« 韓国の飲食店、残飯も生ごみも似たようなもんですが・・・ | トップページ | 祝♪♪♪ 100万ヒット達成♪♪♪ »

2015/08/21

支那の危険物管理というか、こういうのを読むと文明国ではないなとしか言いようがありませんね

火気厳禁ってまず教わるんじゃないのかな?
ガス漏れを火のついたマッチで調べる中国:日経ビジネスオンライン

ガス漏れを火のついたマッチで調べる中国:日経ビジネスオンライン

危険物の安全軽視は天津の倉庫だけではない

山田 泰司
2015年8月20日(木)

-- 中略 --

根拠のない安全神話

 「これは大変なところに来てしまった」。水道・ガス・電気工事のベテランだという男の行動を目の当たりにして、私は自分の体が小刻みに震え出したのを感じていた。

 時は1988年、所は中国内陸部の山西省太原市にある大学。日本語を教えるためこの大学に赴任したばかりの日本人夫婦が、自炊用にプロパンガスを手配した。「ガスが来たら夕食をご馳走するから」という誘いを受け、私も彼らの部屋でボンベの到着を待っていた。

 ほどなくして、ボンベを担いで男がやってきた。大学の用務員だという。ところが、コンロとボンベをつなぐゴムのチューブを見るとヒビだらけで、相当の年季が入っている。不安に思って、「ガス漏れしないかな? 新しいのに換えてもらえない?」と尋ねると、男はシャツの胸ポケットからマッチを取り出し、1本擦って火をつけた。そしてボンベの元栓を開けると、おもむろに火のついたマッチをゴム管に近付け、ボンベにつないだ根元から管に沿ってゆっくりゆっくりと動かし始めたではないか。

 「ヒャッ!」「ウオッ!」と小さな悲鳴を上げて思わず後ずさりする我々。男は、そんな私たちを面白そうに眺めながら、「ほれほれ、爆発しないだろ。大丈夫だよ」と歯を見せてニタニタと笑った。

 ガス漏れの有無の調べ方などその時の私は知らず、あとで調べると石けん水をゴム管本体やボンベ、コンロとの継ぎ目に塗り、元栓を開けて泡が立つかどうかを見るのが一般的だということを知った。しかし、火のついたマッチでガス漏れを調べることが、常識外れだということぐらいは考えなくても分かる。

 大学構内の細々としたメンテナンスを一手に引き受けているというその用務員がその時点で生きていたということは、マッチを使ったガス漏れ検査で幸いなことに深刻な爆発事故に遭遇したことがないことの証。ただ、改めて書くのも疲労を覚えるが、一度でも爆発が起きたら一巻の終わりなのだ。それでもあえてその手法を使うのは、「ガス漏れなどしていないし、爆発もしない」と高をくくっているからなのだろう。当然、そこには何の根拠もない。

-- 後略 --


ガス漏れ検査にマッチって、どんだけwww
マッチ一本火事の素どころか、爆発の素なんですけどwww

以前読んだ「台湾人と日本精神(リップンチェンシン)」に、戦後台湾に来た支那人が水道の蛇口を見て蛇口を買って家の壁に無理やり差し込み、水が出てこないと苦情を言ったというのを思い出しましたが、水道というものを知らなかったので無理は無いとして、このプロパンガスのガス漏れにマッチは危険という知識くらいはいくら未開の地の支那でも持っていると思うのですが・・・。

( ´ー`)y―┛~~

支那で生活するのは文字通り、命がけですね。どこで何が原因で爆発が起こるのか予測もできません。
 


↓テロもあるしなぁ・・・ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 韓国の飲食店、残飯も生ごみも似たようなもんですが・・・ | トップページ | 祝♪♪♪ 100万ヒット達成♪♪♪ »

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/62128815

この記事へのトラックバック一覧です: 支那の危険物管理というか、こういうのを読むと文明国ではないなとしか言いようがありませんね:

« 韓国の飲食店、残飯も生ごみも似たようなもんですが・・・ | トップページ | 祝♪♪♪ 100万ヒット達成♪♪♪ »