« 大仏建立よりも、まずは元号を変えるべきではないか by 菅直人 | トップページ | 【開幕131戦目】マイコラスの投打の活躍でなんとか一矢! »

2015/09/15

【開幕130戦目】0点では勝てるわけはない

坂本のエラーが決勝点になってしまいましたが、そういうことではないでしょうね・・・
読売巨人軍公式サイト:9月15日 対広 島24回戦・マツダ

読売巨人軍公式サイト:9月15日 対広 島24回戦・マツダ

菅野7回1失点の好投も…打線が応えられず手痛い一敗

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの24回戦。巨人先発・菅野は二回、二死一、三塁のピンチを招くと、ここで坂本が遊撃ゴロをエラー、先制点を奪われる。巨人打線は、広島先発・ジョンソンをなかなかとらえられず、八回に、連打で一死一、三塁のチャンスをつくるも、後続が打ち取られ得点できなかった。結局、巨人打線は相性の悪いジョンソンを打ち崩せず、完封負けを喫した。巨人と4位・広島とのゲーム差は1.5に縮まった。

 広島先発は、セ・リーグ防御率1位のジョンソン。巨人は同3位の菅野。

 菅野は初回を無失点でしのぐが、二回に四球とヒットなどで二死一、三塁のピンチを招く。ここで石原を遊撃ゴロに打ち取るが、この打球を坂本がエラー。その間に三塁走者が生還し、先制を許す。

 一方、ジョンソンの前に二回まで完璧に抑えられた巨人打線。三回、投手の菅野が9球粘った末に、10球目をとらえ左翼線に弾き返す。これがチーム初ヒットとなり、二死二塁の好機をつくる。しかし、続く立岡は初球を打って捕ゴロに倒れ、得点には結び付かなかった。四回にも、二死から阿部がヒットで出塁するが、後続が抑えられ無得点に終わる。

 三回以降、菅野は圧巻の投球を見せる。六回までの4イニングを全て三者凡退、8つの内野ゴロの山を築く。

 七回、先頭の坂本がヒットを放ち、この日初めて先頭打者が出塁する。しかし一死後、長野は遊撃併殺打に打ち取られてしまい、ジョンソンを打ち崩すことはできなかった。

 八回、球数が100球に近づいてきたジョンソンからようやく好機をつくる。一死から、大田がヘッドスライディングで一塁に滑り込む気迫を見せ、内野安打で出塁。8番・小林も続き、この日初めて三塁に走者を進める。ここで原監督は好投していた菅野の降板を決断。岡本を代打に、一塁代走に鈴木尚を送り出す。しかし、岡本は二塁併殺打に倒れチャンスを生かせずに終わった。

 その裏、マシソンが2番手として登板。一死から四球を出すものの、後続を抑え味方の反撃に望みをつないだ。

 広島の九回のマウンドには中崎。巨人は一死から高橋由を代打で起用。しかし、空振り三振に終わり、続く坂本も遊撃ゴロに打ち取られ、試合終了。巨人は接戦を落とし、広島との対戦成績は9勝15敗となった。菅野は7回2安打1失点の投球内容ながら、10敗目を喫した。


ジョンソンが打てませんなぁ。23イニング無得点ってことなので、今日は8回を投げましたから残るは15回。どうでもいいけど、打ててない。初物とかそういう話でもない。

チャンスは8回だけと言っていいでしょう。代打は当然でしたけど、岡本?そこは天才じゃないのかと思いましたけど、左対左とか、そういう配慮があったんでしょうね(謎

( ´ー`)y―┛~~

結果的には坂本のエラーのみでしたけど、ジョンソンを打てない野手全員の課題ですね。大田の内野安打、小林のヒットの場面が一番盛り上がりました♪

代走にタカヒロも出てきましたしね。今から思えば、タカヒロが盗塁していれば併殺はなかったなというところくらいです。打った球も少し高めに抜けたようなものでしたので、ちょっと想定とは違う球だったようですね。惜しかったです。

それにしても岡本は凡退を恐れていませんね。これぞ打者の心意気でしょう。頼もしい限りです。
 


↓ってことで優勝は無理やなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 大仏建立よりも、まずは元号を変えるべきではないか by 菅直人 | トップページ | 【開幕131戦目】マイコラスの投打の活躍でなんとか一矢! »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕130戦目】0点では勝てるわけはない:

« 大仏建立よりも、まずは元号を変えるべきではないか by 菅直人 | トップページ | 【開幕131戦目】マイコラスの投打の活躍でなんとか一矢! »