« 千葉市の「西千葉稲荷大明神」で放火や器物破損? | トップページ | まさに「命を張ったコント」ですな、韓国人はコントの才能が半端ないですw »

2015/08/08

【開幕103戦目】高木はこれで好投なのか?

高木はこれで好投なのか?
高木はこれで好投なのか?

結果は二点に抑えているけれど、同点に追いついたあとに、ぽかんと打たれる。中日戦もそうだった。なかなか勝ちがつかないのもその辺かもな。

もちろん、打線がクソってるのはその通り。最後の四番五番は最悪だ。見送り三振と当てただけのセカンドゴロ。最悪や。

※ 以下 8/13 追記

読売巨人軍公式サイト:8月8日 対広 島19回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:8月8日 対広 島19回戦・東京ドーム

小林、同点ソロも…主軸が高木勇を援護できず3連敗

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの19回戦。試合は高木勇と前田の息詰まる投手戦となった。巨人は三回に1点を先制されたが、五回に小林のソロホームランで追いつく。粘りの投球を見せた高木勇だったが、八回、松山にバックスクリーン左にホームランを浴び、勝ち越しを許した。巨人は九回に1、2番でチャンスを作ったがクリーンアップにあと一本が出ず1対2で敗れ、3連敗となった。

 初回、高木勇は広島上位打線を三者凡退に斬って取り、上々のスタートを切る。

 その裏、打線は先頭の立岡が内野安打で出塁。すかさず送りバントを決め、一死二塁とするも、坂本、長野が走者を帰すことはできなかった。

 試合が動いたのは三回。高木はヒットと四球で二死一、二塁とされると、松山にライト線へ先制タイムリー二塁打を許す。続く打者に四球を与え、二死満塁とされるも、一塁けん制タッチアウトでピンチを脱する。

 打線は前田に四回まで立岡の内野安打2本に抑え込まれる。それでも五回、二死から小林が低めの球をすくい上げると、打球は左翼スタンドに飛び込む同点ホームランに。巨人が試合を振り出しに戻した。

 六回の無死二塁のピンチを乗り切るなど、粘りの投球を見せた高木勇だったが、八回一死から松山にバックスクリーン左にソロホームランを許す。痛恨の一発を浴び、終盤でリードを奪われた。高木勇は8回を投げきり2失点。試合は十分に作ったものの、援護に恵まれなかった。

 打線は前田と2番手・大瀬良の前に苦しむが、九回、広島守護神・中崎から先頭の立岡がヒットを放つ。送りバントと四球で一死一、二塁として中崎を攻め立てるも、長野、阿部が凡退し、1対2で敗戦。巨人は広島に連敗を喫し、前カードから続く連敗は3に伸びた。


結果だけを見れば好投、2点に抑えたやん?っていう投球ですが、いまいちチームの流れというか試合の流れを止めてしまうような結果が多いように感じます。

まぁ打線が悪いのは当然のこととしてありますけど。5安打ではなかなか勝てないでしょう。四球も一つだけだし。

( ´ー`)y―┛~~

しかし、立岡はずっと調子がいいですね。今日も一人猛打賞!っていうか一人マルチだし、一番打者の役目は十二分に果たしていますね。足も速いし、あとは守備でしょうか。もともと外野じゃないし、でも外野で起用され続けているしねぇ。頑張って欲しい。
 


↓こんなチームが優勝しちゃーあかんやろw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 千葉市の「西千葉稲荷大明神」で放火や器物破損? | トップページ | まさに「命を張ったコント」ですな、韓国人はコントの才能が半端ないですw »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕103戦目】高木はこれで好投なのか?:

« 千葉市の「西千葉稲荷大明神」で放火や器物破損? | トップページ | まさに「命を張ったコント」ですな、韓国人はコントの才能が半端ないですw »