げて1点を先制した。

 一方、先発のポレダは今季東京ドームの阪神戦で3勝無敗の好相性。この試合でも四回まで一人のランナーも許さない完璧なピッチングを見せる。五回、先頭のゴメスに初ヒットとなる二塁打を打たれ、続くマートンにも内野安打を許して一、二塁とされるが、後続を2者連続三振と内野ゴロに抑えて切り抜けた。

 打線は二回、三回と先頭打者が出塁するものの、得点には結びつかない。四回、五回は三者凡退に終わった。しかし六回、阪神2番手の岩田からチャンスを作る。先頭・立岡のヒット、片岡の送りバント、坂本のヒットで一死一、三塁とすると、ここで4番・阿部が右翼へこの試合2打点目となるタイムリーヒットを放つ。さらに、暴投の間に坂本が本塁を陥れて3対0と突き放す。

 ポレダが七回、先頭の福留にソロホームランを浴びて1点を失うと、原監督はマウンドを2番手のマシソンに委ねる。マシソンは続くゴメス、マートンを連続三振、関本を右翼フライに打ち取り、反撃を許さない。

 マシソンは八回も三者凡退に抑え、九回は澤村がマウンドへ。澤村は一死二、三塁のピンチを作ったものの無失点で切り抜け、3対1で試合終了。巨人はファーストステージを2勝1敗で勝利し、リーグ優勝したヤクルトが待つ神宮球場でのファイナルステージへと駒を進めた。


今日も重い試合なんだろうなぁと思っていると、ポレダが完璧に抑えた。それはいいんだけど、打つほうがなぁと思っていると、なんと立岡が初球を右中間スリーベース!2試合続けて先頭打者がスリーベースってのは初めてなんじゃないですか?それくらい、驚いた一撃でしたね。

欲を言えば犠牲フライなら片岡が打って欲しかったのと、もちろんタイムリーが出たほうが勢いがついただろうなというところ。そこら辺がいまいち勢いがないチームに終わった理由でしょうね。

とにかく、最低でも犠牲フライ、最高でも犠牲フライ(汗 というスイングで食らいついて犠牲フライを打ってくれたネ申に感謝です。タイムリーも外の変化球に片手で食らいついたヒットでした。食らいつくという大事なことが大一番で出た試合になりましたね。これが主軸の意地だ!という感じに見えました。

で、冷静に見ると初回の立岡のサードへの走塁も、ダメ押しになった坂本の本塁生還も、一歩間違えば暴走でしたよね。特に坂本はよくセーフになりましたよ。よくみると長野が「こいこいこいこい♪」って手招きしてるしw ま、それがあったからということでもないでしょうけど、走った瞬間「あかーーーーーん!!!」って叫んでましたよ、心のなかで。

( ´ー`)y―┛~~

とにかくファースト突破おめでとう!
なんですが、明日からのファイナル。先発はいるんでしょうか?

内海、高木、大竹?次にやっとマイコラスでしょうか?3つ負ければ終わり。相手は万全の体勢でくる。シーズンであと2つ勝利を重ねていれば優勝だったのにと悔やんでもしようがない、あと4つ!
 


↓勝てるのか? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/11

【CSファーストステージ】菅野が2本のホームランで撃沈さる!

初回だけなんですが、初回だけで敗戦濃厚ってのはなぁ・・・
読売巨人軍公式サイト:10月11日 対阪 神2回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:10月11日 対阪 神2回戦・東京ドーム

アンダーソンのソロで追撃も一本が出ず…CS行方は第3戦に

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの「2015 アットホーム クライマックスシリーズ セ ファーストステージ」2回戦。巨人先発・菅野は初回、ゴメス、マートンに連続本塁打を許し3点を失う。打線はすかさずその裏、片岡の内野ゴロの間に1点を返すも、四回に菅野は自らの悪送球でさらに1点を失う。打線は毎回のように走者を出すが、阪神先発・メッセンジャーの前にあと一本が出ず、反撃は七回のアンダーソンのソロホームラン止まり。巨人は2対4で敗戦、対戦成績は1勝1敗となりCSファイナルステージ進出は明日の第3戦に持ち越しとなった。

 菅野は初回、先頭の鳥谷に四球を与える。その後二死は奪ったものの、ゴメスに低めの変化球を左中間スタンドへ運ばれ、2点を先制される。さらに続くマートンにも左翼へ一発を浴び、巨人は初回から3点のビハインドを追いかける形となった。

