« 夏の車内が激アツ、この対処方法で乗り切れ! | トップページ | サムソンのスマフォに11Kディスプレイだって? »

2015/07/20

【開幕87戦目】こういう試合運びでしか勝てないのだな

マイコラスは好投してくれたのでお疲れさんですが、岩田ってそこまでいいピッチングだったのでしょうか?
読売巨人軍公式サイト:7月20日 対阪 神15回戦・甲子園

読売巨人軍公式サイト:7月20日 対阪 神15回戦・甲子園

マイコラス好投、完封リレーで首位奪回…後半戦白星スタート

 後半戦の開幕戦となった阪神タイガースとの15回戦。巨人は初回、坂本のタイムリーで先制し、主導権を握る。巨人先発のマイコラスは、速球主体の安定したピッチングで7回無失点の好投。打線は九回、長野がソロホームランを放ち、貴重な追加点を挙げる。最後は、八回二死から登板の澤村が締めて試合終了。巨人は拮抗した試合を2対0で制し、連敗をストップ。試合後にDeNAが敗れて首位奪回を果たし、幸先の良い後半戦スタートとなった。

 阪神先発は岩田。

 巨人は初回、岩田の立ち上がりを攻める。先頭の立岡が内野安打で出塁し、井端がバントで送って一死二塁のチャンス。ここで坂本は左翼前へのタイムリーヒットを放ち、巨人が1点を先制した。

 一方、マイコラスは初回を三者凡退に仕留める好スタート。二、三回はヒットを1本ずつ許したが、無失点で切り抜けた。

 追加点の欲しい巨人打線だが、二回以降はうまくつながらない。二回は相川、三回は立岡、四回は村田がそれぞれヒットで出塁したが、いずれの回も後が続かず無得点。

 六回には坂本のヒット、四番・亀井の送りバントなどで二死三塁のチャンスを作ったが、阿部がファウルフライに倒れ、ここでも走者を返すことができなかった。

 その裏、マイコラスは簡単に二死を取ったものの、福留に四球を与えると、ゴメスにはヒットを許して二死一、二塁とされ、この試合初めて得点圏に走者を背負った。しかし、続くマートンを二塁フライに仕留め、この回も無失点。マイコラスは7回5安打無失点の好投を見せた。

 巨人は八回から継投策を取る。八回、2番手の山口は、先頭の鳥谷に内野安打を許し、送りバントなどで二死二塁とされる。原監督は3番手のマシソンを起用。しかし、マシソンはゴメスに四球を与え、二死一、二塁に。原監督はここで澤村をマウンドに送る。澤村はマートンを三塁ゴロに仕留め、ピンチを切り抜けた。

 九回、一死から長野がバックスクリーンへのソロホームランを叩き込み、巨人が貴重な1点を追加。リードを2点に広げた。

 その裏のマウンドには、八回に続き澤村が上がる。一死から上本にヒットを許したが、後続をしっかりと断ち試合終了。巨人は2対0で後半戦初戦を白星で飾り、勝率を5割に戻した。試合後、DeNAがヤクルトに敗れ、巨人がセ・リーグ首位の座を奪い返した。


最近は山口が出てくるとヒヤヒヤします。以前のような泰然自若という意識ではいられませんね。大丈夫かな?打たれへんかな?フォアボールだすかな?とかとか。マシソンもそうですね。もちっと自分の珠に自信を持って投げ込んでくれればいいんだけどなぁ。

モヒカンはどう表現すればいいのかわからんが、まぁ抑えられてよかったです。

( ´ー`)y―┛~~

初回の坂本タイムリーは流れがよかったのになぁ。終わってみれば追加点は9回の長野様のソロホームランまでないという・・・。投手受難の試合が続きますなー。

( ´ー`)y―┛~~

明日はポレダかと思っていたら杉内ですか。またヒヤヒヤしながら観ないといけませんか?先発からリリーフまで全員そういうのはちょっと連休明けの疲れた体にはダメージでかそうです(汗 しかも相手はメッセンジャー。

3
 


↓連勝して抜け出すしか無いんだが・・・ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 夏の車内が激アツ、この対処方法で乗り切れ! | トップページ | サムソンのスマフォに11Kディスプレイだって? »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕87戦目】こういう試合運びでしか勝てないのだな:

« 夏の車内が激アツ、この対処方法で乗り切れ! | トップページ | サムソンのスマフォに11Kディスプレイだって? »