« 【開幕141戦目】マイコラスが新記録の連勝で追撃も、ヤクルト優勝が決定! | トップページ | 【開幕143戦目】最終戦は勝利しましたが、大味な試合でしたね »

2015/10/04

【開幕142戦目】なんと・・・、高木京投手がプロ初勝利に・・・

貴重な記録が途絶えてしまいましたねぇ・・・
読売巨人軍公式サイト:10月3日 対DeNA25回戦・横 浜

読売巨人軍公式サイト:10月3日 対DeNA25回戦・横 浜

DeNAに打ち勝ち連勝 救援の高木京が今季初勝利

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの最終25回戦。試合は打撃戦となったが巨人が終始リードを保った。二回に亀井が先制タイムリーヒットを放つと、三回には片岡、長野のタイムリーヒットなどで3点。四回には1点差に迫られたが、五回には寺内、六回にはアンダーソンがタイムリーヒットを放つと、八回には加藤が犠牲フライを放ち、12安打7得点。ホームラン3本などで追撃したDeNAを振り切り7対5で勝利した。両軍合わせて22安打、出場選手40人の総力戦を制し連勝を飾った。また、一打同点のピンチをしのいだ高木京が今季初勝利、宮國がプロ初セーブとなった。

 先発は巨人が大竹、DeNAが三浦。

 大竹は初回、二死からヒットを浴びるも、好返球に助けられ三人で仕留める。二回には三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せた。

 初回に三者凡退を喫した打線は二回、先頭の阿部が四球を選び出塁。長野の内野ゴロで走者が入れ替わると、長野がすかさず二盗を決め、一死二塁のチャンスをつくる。そして、亀井が左翼にタイムリーヒットを放ち先制点を手にした。
 さらに三回、一死から立岡がヒットで出塁すると、相手のけん制返球ミスで二進。一死二塁。続く片岡が左中間へフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち1点を追加する。巨人打線は攻撃の手を緩めず、坂本がヒットと盗塁で一死二、三塁にチャンスを広げると、阿部の内野ゴロで片岡が生還。さらに、二死三塁で長野が二遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち、この回3点を追加した。

 4点の援護をもらった大竹だったが四回、先頭の石川にヒットを許すと、続く梶谷に2ランホームランを浴び2点を返される。さらに1死後、4連打を浴び1点差に詰め寄られたところでマウンドを降りた。二死一、三塁の場面で高木京が登板し、後続を内野ゴロに仕留めて窮地をしのいだ。

 4対3と詰め寄られた打線は五回、再び突き放しに掛かる。先頭の村田が左中間への二塁打で出塁すると、アンダーソンの内野ゴロで三塁に進み一死三塁。そして、寺内が右翼にタイムリーヒットを放ち1点を追加した。
 六回には長野と加藤のヒット、村田の四球で二死満塁とすると、アンダーソンが右翼にタイムリーヒットを放ち、この回も1点を追加した。

 四回の途中から登板した高木京は五回を三者凡退に抑える。六回には筒香からソロホームランを被弾するも、後続を断ち、2回1/3を1失点と好投した。
 七回からは田原誠が登板。四球を出すも、ヒットを許さず無失点に抑える好リリーフを見せた。

 打線は七回、三者凡退に倒れるが、八回に再び攻勢に出る。先頭の亀井が四球を選ぶと、代打・堂上がヒットで続き一死一、三塁にチャンスを広げる。そして、加藤の犠牲フライで亀井の代走・鈴木尚が生還し、7点目。

 八回、戸根が4番手として登板するが筒香に2打席連続のソロホームランを浴び降板。宮國がマウンドへ。宮國は後続にヒットを許さず、DeNA打線の追撃を阻んだ。

 九回、打線は三者凡退に終わり、2点差のまま九回裏へ。マウンドには引き続き宮國が登板する。宮國は先頭の代打・荒波に二塁打を許すも、その後、三人で打ち取り試合終了。両軍合わせて22安打の打撃戦を7対5で制し、DeNAに連勝した。
また、高木京が今季初勝利、宮國はプロ初セーブを飾った。


途中までは楽勝ペースの雰囲気でしたけど、ポカスカとホームランを打たれてしまい少々難しい試合になってしまいました。それにしても筒香にソロだけでよかったね、と。

投手のリレーが不思議なんですよね。

大竹、高木京、田原、宮國。

どこが?っていう話なんですけど、流れで考えれば宮国続投ではなくて当然モヒカンでしょう?そこがよくわからないんですよね。

まぁ、その御蔭で宮国にはプロ初セーブはいいんですが、高木京・・・ orz

せっかくプロ入り勝敗がつかないという記録を続けていたのに途切れてしまいました。

高木京介 - Wikipedia

高木京介 - Wikipedia

-- 前略 --

2015年5月14日の広島東洋カープ戦で、逆転を許したマイルズ・マイコラスの後の二番手として中継ぎ登板。2イニングを抑えた後、自身の打順で代打が送られたことでプロ一軍戦初登板から117試合連続負け投手無しの日本プロ野球新記録を更新した(前任者は桟原将司が持っていた116試合)。

-- 後略 --


5月14日で記録更新ということですので、その後も順調に記録が更新されていたのに・・・。残念です。

( ´ー`)y―┛~~

なんでもいいけど、もう結婚してるのね♪
 


↓一体何の記事なんだよ! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 【開幕141戦目】マイコラスが新記録の連勝で追撃も、ヤクルト優勝が決定! | トップページ | 【開幕143戦目】最終戦は勝利しましたが、大味な試合でしたね »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕142戦目】なんと・・・、高木京投手がプロ初勝利に・・・:

« 【開幕141戦目】マイコラスが新記録の連勝で追撃も、ヤクルト優勝が決定! | トップページ | 【開幕143戦目】最終戦は勝利しましたが、大味な試合でしたね »