 打線もすぐに反撃を見せる。その裏、立岡が右中間を破る三塁打を放ち出塁を果たすと、続く片岡の三塁ゴロの間に、立岡が生還。巨人がすぐに1点を返した。
 
 二回、これ以上失点は許されない菅野だったが、先頭の江越に右翼線への二塁打を浴びる。内野ゴロの間に三塁まで進まれるも、メッセンジャーを三塁ゴロとして、三塁走者・江越を本塁タッチアウト。この回はなんとか無失点で踏ん張った。

 三回、巨人は一死から片岡、阿部にヒットが生まれ、二死一、三塁と反撃のチャンス。しかし、亀井は左翼フライに終わり、チャンスを生かすことができなかった。

 四回、菅野は一死から江越、藤井に連打を浴び、一死一、二塁とされる。ここでメッセンジャーの送りバントの処理で菅野が三塁に悪送球。この間に江越が生還し、巨人はさらに1点を失った。

 五回、菅野の打席で代打・堂上が送られる。堂上は四球を選ぶと、二死後、長野にヒットが生まれ、二死一、二塁。しかし、阿部が三塁ファウルフライに倒れ、反撃とはならなかった。菅野は結局、4回4失点での降板となった。

 七回、先頭の代打・アンダーソンが放った打球は左翼スタンド最前列に飛び込むソロホームランに。巨人は1点を返し、2点差と詰め寄る。

 菅野の後を受けた巨人救援陣は、八回、九回ともに得点圏に走者を背負う苦しい展開。それでも八回は田原誠、戸根、九回は戸根、マシソンとつなぎ、阪神打線に決定打を許さず、打線の反撃を待った。

 九回裏、なんとか同点に持ち込みたい巨人は、一死から代打・高橋由に右中間を破る二塁打が飛び出す。しかし、片岡が内野フライに倒れると、長野の二遊間への打球は二塁手・大和のファインプレーに阻まれ、試合終了。巨人は2対4で敗戦。ファーストシリーズは1勝1敗のタイとなり、勝負の行方は12日の第3戦に持ち込まれた。


メッセンジャー、今シーズンは調子が悪いようだったのにこの試合はいいときのメッセンジャーだったのでしょうか?それとも、ひん(ry

スコアブックを見ると、綺麗に各回にばらけていますねw 初回のチャンスがなぁ・・・。昨日猛打賞の井端が見逃し三振なので、メッセンジャーの気迫勝ちだったのかも?

ただ、菅野を繋いだ投手陣は好調だったようです。ということは、明日の先発次第ということでしょうか!

ポレダ VS 能見。

能見も今シーズンは調子が悪いようですが、まさかこの日のための三味線だった、なんてことはないでしょうね m9っ`Д´)
 


↓とにかく勝て! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【CSファーストステージ】まずは先勝!まさかの10回に4個の四球で押し出しサヨナラ!

前代未聞ですなぁ、多分空前絶後でしょうw
読売巨人軍公式サイト:10月10日 対阪 神1回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:10月10日 対阪 神1回戦・東京ドーム

サヨナラ押し出しでCSファイナルに王手、澤村が好救援

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの「2015 アットホーム クライマックスシリーズ セ ファーストステージ」1回戦。両チーム無得点で迎えた五回、巨人は先発のマイコラスのタイムリー二塁打で1点を先制。六回にも亀井のタイムリーヒットで追加点を挙げたが、直後の七回、好投のマイコラスが2点を失って、試合は振り出しに。山口、澤村のリリーフ陣が阪神打線を抑え、試合は延長戦に突入。延長十回、巨人は3つの四球で一死満塁のチャンスを作ると、代打・高橋由がサヨナラの押し出し四球を選び3対2で勝利。巨人がCSファイナルステージへ、王手をかけた。

 先発のマイコラスは、初回を三者凡退に抑える完璧な立ち上がりを見せた。

 その裏、巨人打線は先頭の立岡がヒットで出塁。片岡が送りバント決めて、得点圏にランナーを進めたが、後続は断たれ無得点。続く二回も、亀井の四球と井端のヒットで一死一、二塁のチャンスを作ったが、ここも後が続かず先制点を奪えなかった。

