« 【開幕90戦目】菅野だからこその試合展開、堂々たるエースと言っていいでしょう | トップページ | かすっていやーーん? »

2015/07/25

【開幕91戦目】連夜の薄氷の試合展開、高木はシアーホルツ以外はよかったのだが・・・

2本とのソロホームランで良かったとしか言えませんね。スライダーを完璧に打たれた次の打席もスライダー?を打たれているのは、組み立てがどうなの?と言う感じがしますが
読売巨人軍公式サイト:7月25日 対広 島16回戦・マツダ

読売巨人軍公式サイト:7月25日 対広 島16回戦・マツダ

坂本先制弾、高木勇2か月ぶり白星…広島に連勝し5割復帰

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの16回戦。巨人は初回、坂本の先制2ランで主導権を握った。先発・高木勇は序盤を無失点に抑え、上々の立ち上がり。四回、シアーホルツにソロホームランを浴びて1点差に詰め寄られたが、続く五回に長野が犠牲フライを打ち上げ、リードを広げた。高木勇は六回にもシアーホルツにソロホームランを許し、再び1点差とされたが、巨人は七回から救援陣を投入。山口、マシソン、澤村が広島打線を退け、3対2のまま逃げ切った。巨人は2日連続の1点差勝利で勝率5割に復帰し、順位も2位に浮上した。

 広島先発は福井。

 巨人は初回、先頭の立岡がヒットで出塁すると、片岡の通算200犠打で二塁に進む。続く坂本は初球のストレートを捉えて左翼に8号2ランホームラン。幸先良く先制点を奪った。

 一方、高木勇は初回、二死から四球とヒットで一、三塁のピンチを招いたが、シアーホルツを凡退させ、無失点で切り抜けた。

 三回には2つの四死球を与え、二死一、二塁とされたが、ここは新井を二塁ゴロに仕留めた。

 四回、巨人は阿部、小林のヒットなどで一死満塁のチャンスを作る。ここで高木勇がスクイズを狙ったが、打球は三塁への小フライとなり、三塁走者の阿部が戻れず、ダブルプレーとなった。

 その裏、高木勇は先頭のシアーホルツに初球をバックスクリーンに運ばれ、1点差に詰め寄られる。さらに味方のエラーなどで一死一、二塁とされたが、送りバントを試みた福井を三塁封殺のダブルプレーに打ち取り、追加点は与えなかった。

 打線は五回、片岡、坂本の連続ヒットと亀井の四球でまたも一死満塁のチャンスを迎える。ここで長野が右翼に犠牲フライを打ち上げ1点を追加。再び2点差とした。さらに二死一、三塁の場面でダブルスチールを仕掛けたが、ここは本塁を狙った坂本が間一髪タッチアウトとなった。

 追加点をもらった高木勇だが、六回、先頭のシアーホルツに2打席連続のソロホームランを浴び、またも1点差に詰め寄られる。その後も一死二塁のピンチを招いたが、後続を断ち追加点を許さない。

 1点リードで迎えた七回、原監督は高木勇に替えて山口をマウンドに送る。山口はこの回を三者凡退に抑え、八回はマシソンが登板。先頭の新井に右中間への大飛球を打たれたが、長野がスライディングキャッチの好捕を見せ、反撃の口火を切らせない。その後、失策と盗塁で一死二塁とされたが、後続を打ち取り、リードを守り切った。
 
 九回は守護神・澤村がマウンドへ。二死からヒットを許したものの、最後は菊池を三塁ゴロに仕留めて試合終了。巨人は3対2で逃げ切り、このカード2連勝を果たした。高木勇は5月24日以来となる2か月ぶりの白星で7勝目をマーク。チームは勝率を5割に戻した。


坂本は調子を上げてきていますね。G打線の中では唯一と言っていいくらい、上げ潮を感じる野手ですね。立岡は一時期の確変モードはなくなったとはいえ、そこそこ打ってくれています。ただ、今日の見送り三振だけはだめ。衣笠さんが言うとおり、全くストライクが来るという予想をしていなかったのが見え見えの見送り三振でした。

常在戦場!この精神を忘れてはグランドに立つ資格なし!

ま、今日は野手の攻撃が監督やコーチのサインもあって空回りっぽいのがなぁ。

ここでスクイズはないやろ! ⇒ 高木スクイズ失敗・・・
1,3塁でバッターネ申、タイムリー希望♪ ⇒ ダブルスチール失敗・・・
よっしゃ、ここで片岡が生還やろ! ⇒ 勝呂コーチが止めて坂本飛び出し、片岡仕方なく本塁に行ってタッチアウト・・・

1点が欲しいってのは分かりますが、なんだか動きすぎ。

一つ目の高木。私はランナーのネ申が単打で生還するのは難しいし次は高木だから小林が出塁して満塁になってそれはそれで難しいなぁと思っていたんです。サードランナーがネ申になるし・・・。一番いいのは三振!三振しろって思っていたんですが・・・。立岡に期待したほうがいいと・・・。

二つ目は、ネ申に失礼なんじゃないかな?調子が悪いとは言え4番を張っていた打者なんだし・・・。あそこはじっくり攻められたほうが広島も嫌だったでしょう。残念です。

三つ目は私も目を疑いましたよ。当然片岡の足ならあの当たりでもホームに行くと思ってみていたら、勝呂コーチが止めている。ダブルスチールするくらいなのに、あそこは止めるって訳わからん。坂本の走塁は責められないでしょう。当然行くと思いますよ、当然。

よく長野様の犠牲フライで三点目をとっておいたことですよね。あれがないと負けてたでしょう。イフを言えば、新井の右中間への大きな当たりですね。長野様がファインプレーしてくれましたけど、抜けていてもおかしくない当たりでした。新井の残念な顔アップ、ご愁傷さまでしたねホンマ。

( ´ー`)y―┛~~

ここ何試合か小林のスタメンマスクです。シーズン当初からこれで良かったんです。今年は小林を育てるシーズン。優勝できなくてもいいじゃないですか。そうそう毎年優勝なんて出来ません。それよりも、未来に向けて種をまくシーズンがあってもいいと思います♪
 


↓シーズン当初にそんなこと言ってたっけ?w と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 【開幕90戦目】菅野だからこその試合展開、堂々たるエースと言っていいでしょう | トップページ | かすっていやーーん? »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕91戦目】連夜の薄氷の試合展開、高木はシアーホルツ以外はよかったのだが・・・:

« 【開幕90戦目】菅野だからこその試合展開、堂々たるエースと言っていいでしょう | トップページ | かすっていやーーん? »