« 自棄酒? | トップページ | これは知りませんでした、インドは本当の意味での友好国ですね »

2015/04/04

【開幕8戦目】まさかのポレダ勝利投手

【開幕8戦目】まさかのポレダ勝利投手

野球はわからないですねw

読売巨人軍公式サイト:4月4日 対阪 神2回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:4月4日 対阪 神2回戦・東京ドーム

阿部の勝ち越しタイムリーなど打線爆発、連敗ストップ

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの2回戦。巨人は三回、片岡の3ランホームランで先制する。六回に追いつかれたがその裏、阿部の勝ち越しタイムリーを皮切りに打者11人の猛攻で6点を勝ち越し。大量援護をもらった投手陣は4人の継投で阪神打線の追撃を振り切り、9対5で勝利した。ポレダは6回3失点で来日初勝利を挙げた。巨人は連敗を4で止めた。

 先発は巨人がポレダ、阪神が岩田の左腕対決となった。
 
 ポレダは初回を三者凡退に抑えると、二、三回には回をまたいで四者連続三振を奪い、序盤の阪神打線を零封した。
 
 打線は初回、二回ともに得点圏に走者を出せなかったが三回、村田と坂本のヒットで二死一、二塁のチャンスを作る。ここで片岡が左翼に3ランホームランを放ち3点を先制する。片岡は今季初ヒットが殊勲の一打となった。
 
  援護をもらったポレダは四回、四球やボークなどで二死三塁のピンチ。ここでマートンにタイムリーヒットを浴び、1点を失う。五回は無失点で切り抜けたが、六回に再び阪神打線につかまる。四球とヒットなどで一死二、三塁のピンチを背負うと、またもマートンに右翼フェンス直撃の2点タイムリー2塁打を浴び、試合は振り出しに戻った。
 
 巨人打線はすぐさま反撃に乗り出す。六回先頭の坂本が左翼フェンス直撃の2塁打でチャンスを作ると、続く片岡が送りバント。ここで捕手復帰2試合目の阿部が右翼に勝ち越しタイムリー。この一打で勢いに乗った巨人は代打・高橋由と村田が押し出しの四球を選んで追加点を挙げ、さらに代打・中井がタイムリー内野安打を放つ。とどめにこの回2打席目の坂本が2点タイムリー。打者一巡の猛攻で6得点を挙げるビッグイニングを作った。
 
 ポレダは6回3失点で降板し、七回は笠原がマウンドへ。笠原は上本に2ランホームランを浴び、4点差に詰め寄られる。しかし、八回はマシソンが三者凡退で万全のリリーフを見せると、九回は山口がすべて内野ゴロで三者凡退に抑え、試合終了。9対5で勝利した巨人は連敗を4で止めた。


前回のポレダの投球を目撃した者としては、この試合は負けを覚悟していました。だって、クイックができないんですから、一人でもランナーが出れば終わりかと…。

ところが、この試合はなかなかいいピッチングをしたというのと、なんとなんとタイガースが盗塁というものをしなかったということもあり、先制した試合を追いつかれてしまったものの、前回のようになんじゃこりゃ?というものではありませんでした。

試合は3-0から3-3になったものの、その直後に一挙に6得点したので楽勝ムードw

ネ申タイムリー、押し出し2つに中井のタイムリー、坂本のタイムリー♪
タオル回すのが忙しいwww

ま、その後笠原が2ラン打たれたので楽勝ムードはなくなりましたが、それはそれでそのまま試合終了。まさかポレダの勝ち試合を見れるとは思っていませんでしたのでねぇ。抽選もあたったし、いいこともあるもんです♪

( ´ー`)y―┛~~

打つ方は中井のタイムリーが嬉しいですね。この調子でどんどん実績を積み重ね、スタメンを勝ち取ってほしいものです。一昨年?はスタメンで頑張っていたんですからできないことじゃないはず!

マシソンも山口も危なげなく抑えて、少々自信を取り戻したかも。なかなかいい流れの試合が続きませんけど、これをきっかけにチーム復調となってほしいものですね。
 


↓この試合をとれたのは大きい! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 自棄酒? | トップページ | これは知りませんでした、インドは本当の意味での友好国ですね »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕8戦目】まさかのポレダ勝利投手:

« 自棄酒? | トップページ | これは知りませんでした、インドは本当の意味での友好国ですね »