 マイコラスは三回こそ二死一、二塁のピンチを背負ったが、ここを抑えると、六回まで無失点の好投を続け、打線の援護を待った。

 五回裏、ついに巨人が阪神先発・藤浪をとらえる。先頭の井端がヒット、続く小林が送りバントを決めて一死二塁のチャンス。ここでマイコラスに右中間を破るタイムリー二塁打が飛び出し、巨人が1点を先制。マイコラスが自らのバットで、大事なゲームの先手をとった。

 続く六回も打線は攻撃の手を緩めず。一死から長野がヒットを放つと、藤浪の牽制球が逸れた間に長野は一気に三塁へ。思わぬ形で好機を広げると、亀井がピッチャー強襲のタイムリーヒットを放ち、2対0と阪神を突き放す。

 2点のリードをもらったマイコラスだが七回、福留、マートンの連打などで一死二、三塁のピンチを迎える。ここで梅野にタイムリーヒット、代打の西岡に犠牲フライを許し、2対2の同点とされ、試合は振り出しに戻った。
 
 マイコラスは7回2失点、リードは許さず、後をリリーフに託す。八回、2番手の山口が二死一、三塁とされたが、福留を遊撃ゴロでピンチを断ち切る。九回のマウンドは守護神・澤村が危なげなく無失点に抑えたが、その裏、打線は得点できず試合は延長戦に突入する。

 延長十回表、イニングをまたいだ澤村が三者凡退でぴしゃりと抑えると、その裏、巨人打線は先頭の坂本が四球、サヨナラのランナーが出たところで、阪神は4番手・高宮をマウンドへ。一死後、長野、亀井が連続の四球で、一死満塁とすると、原監督は代打に高橋由を送る。高橋由はフルカウントからの6球目を見送り、押し出しの四球。巨人はCSファーストステージ初戦を苦しみながらも3対2のサヨナラ勝ちで制し、ファイナルステージ進出に王手をかけた。11日に巨人が勝つか引き分けると、ファイナルステージ進出が決まる。


参戦していましたが、投手戦なのか貧打線なのか判断が難しい試合でした(爆

しかしマイコラスは打てますねぇ。藤浪の速球を右中間を破るツーベースなんて野手でもなかなか打てないでしょう。ってか、打てへんかったしw 実はマイコラスにバントかな?と思ったんですがね。サードにランナーが居るだけでいろんな得点パターンが生まれますからね。ヒット以外にも、ボークや暴投、牽制悪送球とかね♪

その後亀井のヒットで追加点。マイコラスなら2点でなんとかってのはそうは問屋が下ろしませんでしたね。しかし、そこで同点に留めたのが勝因になりました。

しかし、10回裏は不思議でしたね。「なんでオスンファンじゃないの?」ってのがまず不思議でしたけど、故障していたんですね。阪神はしんどいですねぇ。Gに勝ててもヤクルトがいるし、その先には(多分)ソフトバンクだしなぁ。苦しいですね。

( ´ー`)y―┛~~

ま、天才の押し出しってのは予想できましたよね。天才が代打に出て四球ってのは何度見ても♪♪♪
 


↓先勝は大きな! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/04

至宝、売却されたのか?

当然ですな
巨人セペダ 今季限り退団へ マイコラスら助っ投4人には残留要請へ (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

巨人セペダ 今季限り退団へ マイコラスら助っ投4人には残留要請へ (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

スポニチアネックス 10月3日(土)5時33分配信

 巨人のフレデリク・セペダ外野手(35)が今季限りで退団することが2日、分かった。キューバ政府が海外移籍を容認した初の選手として昨年4月に入団。だが、変化球中心の日本野球の配球に対応できず、昨季は52試合で打率・194、6本塁打、18打点。今季は20試合で21打数無安打に終わった。「巨人は伝統的な日本で一番、歴史のあるチーム。そこで野球ができるのはうれしい」と話していたが、2年で去ることになった。

【写真】5月6日の広島戦の3回無死二塁、フランシスコはベースカバーが遅れ送球をポロリ

 また、同じ野手で今季途中で加入したフランシスコは退団し、カステヤーノスは微妙。2年目のアンダーソンには残留要請する方針だ。投手ではチーム勝ち頭の13勝を挙げたマイコラスを筆頭に、ポレダ、マシソン、メンドーサに残留を要請する。ただ、マイコラスには大リーグの球団も熱視線を送っている。


