« 【開幕139戦目】菅野は今季ヤクルト戦全敗・・・、ついにマジック点灯を許す・・・ | トップページ | なんと、護衛艦がチョロQになったぞ♪ »

2015/09/28

【開幕140戦目】トラにも負けてマジックは1に・・・

まぁ、ここまでくれば負け続けるというのも礼儀なのかもしれません
読売巨人軍公式サイト:9月28日 対阪 神25回戦・甲子園

読売巨人軍公式サイト:9月28日 対阪 神25回戦・甲子園

亀井が3安打も、終盤あと一本が出ず完封負け

 甲子園球場で行われた阪神タイガースとの今季最終戦。巨人先発のポレダは立ち上がりを攻められ、2点のリードを許すが、二回以降は投手陣が無失点に抑えて援護を待った。一方の打線は阪神先発・藤浪に苦戦。亀井が3安打を放ち、九回二死二、三塁など終盤にチャンスを再三作ったがホームが遠く、藤浪の前に0対2で完封負けを喫した。この日、首位ヤクルトが勝ったため、優勝へのマジックを「1」とされた。

 初回、巨人は藤浪を攻め立て、片岡、阿部のヒットで二死一、三塁のチャンスを作る。しかし、長野が空振り三振に倒れ、先制とはならなかった。

 その裏、ポレダも立ち上がりを攻められ、ヒットと暴投などでいきなり一死三塁のピンチ。ここでマートンのタイムリーヒットで先制されると、内野ゴロの間にも失点し、初回から2点のリードを許した。

 ポレダはランナーを背負いながらも、粘りのピッチングを見せて二回から五回まで無失点に抑え、六回からはリリーフを投入。2番手・宮國は六回二死一、二塁のピンチを断ち切り、追加点を許さなかった。

 一方、巨人打線は藤浪をとらえられず、二回から六回まで打者3人で攻撃を終えた。再び好機を迎えたのは七回。二死から長野の四球、亀井のこの日3本目のヒットで得点圏にランナーを進める。この場面で原監督は岡本に代打・アンダーソンを送ったが、二塁ゴロに倒れた。

 七回は戸根がワンポイントの起用に応え、一死から田原誠も好投し三者凡退。八回、田原誠は二死から満塁のピンチを迎えたが、藤浪を空振り三振に斬ってとり、九回の反撃を待った。

 2点ビハインドのまま迎えた九回表。反撃したい打線は、一死から長野が左中間を破る二塁打を放つ。二死後、代打・高橋由がヒットでつなぎ、一、三塁。一塁ランナーの代走・鈴木尚が二盗を決め、同点のランナーを二塁に置いたが、ここで大田は投ゴロに倒れ0対2で試合終了となった。

 巨人は阪神を上回るヒット8本を放ちながらも、打線にあと1本が出ず、藤浪に完封負けを喫した。この日、首位ヤクルトが勝ったため、リーグ優勝へのマジックを「1」に減らされてしまった。


藤浪にくるっとやられたのでしょうか、中継を観ていないのでなんとも言えません。

ポレダは初回に2失点、それだけでしたね。その後も少しランナーを出すものの、粘りましたね。それ以降も投手は粘っているんですが、いかんせん、打線がw

ここに来て立岡と坂本の二人が調子が落ちています。これは痛い。出る人と決める人が不調では、そらー得点も減りますわw 我がタカヒロも盗塁は決めてくれましたが・・・。

ついにマジックは1。
ヤクルトファンの皆さん、おめでとうございます♪
 


↓最後まで打線だなぁ・・・ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 【開幕139戦目】菅野は今季ヤクルト戦全敗・・・、ついにマジック点灯を許す・・・ | トップページ | なんと、護衛艦がチョロQになったぞ♪ »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕140戦目】トラにも負けてマジックは1に・・・:

« 【開幕139戦目】菅野は今季ヤクルト戦全敗・・・、ついにマジック点灯を許す・・・ | トップページ | なんと、護衛艦がチョロQになったぞ♪ »