« 人口さえ正確に調べられないのに、経済の指標など統計取れるわけがない | トップページ | 【開幕102戦目】投手が粘っても、打てなければ勝てるわけもない »

2015/08/13

【開幕101戦目】菅野が粘れなければ、勝てるわけもない

それにしても、安牌とも思えたデニングに2ランとは驚きましたが・・・
読売巨人軍公式サイト:8月6日 対ヤクルト16回戦・神 宮

読売巨人軍公式サイト:8月6日 対ヤクルト16回戦・神 宮

坂本、長野の連続弾で逆転も…菅野が粘れず連勝ストップ

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの16回戦。巨人先発の菅野は立ち上がりを攻められ、序盤で2点を失うが、五回、菅野が自身のタイムリー三塁打で1点を返す。六回には坂本、長野の連続ホームランで逆転に成功する。しかしその裏、菅野がデニングに再逆転となる2ランホームランを浴びると、八回にリリーフ陣が追加点を許す。九回は代打攻勢で勝負に出たが及ばず3対5で敗れ、巨人の連勝は2でストップした。

 先発は巨人が菅野、ヤクルトは石川。

 菅野は序盤、コントロールが定まらない不安定な立ち上がり。初回に連打で一死一、三塁とされると、畠山にタイムリーヒットを浴び先制を許してしまう。続く二回には二死一、三塁のピンチで川端にタイムリー二塁打を許し追加点。早々と2点の先行を許す展開となる。巨人打線は三回まで毎回走者を出すもホームが遠く、石川の前に反撃の糸口をつかめない。

 反撃に出たのは五回。先頭の井端が二塁打を放ちこの試合初のチャンスをつくる。二死後、菅野が右中間を深々と破るタイムリー三塁打を放ち1点を返す。菅野はプロ入り初の三塁打、今季初打点となった。

 自ら打点を挙げた菅野は、投球面でも持ち直す。四、五回を三者凡退に抑え、ヤクルト打線に追加点を許さない。

 打線は六回、再び石川をとらえる。一死から3試合ぶりにスタメン復帰した坂本が左翼席に叩き込むソロホームランを放ち、同点。続く長野も右翼に2夜連続となるソロホームランを放ち、勝ち越し。2者連続ホームランで逆転に成功した。 

 だが直後の六回裏、菅野は四球で走者を出すと、デニングに再逆転となる2ランホームランを浴び、再びリードを許してしまう。菅野はその後、ヒットで走者を出したところで降板。2番手の戸根は左翼・松本哲のファインプレーもあり、見事に火消しに成功した。

 戸根から七回途中、笠原につないだ投手陣だったが、八回、4番手の高木京が代打の代打・田中浩に手痛いタイムリーヒットを浴び、2点差とされてしまう。

 3対5で迎えた九回、巨人はヤクルト守護神バーネットから先頭の村田と代打・高橋由の連打で無死一、二塁のチャンスをつくる。一発が出れば逆転の場面で、代打は阿部。しかし二塁ゴロ併殺に倒れ、続く堂上が空振り三振で試合終了。3対5で敗れた巨人の連勝は2で止まった。


得点が・・・という話は余りしたくないものの、投手菅野の三塁打で1点、坂本と長野のソロ2本で2点。打線が機能していませんねぇ。

抑えのエースが出てきたところで連打でチャンスって言うけれど、相手も抑えのエースなんだからそうそう連打は続かないでしょう。ノーアウトだったものの併殺と三振でランナーさえ進めることも出来ず。

リリーフも負けている試合なので笠原と新高木でしたけど、こちらも粘れませんでしたね。今の打線では投手が粘れないと勝てません。しかしながら、3点取られたら負けるっていうのはめちゃくちゃなプレッシャーですよね。しかも一過性のものではなく、今シーズンずっとですからね。このオフはしっかり心身ともに休まないと来シーズンがとんでもないことになりそうです ><
 


↓ネ申、落としたほうがいいのではないか? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 人口さえ正確に調べられないのに、経済の指標など統計取れるわけがない | トップページ | 【開幕102戦目】投手が粘っても、打てなければ勝てるわけもない »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕101戦目】菅野が粘れなければ、勝てるわけもない:

« 人口さえ正確に調べられないのに、経済の指標など統計取れるわけがない | トップページ | 【開幕102戦目】投手が粘っても、打てなければ勝てるわけもない »