« 辺野古への基地移設について反対運動をしている「ヘイワ団体」には何故か沖縄以外の人間が多いという現実? | トップページ | 今まで日本の潜水艦になかった「ハープーン」ミサイル技術がアメリカから提供されるそうです »

2015/05/21

なんだ、たかだか個別銘柄がフリーフォールしただけで、株式市場全体の話じゃないのか…

残念w というか株式市場として見渡しても下落傾向が顕著になりつつあるようですがねw 大企業=ほぼ国営企業あるいはそれに準ずるものが多い支那では、その意味は国家破産ということになるのでは?

(・∀・)ニヤニヤ
CNN.co.jp : 中国最大の富豪、1時間で1兆8千億円失う 株価が暴落

CNN.co.jp : 中国最大の富豪、1時間で1兆8千億円失う 株価が暴落

2015.05.21 Thu posted at 18:24 JST

香港(CNNMoney) 香港の株式市場で20日、中国の太陽光パネル製造大手「漢能集団」の株価が47%急落し、中国の長者番付首位の李河君会長が約1時間で150億米ドル(約1兆8150億円)の資産を失う羽目となった。

同社の株式時価総額も186億ドルの損失を被った。同社株の売買は現地時間の20日午前10時40分の時点で中止された。同社内部の情報を盛り込んだ発表文を待つための措置としている。

同社の株式80%以上を握る同会長は、株価が下落する中、香港で20日に開かれた年次の株主総会に現れなかった。同社の広報担当者によると、北京で催されたクリーンエネルギー展示会の開幕式典に出席したという。

同社は21日になっても発表文などは出しておらず、株価の暴落に絡む謎は深まるばかりとなっている。米ニューヨーク市の資産管理企業「ビスポーク・インベストメント」は突じょの暴落について「完全な混乱状態にある」と評した。

同社の株は過去1年の間、625%上昇。最大時の時価総額は450億ドルを超え、中国メディアによる今年3月の長者番付発表で李会長はネット通販最大手アリババの会長を抜き、首位に浮上していた。

ただ、急激な株価上昇は市場操作の疑惑も招いていた。同社が今年初め、売上高の60%は北京に本拠がある親会社によるものとの発表後、懸念がさらに強まっていた。親会社の会長は同じく李氏となっている。

この中でロイター通信は20日、消息筋の情報として香港証券先物委員会が過去数週間、市場操作の疑惑を調べていると報道。英国のフィナンシャル・タイムズ紙も先に、同社の会計処理の手段と異例の株価動向について伝えていた。


記事の概略を考えてみると、

■過去1年間で株価操作されて急上昇
■それが一気に47%もの垂直下落
■該社および親会社の会長の持ち株資産の損失が約2兆円

そもそも支那の株式市場なんて信用できるのかね?PKOどころの話じゃないような仕組みになってるんでしょ?その仕組を使って、共産党幹部たちが贋金ころがしでボロ儲けしているだけじゃないのかな?どういうふうにPKOするかなんて幹部の考えひとつで決まるんだろうしね。そんなもん、損する訳ありまへんがなw

( ´ー`)y―┛~~

ということで支那経済など鉄火場のようなものですから、まともな人は近づかないことでしょう。暖かく見守っていればいいのです。
 


↓株価が約半分になるとは、豪勢だなぁw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 辺野古への基地移設について反対運動をしている「ヘイワ団体」には何故か沖縄以外の人間が多いという現実? | トップページ | 今まで日本の潜水艦になかった「ハープーン」ミサイル技術がアメリカから提供されるそうです »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんだ、たかだか個別銘柄がフリーフォールしただけで、株式市場全体の話じゃないのか…:

« 辺野古への基地移設について反対運動をしている「ヘイワ団体」には何故か沖縄以外の人間が多いという現実? | トップページ | 今まで日本の潜水艦になかった「ハープーン」ミサイル技術がアメリカから提供されるそうです »