« 民主党の有田議員、素性を明かすのはもう少し後にしないとw | トップページ | 【開幕95戦目&悲報】タカヒロ、プロ初サヨナラヒット!でも、0点に抑えていた菅野には勝ちがつかず・・・ »

2015/07/30

昭和天皇の野球観戦は例の天覧試合だけかと思っていましたが、高校野球もご覧になっていらっしゃったんですね

全く知りませんでした
蛭間豊章記者の「Baseball inside」 : 【高校野球100年】第1回 昭和天皇初の野球観戦は和歌山中の紅白戦だった

蛭間豊章記者の「Baseball inside」 : 【高校野球100年】第1回 昭和天皇初の野球観戦は和歌山中の紅白戦だった

 8月6日に開幕する全国高校野球選手権大会は、今年で100周年。これまでどんな歴史を刻んできたのでしょうか。スポーツ報知のコラム「ヒルマニア」でおなじみの蛭間豊章記者が、全7回の連載でひもときます。これさえ読めばあなたも高校野球通。第1回(1915~45年)では、大正から戦前の強豪校、和歌山中(現桐蔭)をクローズアップします。

 JR和歌山駅から車で10分。多くの寺が並ぶ一角に、桐蔭高(旧和歌山中)がある。正門をくぐって校舎を抜けた先。野球グラウンドには、改修したものの今もコンクリート製の古びたスタンドが残っている。93年前の大正11年(1922年)12月2日。この野球場で、後の昭和天皇(当時は皇太子)が、同校の現役とOBによる紅白戦を観戦された。詰めかけた観客は5000人にのぼった。3―1でOBが勝利。寒さも忘れるほどの白熱した試合だったに違いない。

 明治5年(1872年)、米国人教師ホーレス・ウィルソンによって伝えられたとされる野球。一高(現東大)から都内の私学、そして全国の師範学校へと伝えられ、大正に入ると中等野球の人気も高まっていった。そして大正4年(1915年)、豊中グラウンドへの誘致を目指す箕面有馬電鉄(現阪急)と、大阪朝日新聞社の思惑が一致して「全国優勝野球大会 各地代表中等学校選手権仕合」(当時の表記)が始まった。参加校は全国でわずか73校。10地区の代表校が、仮設スタンド、外野はロープを張っただけという、まるで草野球のような場所だった。それでも人気が高まり、今度は阪神電鉄が第3回大会から鳴尾競馬場内に野球場を設置して誘致。その初大会では敗者復活制で愛知一中(現旭丘高)が初戦敗退から勝ち上がって優勝。同制度はわずか1年限りで終了。翌年は全国規模の“米騒動”で代表14校が大阪に勢揃いしたものの中止となったが、その後は大会が関西の風物詩となって、会場に人があふれ、大正13年(1924年)には甲子園球場が完成されることになる。

 当時の中等野球は、和歌山中なしでは語れない。第7回大会(大正10年=21年)は予選3試合で82得点し失点はわずか1。本大会は4試合で75得点、失点7。全試合16得点以上の圧勝だった。米国から専門書を取り寄せてドロップを研究した北島好次がエースだった。翌年は遊撃から投手に転向した井口新次郎を中心に、初の連覇を達成した。 この直後、同校は先輩選手とともに中国の青島に遠征。そして、冬に同校で行われたのが、冒頭の台覧試合だ。皇太子は四国で陸軍演習を視察された後に和歌山入り。学校側は当時の金額で約1万円(いまの価値なら約5000万円)をかけてスタンドなどを突貫工事で完成させ、出迎えた。その様子は、当時の在校生が書いた「皇太子殿下奉迎感想文」=写真=に残っている。昭和天皇が野球を観戦されたのはこれが最初。その後、東京六大学、都市対抗、そしてプロ野球の天覧試合(59年)へとつながった。

 大正13年(24年)には同校の活躍がきっかけで選抜大会がスタート。和歌山中は昭和2年の第4回の優勝校となり、特典で夏休みに米国へ初遠征した。その間、夏の地区予選に控え選手のチームが出場して優勝し本大会に出場。改めて同校の強さを物語った。戦後の昭和21、23年の夏の本大会に出場した同校OB会顧問で和歌山市で暮らす松島正治さん(83)は「(戦前を知る)我々の時代は皆がWの文字が入ったユニホームをあこがれました。OBが多くて、ベンチに先輩の顔写真を並べていたんです」と往事を思い出していた。

 昭和に入ると全国的に「和中に追いつき追い越せ」と夏3連覇を果たした中京商を始め、広島商、松山商、高松商、岐阜商、松本商など野球に力を入れる商業校が続出し、野球黄金時代が訪れた。和歌山県内でも、同じ和歌山市にある海草中(現向陽)が、快腕・嶋清一、真田重蔵の2大エースで昭和14、15年(39、40年)と夏の選手権で2連覇を飾った。ところが、野球の隆盛に水をかけるかのように、戦争の道を突き進んだ影響で中等野球も戦争の流れに押し流されて中断された上、元球児も数多く戦地に赴き犠牲になった。(7月30日付スポーツ報知紙面より)

-- 後略 --


控えの選手が出場した予選で優勝とか、なんなんですかね?
まるで、キャプテンの青葉学園のようなチームだったんでしょうか?

当時の中等野球は、和歌山中なしでは語れない

嬉しい一節ですね。
天覧試合があっただけでもうれしいのに、こんなことまで♪

なんかこう、背筋がぴんと伸びるような、そんな嬉しい逸話ですね。
 


↓今も強いぞ、和歌山県! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 民主党の有田議員、素性を明かすのはもう少し後にしないとw | トップページ | 【開幕95戦目&悲報】タカヒロ、プロ初サヨナラヒット!でも、0点に抑えていた菅野には勝ちがつかず・・・ »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和天皇の野球観戦は例の天覧試合だけかと思っていましたが、高校野球もご覧になっていらっしゃったんですね:

« 民主党の有田議員、素性を明かすのはもう少し後にしないとw | トップページ | 【開幕95戦目&悲報】タカヒロ、プロ初サヨナラヒット!でも、0点に抑えていた菅野には勝ちがつかず・・・ »