« 日本共産党はSEALDsで、しかも朝日新聞や在日も関係しているって本当ですか??? | トップページ | 【悲報】立岡はやっぱり内野手だった? »

2015/07/22

【開幕89戦目】初回で決まった試合でした

今のGに三点ビハインドはしんどいです・・・
読売巨人軍公式サイト:7月22日 対阪 神17回戦・甲子園

読売巨人軍公式サイト:7月22日 対阪 神17回戦・甲子園

堂上の代打弾で追撃も…初回の3失点が重く阪神に連敗

 甲子園球場での阪神タイガースとの17回戦。巨人先発のポレダは立ち上がりを攻められ、新井に先制の3点タイムリー二塁打を浴びる。打線は五回に井端のタイムリーヒット、七回には代打の堂上がソロホームランを放って追い上げたが、あと一歩届かず2対4で敗れ、阪神に連敗となった。巨人は負け越し2。阪神とヤクルトが勝ったため、順位は首位から3位に後退した。

 阪神先発は能見。

 巨人の先発は阪神キラーのポレダだったが、この試合は苦しい立ち上がりとなった。先頭打者にヒットを許すと4番、5番に四死球を与えて二死満塁のピンチ。ここで新井に中堅越えの3点タイムリー二塁打を浴び、巨人はいきなり3点を追う展開になる。
 ポレダは二回を三者凡退に抑えるも、三回、四回と得点圏に走者を許す苦しい投球。しかし、要所で粘りを見せて追加点は与えなかった。

 打線は三回、二死からポレダがチーム初ヒットとなる内野安打で出塁すると、立岡も四球でつなぎチャンスを作る。ここで井端が三遊間に強いゴロを放ったが、新井の好守に阻まれて得点には至らなかった。続く四回にも2つの四球で一、二塁としたが、阿部が併殺打に倒れ、もらったチャンスを生かせない。

 五回、巨人は一死から小林がヒットを放つと、原監督は早くもポレダに代打・大田を送って勝負をかける。大田は期待に応えてヒットを放ち、一、二塁とチャンスを広げる。二死後、井端がしぶとく中堅に運ぶタイムリーヒットを放って小林が生還。巨人が1点を返した。

 2番手の笠原は五回を無失点に抑えたが、2イニング目に入った六回、先頭の江越にソロ本塁打を浴び、4点目を奪われる。続く鶴岡にヒットを打たれたところで3番手の高木京に交代する。
 高木京は後続を断って、無失点でこの回を切り抜けた。すると直後の七回、一死から代打・堂上が右翼に第2号ソロホームランを叩き込み、すぐに2点差に迫った。

 その裏、マウンドに上がった香月は3、4番に連続ヒットを浴び、無死一、二塁とピンチを迎えたが後続を併殺打に打ち取るなどして得点を与えなかった。香月は八回も続投して三者凡退に抑え、役割を果たした。

 しかし打線は堂上の本塁打以降、阪神リリーフ陣から走者を出すことすらできずそのまま試合終了。2対4で敗れた巨人は甲子園3連戦を負け越し、3位に後退した。


井端のタイムリーと堂上のソロホームラン。それぞれにいいところで打ってくれたものですが、それ以外がなぁ・・・。

ポレダも初回に四死球連発ではだめでしょう。打たれたのは紙一重?とは言え。

三位に後退とかそういうことはどうでもよくて、今シーズンずっと悪い打線、どうにかならないんでしょうかねぇ。このままでは完封リレーしか勝てないというプレッシャーになりませんか?それが怖いです。
 


↓猛暑にぴったりの打線になっとるな・・・w と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 日本共産党はSEALDsで、しかも朝日新聞や在日も関係しているって本当ですか??? | トップページ | 【悲報】立岡はやっぱり内野手だった? »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕89戦目】初回で決まった試合でした:

« 日本共産党はSEALDsで、しかも朝日新聞や在日も関係しているって本当ですか??? | トップページ | 【悲報】立岡はやっぱり内野手だった? »