« 【開幕93戦目】たまにはこういう快勝もいいけど、信用したわけじゃないんだからね! | トップページ | 日本のイスラム教への理解に、イスラム教徒の皆さんが感激されているようです »

2015/07/29

【開幕94戦目】長野様、亀様の2ラン揃い踏みでサヨナラ勝ち!

いやー、最近は並ばれたり逆転されると負けを覚悟していましたので、この勝ちは嬉しいですね♪
読売巨人軍公式サイト:7月29日 対DeNA15回戦・京セラドーム

読売巨人軍公式サイト:7月29日 対DeNA15回戦・京セラドーム

亀井、延長サヨナラ2ラン!…DeNAに連勝

 京セラドーム大阪で行われた横浜DeNAベイスターズとの15回戦。今季2度目の登板となった巨人先発・内海は初回に先制を許すが、その裏、坂本の同点タイムリーヒットで追いつく。六回には長野が逆転2ランホームランを放つ。粘るDeNA打線に苦しみ、試合は延長戦へ突入するが、延長十回に劇的な結末を迎える。4番・亀井が一死一塁から右翼スタンドへ2ランホームランをたたき込み、巨人が5対3で今季3度目のサヨナラ勝ち。DeNAに連勝し、勝ち越しを1とした。

 DeNA先発は三浦。

 今季初勝利を狙った内海だったが、初回から失点してしまう。先頭の石川にヒットで出塁を許すと、二死一、三塁で宮崎に先制のタイムリーヒットを浴びてしまう。

 打線はすぐに反撃。DeNA先発の三浦から先頭の立岡が四球を選ぶと、すかさず二盗を決め、得点圏に走者を進める。さらに片岡の外野フライの間に三塁まで進むと、続く坂本が左翼へタイムリーヒットを放ち、同点に。

 内海は初回こそ苦しんだものの、その後は変化球がさえ、安定した投球を見せる。二、三回とDeNA打線を連続三者凡退に抑えた。

 内海は六回、先頭の梶谷に右翼前へ運ばれる。この打球が高く弾んで不運な三塁打となり、無死三塁のピンチ。続く筒香の一塁ゴロの間に勝ち越しを許す。

 直後の六回裏、一死から亀井がヒットを放つと、長野の打球はバックスクリーン左に飛び込む逆転2ランホームラン。今季初勝利を狙う内海を打線が援護する。

 しかし七回、内海は先頭の高城を四球で歩かせる。送りバントとヒットで一死一、三塁とされると、続く白崎への投球で内海が太もも裏を痛めるアクシデント。代わってマシソンがマウンドに登る。マシソンは代打・ロペスを打ち取ったものの、続く梶谷に詰まりながらも中堅前に運ばれ、3対3の同点にされてしまう。

 打線は九回、DeNA3番手・大原を攻め立てる。二死から加藤の三塁ゴロが相手の失策を誘う。さらに続く吉川の右翼線への二塁打で二死二、三塁とサヨナラの好機。しかし、立岡が二塁ゴロに倒れ、試合は延長戦に。

 巨人は七回以降はリリーフ陣が好救援を見せた。九回は山口、十回は澤村が登板。両投手ともに走者を出すも、後続を抑え打線の奮起を待った。

 その打線が応えたのは十回裏。一死から坂本が四球で出塁すると、打席には4番・亀井。4番手のエレラの速球を捉えた打球は、右翼スタンドに飛び込むサヨナラ2ランホームラン。巨人は5対3で今季3度目のサヨナラ勝ちを収め、DeNAに連勝。上位3チームがいずれも勝利したため、順位の変動はなく、巨人は阪神、ヤクルトの同率首位2チームをゲーム差1で追う。


内海の再復活登板でしたが、残念ながら勝ちはつかなかったもののそれなりのピッチングはしてくれましたね。欲を言えば7回。先頭バッターに四球は一番やってはいけないこと。しかも下位打線です。あそこがなければと悔やみきれないでしょうね。あと、また降板は足のアクシデント。前回も同じような原因だったような気がしますので、何かあるんでしょうか?癖にならなければいいんですけどね。水分補給が足りないとかでしょうか?

( ´ー`)y―┛~~

初回に1点先制されてもすぐに追いついたのがよかったですね。その後試合が硬直しましたので、あそこでまずは同点に持っていったのが勝因のひとつでしょう。

あとはなんと言っても長野様ですね。観てはいないのでわからないんですが、スリーベースになったのが長野様のプレーに関係するようですね。それを跳ね返す打撃!長野様は長野様になってお戻りになられたようです♪

坂本の四球からの亀様サヨナラ2ランも見事でした。去年もこの球場でサヨナラホームラン?のようですので、げんの良い球場なんですね。

そこまで耐えた救援陣もよく投げてくれました。打つ方も打って、投げる方も投げたという、投打が噛み合った試合でした。願わくばこういう試合こそ続けていって欲しいですね。

さて、明日は菅野と石田という投手の対戦ですね。しかしながら、この凄い菅野投手の成績からすれば・・・


19 菅野智之

■今シーズンの成績
8勝6敗0S 防御率1.68

■最近10試合の成績
1勝0敗0S 防御率1.08

最近10試合の成績が防御率1.08なのに、なぜに勝敗は1-0なのか?不思議でしようがない。普通のチームで投げていれば、例えばヤクルトで投げていれば7勝くらいしていてもおかしくないですねw 昔の斉藤投手のように、2点取れば勝ち!という勢いですなぁ。不思議だけど。
 


↓明日も期待しとるで♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 【開幕93戦目】たまにはこういう快勝もいいけど、信用したわけじゃないんだからね! | トップページ | 日本のイスラム教への理解に、イスラム教徒の皆さんが感激されているようです »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕94戦目】長野様、亀様の2ラン揃い踏みでサヨナラ勝ち!:

« 【開幕93戦目】たまにはこういう快勝もいいけど、信用したわけじゃないんだからね! | トップページ | 日本のイスラム教への理解に、イスラム教徒の皆さんが感激されているようです »