« マイコラス投手、6月の月間MVPに! | トップページ | さすが支那ですね、やりたいことをやりたいようにやってしまう »

2015/07/07

【開幕79戦目】こういう試合展開は珍しい、梅雨の珍事ではないか?

一気の逆転劇でしたね♪
読売巨人軍公式サイト:7月7日 対ヤクルト12回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:7月7日 対ヤクルト12回戦・東京ドーム

長野が満塁走者一掃のタイムリー三塁打、逆転勝ちで首位浮上!

 東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの12回戦。巨人は初回に内野安打で先制を許すが、二回、阿部のソロホームランで同点に追いつく。その後1対4とリードを許すが、六回に長野が満塁の走者一掃となる同点の3点タイムリー三塁打。「長野久義デー」に集まったファンを沸かせた。直後に阿部の犠牲フライも飛び出し、試合をひっくり返した。先発・高木勇の後を受けたリリーフ陣は無失点の投球で追い上げを許さず、試合終了。巨人は勝率を5割に戻すとともに、阪神が敗れたため首位に浮上した。

 
 巨人先発は高木勇、ヤクルトは小川。巨人は打線復活を懸けて、亀井をプロ入り初の4番に起用した。

 高木勇は立ち上がりを攻められる。初回、上田のヒットと川端の四球で二死一、二塁のピンチを迎える。ここでデニングの二遊間に抜けると思われた打球を坂本がキャッチし、一塁に送球したがセーフ。この間に上田が生還し、1点を先制されてしまった。

 初回を三者凡退に抑えられた巨人打線は、二回二死で阿部が振り抜いた打球が右翼スタンドに飛び込み、同点に追いつく。
しかし、立ち直りたい高木勇がピリッとしない。三回は一死一、三塁から畠山の犠牲フライで勝ち越しを許す。四回も二死二、三塁とされ、山田に2点タイムリーを浴び、リードを広げられてしまった。
高木勇は結局、5回4失点で降板。六回は宮國が好リリーフを見せ、打線の奮起を待つ。

 追いつきたい巨人は六回、立岡がヒットと盗塁で無死二塁とすると、一死後、坂本が四球を選び、4番の亀井もヒットで続いて満塁のチャンス。続く打者この日スタメンに復帰したばかりの5番・長野。長野は初球をフルスイングした打球は、右中間を破る走者一掃の3点タイムリー三塁打。「長野久義デー」に応える一打で巨人が同点に追いつく。さらに阿部の犠牲フライで5点目を挙げ、この回逆転に成功した。

 リードを奪った巨人は、七回から「勝利の方程式」への継投策に入る。山口、マシソンが三者凡退に抑える完璧の投球。九回にマウンドに上がった澤村も無失点でしのぎ、試合を締めた。逆転勝ちを収めた巨人は勝率5割に復帰し、宮國が今季初勝利。阪神が中日に敗れたため、巨人が首位に浮上した。


まぁ、あの回だけだったとも言えますけど、それでも一気の逆転は見事でした。

立岡 ヒット
坂本 四球
亀井 ヒット
長野様 タイムリースリーベース!
ネ申様 勝ち越し犠牲フライ!

いいですね、流れが。ポンポンポン、ドッカーーーーン!スゴーーーーン!!!ってな感じでw しかも長野様は「長野デー」でこの活躍。まさか「長野やでー」という挨拶でも有りますまいが、素晴らしいですね♪結局このヒットだけでしたけど、4-1で3打点なんて、4番の仕事そのものじゃないっすか!!!

( ´ー`)y―┛~~

高木は残念でした。エラーからの失点では有りましたが、ここんところ本当に不運な試合が続いていますよね。乗り越えないとね。一時期は上原の再来か?とまで思いましたが、なかなか甘くない、そこを乗り越えてこそです。捕手との相性もあるのかもね。ネ申かなぁ・・・。

ということで、明日はこれもここのところ勝利がない杉内。前回登板の失態を挽回したいところですね!よろしくお願いします!
 


↓あまりヤクルトを舐めない方がいい と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« マイコラス投手、6月の月間MVPに! | トップページ | さすが支那ですね、やりたいことをやりたいようにやってしまう »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕79戦目】こういう試合展開は珍しい、梅雨の珍事ではないか?:

« マイコラス投手、6月の月間MVPに! | トップページ | さすが支那ですね、やりたいことをやりたいようにやってしまう »