« なぜメーカーはTVというものにこんなにも経営資源を惜しみなく投入するのか? | トップページ | 地方の中の地方である私の故郷でも、倒産件数が減ってきているようですね »

2015/05/14

【開幕39戦目】貧打は続くよ、チャンスは多かったけどそうそう打てないよなぁ

久しぶりの二桁安打を楽しめたってことで、よしとしましょうか?
読売巨人軍公式サイト:5月14日 対広 島11回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:5月14日 対広 島11回戦・東京ドーム

アンダーソンが逆転2ランを放つも、再逆転許し3連勝ならず

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの11回戦。打線は二回にアンダーソンの逆転2ランホームラン、片岡のタイムリーでいったんは2点をリード。しかし先発のマイコラスは初回の先頭打者ホームランに続き、四回には同点2ランを浴びると、五回には2点の勝ち越しを許してしまう。打線は八回に1点差に詰め寄り、九回は一打同点のチャンスも作ったがあと一歩及ばず、4対5で敗れた。

 先発は巨人がマイコラス、広島が野村。

 マイコラスは初回、先頭打者の田中に投じた2球目をライトスタンドに運ばれ、開始早々先制を許してしまう。
 
 打線が反撃に出たのは二回、阿部が復帰後初ヒットで一死一塁とすると、アンダーソンが右中間に2ランホームランを放ち逆転に成功。さらに打線は攻撃の手を緩めず。亀井のヒットと2つの四死球などで二死満塁とすると、片岡が中堅にタイムリーヒットを放ち、点差を2に広げた。

 援護をもらったマイコラスだったが、四回、先頭の丸に二塁打を打たれると、松山に2ランホームランを浴び同点に戻されてしまう。さらに五回には、2本のヒットなどで一死二、三塁のピンチを背負うと、暴投で勝ち越し点を許してしまう。マイコラスはここで降板し、高木京が2番手としてマウンドに登る。高木京は犠牲フライで1点を失ったものの、後続を断つ。

 打線は三回以降、毎回ヒットで走者を出すが、得点に絡めることができない。

 高木京は回をまたぎ六回もマウンドへ。広島打線を三者凡退に抑え、味方の反撃を待った。

 打線は六回、広島先発・野村の前に三者凡退に終わり、点差を縮めることができない。

 七回からは小山が登板。小山は四球とヒットで二死一、三塁のピンチを招くが後続を打ち取り無失点に抑えた。八回には片岡、坂本の見事な連係プレーなどで追加点を与えなかった。

 打線は七回、二死から坂本が復帰後初ヒットとなる右中間への二塁打を放つが、あと一本が出ず。
 2点を追いかける巨人は八回、先頭のアンダーソンが中越の二塁打で出塁すると、続く亀井がヒットを放ち無死一、三塁。このチャンスで代打・高橋由が打席に立つ。高橋由は二塁併殺打に倒れるが、その間に三塁走者のアンダーソンが生還し1点差に詰め寄った。

 九回、1点差の場面でマウンドには戸根が送られる。戸根は四球を出したものの、無安打に抑え九回の攻撃に望みをつなぐ。

 4対5で迎えた九回、先頭の大田が三塁強襲の強烈なヒットを放ち出塁する。その後、片岡が送りバントを決め一死二塁とするが、後続の堂上、坂本が連続三振に倒れ試合終了。4対5で敗れ、3連勝はならなかった。


マイコラスはなかなか勝てませんが、今日のような投球をしているようではそらー勝てませんな。制球は悪い、挙句の果てには暴投で1点献上、その後に進塁した走者も犠牲フライで生還させているようではねぇ。

ただ、その後を受けた投手はよく抑えてくれました。小山はまったくリードを無視したひとりよがりな投球でしたけど結果は抑えているという謎な投球ではありましたが…。

( ´ー`)y―┛~~

打線はよく打ちましたよね。しかも待望の主軸が打ってくれました。まぁ、願わくば堂上と坂本がもちっとどうにかしてくれれば勝っていたかもしれません。坂本のツーベースのあとのネ申の打球、上がりませんでしたね。芯を食っていなかったのか、打球の速度もなかったようにも感じましたが…。あとは8回の天才の打席と9回の堂上と坂本ですかね。

8回はタカヒロが出てきたのでてっきり盗塁するのかと思えば、その素振りもなし。よっぽど一岡のクイックが速いようですね。あのタカヒロが走らないっていうんですからねぇ。まぁ、一塁にいればストレートが多くなるのでという読みもベンチにはあったのかもしれません。しかし、あそこで併殺とは最悪の結果でした…。無理に引っ張った打球でしたね…。普通に打っていればあるいは…。

9回は大田の猛打賞のヒットのあと片岡のひやひやもんのバントで進塁。マエケンからタイムリーの堂上とさっきの打席でツーベースの坂本に期待がかかったものの…。連続三振では万事休すでした。特に坂本、4番の責任を感じた試合ではなかったでしょうかね。そもそも4番の選手ではないのですが(汗

( ´ー`)y―┛~~

三連勝はならずも、チーム状態は上向いてきましたね。あとは長野様の復帰を待つばかりでしょうか。
 


↓次はセ界の火薬庫との対戦か… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« なぜメーカーはTVというものにこんなにも経営資源を惜しみなく投入するのか? | トップページ | 地方の中の地方である私の故郷でも、倒産件数が減ってきているようですね »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕39戦目】貧打は続くよ、チャンスは多かったけどそうそう打てないよなぁ:

« なぜメーカーはTVというものにこんなにも経営資源を惜しみなく投入するのか? | トップページ | 地方の中の地方である私の故郷でも、倒産件数が減ってきているようですね »