« いくら議論しても憲法違反なんだよ!⇒じゃぁ憲法変えるかw | トップページ | マスコミへの言論弾圧だ!広告出稿をしないとはどういうことだ??? »

2015/06/30

【開幕74戦目】貧打は続くよ、完封しないと勝利投手にはなれんのか?

高木が可哀想だなぁ
読売巨人軍公式サイト:6月30日 対広 島12回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:6月30日 対広 島12回戦・東京ドーム

阿部の同点打と亀井の犠飛で今季2度目のサヨナラ勝ち!

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの12回戦。試合は巨人先発・高木勇と広島先発・黒田の互いに一歩も譲らぬ投手戦に。均衡が破れたのは八回、丸にソロホームランを浴び、巨人は先制を許す。打線は六回まで黒田から三塁すら踏めない状況が続くも、九回、阿部のタイムリーヒットで土壇場で同点に追いつくと、亀井が犠牲フライを放ち、2対1で巨人が劇的なサヨナラ勝ちで5割復帰。広島との対戦成績を6勝6敗の五分とした。

 打線は初回、一死から立岡が黒田の速球をとらえ、ヒットで出塁。しかし、続く坂本の打席で二盗に失敗し、好機を作れずに終わる。

 一方の高木勇は二回、先頭の新井にヒットを許すも、新井の走塁死にも助けられ、こちらも得点を許さなかった。

 四回、高木勇は一死からシアーホルツに二遊間を破られるヒットで出塁を許す。さらに二盗を決められ、二死二塁とされるも、エルドレッドを三塁ゴロに打ち取り、ピンチを脱した。

 打線は黒田の投球術に翻ろうされる。二回以降、六回まで1人の走者も出すことができない。

 六回、高木勇は先頭の丸に四球を与える。続く菊池に送りバントを決められ、一死二塁となるも、シアーホルツ、新井のクリーンアップを打ち取り、両投手の行き詰る投手戦は続く。

 七回、先頭の長野がようやく黒田をとらえる。左中間を破る二塁打となり、無死二塁と先制のチャンス。しかし、立岡、坂本がいずれも内野ゴロに倒れると、阿部が四球を選ぶが、亀井が二塁ゴロに倒れ、チャンスを活かすことができない。

 直後の八回、簡単に二死を取った高木勇だったが、丸にバックスクリーン左へ手痛い一発を浴びてしまう。こう着状態を打ち破るソロホームランとされ、広島に先制点を奪われる。

 九回、先頭の長野が右翼へのヒットで出塁。一死後、坂本がヒットでつなぎ一死一、三塁とすると、阿部が右翼へタイムリーヒットを放ち、土壇場で同点に追いつく。さらに、続く亀井が打ち上げた打球は左翼への当たりとなり、サヨナラ犠牲フライに。終盤の逆転劇で巨人が2対1とサヨナラ勝ちで5割復帰。広島との対戦成績を6勝6敗の五分とした。首位の阪神が敗れたため、阪神とのゲーム差は1に縮まった。


ホームラン、しかもソロ1本に抑えているんですから、上々の出来でしょう。いくら黒田が相手とは言え、これ以上となれば完封しかないんですからね。

打つ方はほぼ9回だけですね。チャンスなどありません。貧打線なのか投手戦なのか、放送を観ていないのでわかりませんが、貧打線と言いたいですね。今シーズンはずっとそうです。打線には波があるとよく言われますが、今シーズンに限っては波はありません。凪の状態のままです。まるで雨上がりのウユニ塩湖です。

春から言っていましたけど、こんな緊張した場面で投げ続けて入れば早晩投手がパンクすると。投手が打たれるわ、打線は打てへんわでは、勝てる試合などありませんよ。交流戦の調子が続くんじゃないでしょうかね。さっぱり上向きの流れを感じませんからね。

優勝どころか、Aクラスも無理。
現状ではそう言わざるを得ません。
 


↓おっさんばかりだから疲れてるんだろw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« いくら議論しても憲法違反なんだよ!⇒じゃぁ憲法変えるかw | トップページ | マスコミへの言論弾圧だ!広告出稿をしないとはどういうことだ??? »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕74戦目】貧打は続くよ、完封しないと勝利投手にはなれんのか?:

« いくら議論しても憲法違反なんだよ!⇒じゃぁ憲法変えるかw | トップページ | マスコミへの言論弾圧だ!広告出稿をしないとはどういうことだ??? »