« なかなかのキリ番 | トップページ | 【開幕91戦目】連夜の薄氷の試合展開、高木はシアーホルツ以外はよかったのだが・・・ »

2015/07/24

【開幕90戦目】菅野だからこその試合展開、堂々たるエースと言っていいでしょう

ランナーは出すものの要所は抑えるという、粘りのピッチングで勝利!素晴らしいですね♪
読売巨人軍公式サイト:7月24日 対広 島15回戦・マツダ

読売巨人軍公式サイト:7月24日 対広 島15回戦・マツダ

菅野が135球の粘りの投球で8勝目

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの15回戦。菅野、前田の両エースで始まった試合は、八回までゲームが動かない投手戦となる。均衡が破れたのは九回、巨人が初めて三塁に走者を置くチャンスを迎えると、代打・高橋由が値千金のタイムリーヒットを放ち巨人が先制、さらに代打・堂上の犠牲フライで終盤に2点のリードを奪う。その裏に菅野が1点を失ったが、2番手・山口が後続を断ち、2対1の接戦をものにして連敗を止めた。

 試合は、菅野、前田という防御率リーグ1、2位を争うエース対決となった。

 初回、先頭の立岡がヒットで出塁し、片岡が送りバントを決めて一死二塁のチャンスを作る。しかし後続の坂本、亀井が凡退し、先制点とはならなかった。続く二回も制球の乱れる前田を攻め立て、一死一、二塁のチャンスを作ったが、小林が三塁併殺打に倒れ得点できなかった。

 一方、菅野も序盤は苦しい立ち上がり。初回、2つの安打から二死一、三塁のピンチを背負うも、シアーホルツをフェンス際の右翼フライに抑え得点を与えず。三回にも二死一、三塁のピンチを内野ゴロで断ち切り、粘りの投球を見せる。

 四回以降、徐々に立ち直りを見せた菅野と前田。巨人は、前田相手に八回まで三塁すら踏めず、好機を作ることができなかった。一方の菅野も、尻上がりに調子を上げ、変化球をうまく織り交ぜた投球で広島打線を翻ろう。八回まで両チーム0点のまま試合は進む。

 迎えた九回、何とか菅野を援護したい巨人打線は、一死から坂本が四球を選び出塁。続く亀井がヒットを放ち、一死一、三塁とチャンスを広げると、原監督は高橋由を代打に送る。この場面で高橋由は左翼前へタイムリーヒットを放ち、巨人がついに1点を先制。ベテランの一振りで試合の均衡を破ると、続く阿部のヒットで一死満塁とさらにチャンスを広げる。ここで代打・堂上が犠牲フライを打ち上げ、少ないチャンスをものにし、貴重な2点目を挙げる。巨人が代打攻勢で、土壇場で2対0とリードを奪った。

 九回のマウンドにも上がった菅野。しかし、一死から會澤にソロホームランを浴びて1点差とされ、続く打者にもヒットを許したところで原監督は交代を決断、2番手として山口が登板した。迎えた田中の打席で小林が二盗を阻止、山口は、打席の田中を遊撃ゴロに仕留め2対1で試合終了。終盤の反撃を最小限に食い止め、巨人が接戦をものにして、3連戦の初戦を勝利で飾った。


こんないい試合なのにTV中継もないというのはどういう事なんでしょうね。BSでもないし。こんなことをしているから見る人が減るんじゃないでしょうかね(適当

正直言って完封負けの匂いがプンプンしました。ところが、9回に2点とってしまうんですねぇ。天才のタイムリーと堂上の犠牲フライでなけなしの2点という感じです。この2点目が効きましたね。

打線もマエケンからよく打ちましたよね。なんとしても!という感じだったのでしょう。

菅野は9回裏にソロホームランで1点を取られますが、そこまで。最後は山口で抑えて、見事7勝目。防御率も上がるはずです。東京ドームを本境地にしているのに、ここまで防御率がいいのも不思議ですがw

( ´ー`)y―┛~~

9回裏の盗塁死。痛すぎますよね。Gもルンバと言われた試合も有りましたけど、キャッチャーが相川ならまだしも、肩のいい小林でしたからね。

初戦は勝利でした。明日は明日の風が吹く!
 


↓完封負けしなかったのでそれだけで満足w と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« なかなかのキリ番 | トップページ | 【開幕91戦目】連夜の薄氷の試合展開、高木はシアーホルツ以外はよかったのだが・・・ »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕90戦目】菅野だからこその試合展開、堂々たるエースと言っていいでしょう:

« なかなかのキリ番 | トップページ | 【開幕91戦目】連夜の薄氷の試合展開、高木はシアーホルツ以外はよかったのだが・・・ »