セペダ、いくらいい人でも指導力があっても選手なんだからねぇ。

セペダとくればこの画像ですね。

まるっきりストライクでしょうw
まったくのストライクでしょうw

ということで、フランシスコという芸人とセペダという至宝、カスティヤーのという謎の外人が粛清されましたね。

アンダーソン君とポレダ、マイコラスは当然です。メンドーサは謎ですが、将来性を見て残留なんでしょう。

祖国に帰って頑張って欲しいですね。
 


↓空々しいんだが・・・ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開幕143戦目】最終戦は勝利しましたが、大味な試合でしたね

とにかく、終盤に三連勝して締めくくりました。この勢いを維持していくしか無いでしょうね
読売巨人軍公式サイト:10月4日 対ヤクルト25回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:10月4日 対ヤクルト25回戦・東京ドーム

内海快投、長野3ラン!ヤクルトに快勝で全日程終了

 今シーズン最終戦となった東京ヤクルトスワローズとの25回戦。巨人は三回に井端、坂本の連続タイムリー、長野の3ランホームランが飛び出し、5点を先制する。投げては8月19日以来の登板となった先発・内海がヤクルト打線を5回無失点に抑えた。巨人打線は七回にも爆発。片岡の3点タイムリー二塁打などで5点を加え、10対2で完勝。巨人は3連勝でシーズンを終え、10日から始まるクライマックスシリーズに弾みをつけた。

 ヤクルト先発は山中。

 内海は初回、好調ヤクルト上位打線を三者凡退に抑え、上々のスタートを切る。

 打線は二回、一死から長野が中堅へヒット。ここで長野が好走塁を見せ、一気に二塁を陥れるも、亀井、村田が凡打に倒れ、先制とはいかなかった。

 三回、先頭の小林がヒットを放つと、一死後、立岡もヒットで一死一、二塁。ここで井端、坂本に連続タイムリーヒットが飛び出し、巨人が2点を先行した。さらに二死後、長野が高めの球を捉えると、打球は右翼スタンドギリギリに飛び込む3ランホームラン。打線が内海に合計5点の援護をプレゼントした。

 援護をもらった内海は、安定した投球を見せ続ける。三回、四回と走者を許すが、後続を打たせて取り、得点圏に走者を進ませない。内海は5回まで無失点に抑え、マウンドを降りた。

 六回に二番手・宮國が山田に2ランホームランを許し、3点差に縮められたが、七回、打線が大爆発。アンダーソン、井端に連打が飛び出すと、二死後長野が四球を選び、満塁。ここで亀井が左翼へはじき返し1点を追加。さらに片岡が左中間へ走者一掃の3点タイムリー2塁打を放つ。続く小林にもタイムリーヒットが飛び出し、この回一挙5点を追加した。

 大量リードした巨人は、八回から惜しげもなく勝ちパターンの救援陣を投入。八回は山口とマシソン、九回は守護神・澤村が登板。澤村は一死から雄平に二塁打を許したが後続を打ち取り、10対2で試合終了。内海は8月12日以来の2勝目を挙げ、巨人はヤクルト戦を13勝12敗で勝ち越した。

 巨人は75勝67敗1分の2位でシーズンを終了。3年ぶりの日本一を目指し、10日からクライマックスシリーズのファーストステージを東京ドームで戦う。


五得点、五得点の十得点。

タイムリー、タイムリー、3ラン。
タイムリー、満塁一掃タイムリー、タイムリー。

なんだかねぇ、ヤクルト投手陣に試されているような、そんないやらしい感じがしましたけどねぇ。片やGは勝ちパターンの投手を正直に投入して完勝。主軸の二人が居ないヤクルト打線、できれば内海にもう少し投げてもらいたかった。自分にとっても自信になっただろうし。

( ´ー`)y―┛~~

さて、CSの3位争いは厳しくなってきていますね。広島頑張れ♪、阪神頑張れ♪

( ´ー`)y―┛~~

CSファーストステージはおいとくとして、ファイナルはどうか?先発は?

菅野、マイコラス、ポレダ、高木、大竹かなぁ?後ろの二人が微妙なんだけど。ここに内海とか杉内とか居てくれると心強いんだけどな。どうかな?
 


↓さいは振られた と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