« 共産党に感じる胡散臭さをものの見事に解説されていますね♪ | トップページ | なんか、どんどんサヨクや過激派、共産主義者の化けの皮が剥がれてきて、震えるw »

2015/07/28

突然ですが、エルトゥールル号の事件をご存知ですか?

日本人なら知らないでは済まない事件です。その事件の映画が今年12月に公開予定です!

日本・トルコ合作映画『海難1890』12月5日(土)公開 公式サイト 日本・トルコ合作映画 内野聖陽 ケナン・エジェ 忽那汐里 アリジャン・ユジェソイ 小澤征悦 宅間孝行 大東俊介 渡部豪太 徳井 優 小林綾子 螢 雪次朗 かたせ梨乃 夏川結衣 永島敏行 竹中直人 笹野高史 脚本:小松江里子 監督:田中 光敏 - 2015年冬公開予定

ネタバレになりますけど、過去の記事をご紹介します。

歴史を忘れてはいけない: ピア 徒然見聞録

トルコと日本(AA劇場)

フラッシュのコンテンツもあったんですが、再発掘できませんです。

この事件は後のイランからの日本人脱出の物語とともに、日本の教科書に等しくあまねく掲載すべきでしょう。そうしないと世界中で日本人は恩知らずの誹りを受けます。恥知らずなことは日本人が一番嫌うことです。恩知らず=恥知らずと同じことです。

いつもお邪魔する「ねずさん」のところでも、過去に記事がありますのでご紹介。

小名木善行 ねずさんの ひとりごと トルコ軍艦エルトゥールル号遭難事件 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』絶賛発売中!

山田寅次郎という人物の話も感動しますよね。一民間人ですが、全国規模の募金にも拡大してトルコに行き、皇帝にまで拝謁でき、その後トルコにとどまって日本語の教育などに携わるとは思ってもみなかったでしょうね。

トルコ村の話はこの記事で初めて知りましたが、酷いもんです。社民党社会党などのサヨクはこういう酷いことをして平気な人非人ということでしょう。下手すりゃ外交問題になってもおかしくないやり方ですよね。今はゆかりの串本町にあるということで安心です。

( ´ー`)y―┛~~

こういうことを考えるに、やっぱり人間って歴史からは逃れられないって感じますね。だからこそ歴史を知り、将来の子孫のために精一杯のことをする。そうやって命をつないでいく。大事なことです。

その国家の中枢とも言える日本国の歴史を全否定するのが今の教育会、文系の学会でしょう。そういうものをどうやって駆逐していくか。まずは日教組をどうやって解体するか。ここが課題でしょう。

それには第一手として、業務時間内または学校施設内での政治活動の禁止ですね。おかしな教育も教育指導要領にも採択されている教科書にも関係ないこととして、上記政治活動とみなし、違反すれば研修行き。仏の顔を三度までで、懲戒解雇すればいいのです。もちろん、不起立不唱和も同様。

これくらいすれば結構浄化されるようにも思いますが?

( ´ー`)y―┛~~

とにかく、年末が楽しみになってきましたね♪
 


↓♪♪♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 共産党に感じる胡散臭さをものの見事に解説されていますね♪ | トップページ | なんか、どんどんサヨクや過激派、共産主義者の化けの皮が剥がれてきて、震えるw »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然ですが、エルトゥールル号の事件をご存知ですか?:

« 共産党に感じる胡散臭さをものの見事に解説されていますね♪ | トップページ | なんか、どんどんサヨクや過激派、共産主義者の化けの皮が剥がれてきて、震えるw »