« ワニ界は不景気なのだろうか?あるいはアライグマ界が景気が良くなってる? | トップページ | 韓国の対日貿易額が激減しているらしい »

2015/06/19

【開幕67戦目】今度は投手陣が崩れるんかい・・・

途中までは投手戦というか貧打戦というか、でもまぁ相手もエースなのでそうそう打てないのは当然。久しぶりに5点もとれたのにな・・・
読売巨人軍公式サイト:6月19日 対中 日10回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:6月19日 対中 日10回戦・東京ドーム

長野が勝ち越し打含む3安打の活躍も、救援陣総崩れで4連敗

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの10回戦。巨人は1ー1で迎えた七回、長野のタイムリーなどで3点を勝ち越し、7回1失点と好投した先発・菅野に勝ち投手の権利を与えた。しかし、八回にリリーフ陣が2点を失うと、九回に澤村が逆転を許してしまう。九回裏に坂本の同点打で延長戦に持ち込んだが、延長十回に宮國が平田に痛恨の3ランホームランを浴びる。その裏、一発出れば逆転サヨナラとなる二死満塁のチャンスを作ったが、一歩及ばず中日に5対8で敗戦。交流戦から続く連敗は4に延びた。

 巨人先発は菅野。中日先発は大野。防御率リーグ1位、2位を争うエース対決となった。

 初回、巨人は先頭の長野が四球を選ぶと、亀井のヒットでつなぎ一死一、三塁のチャンス。ここで坂本は二塁ゴロに倒れたが、併殺崩れの間に巨人が1点を先制した。

 菅野は尻上がりに調子を上げ、四回、五回を三者凡退に抑えるピッチング。しかし六回、二死から二塁打を浴びランナーを背負うと、ルナのタイムリー二塁打で1対1の同点とされた。

 続く七回、反撃したい打線は先頭の相川が二塁打で出塁。ここで原監督は代走に鈴木尚、菅野に替えて代打・實松を起用する。實松はバントを決めると、相手の野選も誘い無死一、三塁。盗塁で二、三塁にチャンスを広げると、長野の二遊間を破るタイムリーヒットで巨人が勝ち越しに成功。なおも無死一、三塁で井端がタイムリーヒット、続く亀井の犠牲フライで4点目を挙げ、終盤に3点のリードを奪った。

 菅野は7回1失点で降板。八回からはリリーフ陣が登板したが、2番手のマシソンは、和田にタイムリーヒットを許し、二死としたところで山口がマウンドへ。しかしバッテリーエラーで4対3。さらに満塁のピンチは続いたが、後続は断ち切った。

 1点差のまま迎えた九回は守護神の澤村が登板したが、四球と内野安打などで無死一、三塁のピンチ。ここでルナの併殺打の間に1点を許し同点、さらに3連打を浴びて逆転を許し、試合をひっくり返された。

 九回裏、1点を追う巨人打線は、先頭の長野がこの日3本目のヒットとなる二塁打で出塁。亀井の内野安打などで一死一、三塁のチャンスを作ると、続く坂本がセンター前へタイムリーヒット。土壇場で巨人が同点に追いつき、延長戦に突入する。

 延長十回、マウンドは5番手の戸根。一死から内野安打を2本許したところで、原監督は宮國を起用。一死一、二塁、平田に対して投げた宮國の初球は右翼スタンドに吸い込まれる。3ランホームランで再びリードを許した。

 その裏、何とか反撃したい打線は先頭の村田がヒットで出塁。内野ゴロと代打・大田のヒットなどで二死一、三塁とすると、長野が死球を受けて満塁とする。ホームランが出れば逆転サヨナラの場面で、打席には堂上。しかし堂上は遊撃ゴロに倒れ、反撃及ばず5対8で試合終了。首位は守ったものの、交流戦明けの初戦を勝利で飾れず、巨人の連敗は4に延びた。


1-1の頃までは投手戦で進んでいたようです。菅野も大野もピンチをよく凌いでいたようですね。

7回裏にGがチャンスをものにして3得点。相川のツーベースが効きましたよね。あれがシングルヒットなら、なかなか3点も取れていないように思います。また、もちろんタカヒロの足ですね。走るのが早いだけじゃなくて走塁技術、スライディング技術が素晴らしい。その結果間一髪で足が早かったようです。凄いですよね。あの森野のチャージ&あの当たり&あの素早い送球でもセーフとはね。

欲を言えば亀井の当たりが外野を抜けていればねぇ。ほぼ真正面だったのが惜しい。

( ´ー`)y―┛~~

マシソン、山口、モヒカン。まったくあきまへん。失点したことではなく、制球ですわ。久しぶりの試合で感覚がなかったのかとも思いますけど、特にマシソンはずっとこんな感じですよねぇ。どうなることやら。

でも、逆転されて9回裏。崖っぷちで長野様ツーベース、亀様内野安打、ここで坂本がタイムリーで同点!これは凄い。この粘りが本物なら何も怖くないというくらい凄い攻撃でした。

10回には宮国が被弾しますが(だから平田は嫌いな選手なんです!!!)、その裏に怒涛の攻撃でなんとか2アウト満塁を作りましたよね。この粘りですよ。特筆したいのは大田ですね!こんな場面でヒットが打てるようになるとは (´Д⊂グスン

成長したもんだ。

ということで、菅野のハーラートップに並ぶ7勝目も消えてしまいましたし、連敗も4に伸びてしまいましたけど、この粘りは明日への希望になりますよ。きっと。
 


↓なんでもええから勝ってくれやw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ワニ界は不景気なのだろうか?あるいはアライグマ界が景気が良くなってる? | トップページ | 韓国の対日貿易額が激減しているらしい »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕67戦目】今度は投手陣が崩れるんかい・・・:

« ワニ界は不景気なのだろうか?あるいはアライグマ界が景気が良くなってる? | トップページ | 韓国の対日貿易額が激減しているらしい »