« SNSで回ってくる書き込みや記事、つぶやきで、こんなのは嫌だ!ってか? | トップページ | 亀井選手、本当に怪我が多いです… »

2015/04/19

安部首相と翁長知事の握手場面の写真が物議を醸していますが

写真なのでその切り取ったシーンがそういうことになっているのもあるでしょうしね
安倍首相と翁長知事(時事通信) - Yahoo!ニュース

安倍首相と翁長知事(時事通信) - Yahoo!ニュース

時事通信 4月17日(金)14時46分配信

会談を前に握手する安倍晋三首相(右)と沖縄県の翁長雄志知事=17日午後、首相官邸



まぁ、それにしてもこの視線というかなんというか。上から目線を感じてしまいますねw

まぁ、誰といくら会談をしても分かり合うことはないので無駄な行動ですね。ただ、翁長知事としては知事選の公約でもあるので、どうしても政府に抗っているところを常に観せておかないと総括されてしまいますからね、仕方がありません。

安部首相をはじめとする政府側も、たとえ国防は政府管轄の問題であり、所詮地方自治体である名護市や沖縄県は国の代行業務として対応しているだけという状況であったとしても、そこは地元も合意の上で(というか16年前?に合意してるんだけどね…)進めるに越したことはないですからね。

こういう風に出来るだけ対応しつつ、粛々と(爆 対応を進めるだけでしょう。

あー、粛々と言えばこんなグラフが出ていましたねw

政治家の口癖「粛々」、登場回数が増加のワケは?  :日本経済新聞

政治家の口癖「粛々」、登場回数が増加のワケは?  :日本経済新聞

2012/2/7 7:02

 「シュクシュクと進めます」。この発言からどんな場面を連想しますか。苦境にある政治家の答弁、不祥事を起こした組織のトップの記者会見など、神妙な顔つきで受け答えする場面を見たことがあるのではないでしょうか。近年よく耳にするようになった「粛々」、登場回数が増えた理由はこの言葉の使われてきた歴史と思わぬ背景にあるようです。

 「粛々」を使った発言件数を国会会議録検索システムで調べると、1990年9件、2000年48件、2010年57件と確かに増加傾向にあります。直近の3年(2009年~)に限ると168件で、発言者は首相や大臣を含め多岐にわたっており、国会の場で幅広く使われていることが分かります。

■菅前首相が断トツ

 竹下内閣以降、歴代首相の在任中の件数を調べてみました。菅直人氏14件、竹下登氏と橋本龍太郎氏がそれぞれ4件、森喜朗氏と福田康夫氏(それぞれ3件)と続きます。最多の菅氏はどんな状況で「粛々」を使っていたのでしょうか。大部分は2010年9月の尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件についての答弁です。事件への対応を巡って追及を受けている場面で、当時首相だった菅氏は「国内法に基づき粛々と判断を行った結果」と繰り返し答えています。

 粛々は本来「(1)つつしむさま(2)静かにひっそりしたさま(3)ひきしまったさま(4)おごそかなさま」(広辞苑第6版)という意味です。しかし、「粛々と進める」「粛々と対応する」といった場合、国語辞典にある意味よりも、日本語大シソーラス(類語検索大辞典、大修館書店)にあるような「冷静、不動、平常心」といったニュアンスを含んで使われています。

 使用実態が本来の意味から変化していることについて、漢和辞典編集者の円満字二郎氏は著書「政治家はなぜ『粛々』を好むのか」(新潮選書)のなかで、擬音語として用いられた流れが確実に存在すると分析しています。

■古くは鳥の羽音や北風の音

Photo

 「粛々」は擬音語として中国古典で「鳥の羽音や北風が吹きつける音」を表し、「鋭い響き」「厳しく引き締まった雰囲気」と連想されていきます。やがて戦国史の名場面をうたった日本漢詩の名作である頼山陽の「不識庵、機山を撃つの図に題す」から、鋭い馬の鞭(むち)の音を時折響かせ奇襲前にしずしずと進む軍団のイメージが定着すると、「集団が秩序を保って物事を遂行していく」状況を表す言葉へと変化しました。秩序を保って遂行する必要性を痛感する人物として思い浮かぶのは、苦境にこそリーダーシップを求められる組織のトップや政治家の姿です。

 不祥事が明るみに出て苦境に陥った組織のトップたちが「粛々」を多用する背景には、政治経済の低迷から抜けられない日本とその時代状況があり、「政治家などが使う場面が増え、ピンチの時に使われる言葉というイメージが国民に定着してきた」(円満字氏)というわけです。

 通常国会が召集され、施政方針演説、各党の代表質問と論戦の火蓋が切られました。年金改革や消費増税など重要政策を抱え難局に突入した野田佳彦首相に今のところ「粛々」発言はあまり見られませんが、頻繁に「粛々」の答弁が聞こえてきたら、それは苦境に立たされた首相の“ピンチ”ということになるのかもしれません。 (工藤綾乃)


まぁ、震災のまっただ中の首相だったとはいえ、すっから菅がダントツですね。ぶっちぎりです。まーーーた、ブーメランでしたかね?w
 


↓翁長知事には悪いうわさも出てきているが… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« SNSで回ってくる書き込みや記事、つぶやきで、こんなのは嫌だ!ってか? | トップページ | 亀井選手、本当に怪我が多いです… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安部首相と翁長知事の握手場面の写真が物議を醸していますが:

« SNSで回ってくる書き込みや記事、つぶやきで、こんなのは嫌だ!ってか? | トップページ | 亀井選手、本当に怪我が多いです… »