« 元々ヤクザみたいなもんなんだから、支那軍の顔に泥なんていう表現にはならんでしょう? | トップページ | なかなかのキリ番 »

2015/07/23

まぁ、マスゴミの世論調査の結果など信用するほうがどうかしているという状況ですから

でも、新聞やテレビしか見ない人にとっては唯一無二の情報源なんですよね。そういう人たちにとっては、今の安保法制など国民から否定されていて戦争に導く違憲の法律だし、それを無理に推し進めようとしている安倍政権というものは国家の敵、くらいに思っているのでしょう

朝日新聞の社員が「朝日新聞の内閣支持率は国民の意見を反映したものではなく社の希望です」って内部告発。社長命令で安倍政権を倒すべく今必死なんだって ( その他テレビ ) - 復活! 強い日本へ! - Yahoo!ブログ 朝日新聞の社員が「朝日新聞の内閣支持率は国民の意見を反映したものではなく社の希望です」って内部告発。 社長命令で安倍政権を倒すべく今必死なんだって   コメントありがとうございます。 上記のソースを教えて下さい。掘り下げます。 コラム( 1...

この情報のソースがないようです。

が、ないと言っても過去にはこのような主筆の発言も出ていますからね。さもありなんです。

いま話題の森口氏、少し可哀想な気もしますねぇ、誤報の検証記事などが出てきつつありますが…: ピア 徒然見聞録

いま話題の森口氏、少し可哀想な気もしますねぇ、誤報の検証記事などが出てきつつありますが…: ピア 徒然見聞録

-- 前略 --

まぁ、中にはこんなことを公言する報道機関もあるようですが
→【書評】『約束の日 安倍晋三試論』小川榮太郎著+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
【書評】『約束の日 安倍晋三試論』小川榮太郎著+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

 2012.9.9 07:53 (1/2ページ)[雑誌・書籍]

安倍叩きは「朝日の社是」



 メディアと政治家との関係に関心がある人に、ぜひ読んでもらいたい。戦後体制からの脱却と公務員制度改革、教育改革、憲法改正への道筋作り…。文芸批評、音楽批評を専門とする著者が畑違いの政治分野で丹念に追跡し、拾い集めた安倍政権の足跡、実績と、スキャンダル暴露と印象操作に終始した朝日新聞の報道のあり方をたどると、あまりの乖離(かいり)に愕然(がくぜん)とするだろう。

 「安倍の葬式はうちで出す」。本書では、この安倍内閣当時の朝日幹部のグロテスクな言葉が繰り返し引用される。政治評論家の三宅久之は著者に、朝日の若宮啓文論説主幹(現主筆)とのこんなやりとりを明かしたという。

 三宅「朝日は安倍というといたずらに叩(たた)くけど、いいところはきちんと認めるような報道はできないものなのか」

 若宮「できません」

 三宅「何故(なぜ)だ」

 若宮「社是だからです」

 特定の政治家を叩き、おとしめることが社是である新聞社とはどんな存在だろうか。それは、むしろ政治的意図をあらわにしたプロパガンダ機関というべきだが、社論を決定する地位にある人物がこう述べたというから驚く。

-- 後略 --


安倍首相を叩くことが会社の、朝日新聞としての方針であると。若宮啓文論説主幹の地位がどのくらいかは知りませんが、社の記事の論説の方針を決める責任者というくらいでしょうかね。その責任者が「安倍叩きは私的な恨みではなく会社全体の恨みだ」というようなことを発言しているようですし、その後その社是というものが変わったとも思えませんので、

朝日新聞の内閣支持率は国民の意見を反映したものではなく社の希望です

っていうのも当然なんでしょう。

たとえ同じ法案を同じように100時間を越えて審議した上で参院に送っても、民主党政権であれば支持率120%くらいに報道するんじゃないでしょうかね?
 


↓椿事件もあるしなぁ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 元々ヤクザみたいなもんなんだから、支那軍の顔に泥なんていう表現にはならんでしょう? | トップページ | なかなかのキリ番 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まぁ、マスゴミの世論調査の結果など信用するほうがどうかしているという状況ですから:

« 元々ヤクザみたいなもんなんだから、支那軍の顔に泥なんていう表現にはならんでしょう? | トップページ | なかなかのキリ番 »