« 国会で民主党の後藤議員が鋭い質問をされたようですねー | トップページ | 【開幕54戦目】貧打の中で光った、若手の活躍! »

2015/05/31

【開幕53戦目】貧打の中で光った、立岡4安打!

特に同点タイムリーは素晴らしいですね♪手のひらw 1,2番を固定できればチームも浮上するものと思います
読売巨人軍公式サイト:5月30日 対楽 天2回戦・コボスタ

読売巨人軍公式サイト:5月30日 対楽 天2回戦・コボスタ

橋本が地元・仙台で決勝打、延長制し楽天と1勝1敗に

 コボスタ宮城で行われた東北楽天ゴールデンイーグルスとの2回戦。初回にアンダーソンの2点タイムリー二塁打で巨人が先制する。しかし三回に杉内が楽天打線に捕まり2対3と逆転された。1点差のまま終盤を迎えたが、八回に立岡がタイムリーを放ちついに同点に。そのまま試合は延長戦に突入。迎えた延長十一回、巨人は二死二塁の場面で、地元仙台出身の橋本が左翼線への決勝タイムリー二塁打を放つなど2点を獲得。巨人は5対3で楽天相手に勝利をもぎ取った。

 先発は巨人が杉内。楽天がレイ。

 先制したのは巨人。初回、一死から立岡が中堅に二塁打を打つと、続く亀井もヒットで続き一死一、三塁のチャンスを作った。すると二死後にアンダーソンが右中間を破る2点タイムリー二塁打を放つ。巨人が2対0と先制に成功した。

 一回、二回と上々の立ち上がりを見せた杉内。しかし、三回、連打と送りバントで一死二、三塁とされると藤田にタイムリーを打たれ、1点を失う。さらに四球を与えるなど二死満塁のピンチを招くと、中川に左翼前への2点タイムリーを浴びた。一気に逆転を許し2対3とされた。

 同点に追い付きたい巨人打線。しかし、二回以降レイの前につながりを欠き、得点機を作ることができない。

 一方の杉内も立ち直り、四回以降は無失点の投球を続ける。六回には二死から連打を浴び、二死一、三塁とされたが落ち着いて後続を断った。

 2対3のまま迎えた七回、一死から橋本が中堅への二塁打で出塁。続く立岡は楽天の3番手・戸村の直球を右翼前に弾き返し、橋本が一気に本塁へ。ついに巨人が同点に追い付いた。さらに二死後に坂本もヒットで続きチャンスを広げたが、アンダーソンは打ち取られ勝ち越しはならなかった。

 八回から巨人は継投へ。八回は山口、九回は澤村が登板し、それぞれ得点圏にランナーを背負いピンチを迎えたが、何とかしのいで無失点。試合は延長戦に突入した。

 澤村は延長十回も無失点で切り抜け、打線に望みを託す。すると延長十一回、先頭の大田が四球と盗塁などで二死二塁のチャンスを作る。打席に入った橋本は左翼線に抜けるタイムリー二塁打を放つ。大田が生還し、巨人が勝ち越しに成功。さらに、続く井端の打席で橋本が三盗を決め、相手のエラーの間に生還、1点を追加した。

 その裏のマウンドには4番手のマシソン。危なげなく3人で仕留めて試合終了。5対3で巨人が勝利し楽天との対戦成績を1勝1敗の五分に戻した。


1試合目の松井を見れば、試合は8回までと考えないといけない中、ぎりぎりの7回表に同点に追いつくタイムリー。チームを救った一打でしょう!

生憎と中継が途中で終わって見れませんでしたけど、延長に入ってからは橋本が地元凱旋の一打アンド盗塁アンド暴投からの生還という、一人でかき回す技をタカヒロから教わったようなプレーでしたねー。

なんとか拾った勝利。レイのツーシーム?に翻弄された打線ではありましたけど、投手も含めて粘り勝ちの試合でした。

楽天もこの位置にいるチームではないような戦いでした。打線は迫力不足ですが、初戦のような足は脅威ですねぇ。ただ、この試合ではそこまで走れていません。やはりポレダ・・・(汗

なんとか三戦目も勝って勝ち越しを決めたいところですが、G打線も重症ですからねぇ。なんとも言えません。
 


↓若手の活躍は嬉しいなー♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 国会で民主党の後藤議員が鋭い質問をされたようですねー | トップページ | 【開幕54戦目】貧打の中で光った、若手の活躍! »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕53戦目】貧打の中で光った、立岡4安打!:

« 国会で民主党の後藤議員が鋭い質問をされたようですねー | トップページ | 【開幕54戦目】貧打の中で光った、若手の活躍! »