« 例の水泳大会でカメラを盗んだとされた富田選手、証拠ビデオには映っていなかったようです | トップページ | 蒋介石が「南京事件はなかった」と日本人に明言した歴史的事実があるらしい »

2015/04/01

【開幕5戦目】投手陣も崩壊?そうかいそうかいw

土田って、開幕2戦目にも炎上していませんでしたっけ?
読売巨人軍公式サイト:4月1日 対中 日2回戦・ナゴヤドーム

読売巨人軍公式サイト:4月1日 対中 日2回戦・ナゴヤドーム

序盤に手痛い失点、打線も振るわず…中日に連敗

 ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの2回戦。今季初先発の大竹は立ち上がりに苦しみ、3回途中で4点を失い降板。2番手・戸根は4回に1点を奪われたものの、その後は踏みとどまり、味方の反撃を待った。しかし、打線は中日投手陣の前に沈黙。投手陣は7回に大量点を奪われ、0対9で完封負け。巨人は今季初の連敗を喫した。

 中日の先発は吉見。

 巨人打線は序盤、吉見を攻め切れない。二回、先頭の阿部がヒットで出塁するも、後続が併殺に倒れチャンスを作れず。
 三回には先頭の亀井がヒット、続く小林が四球を選んで無死一、二塁のチャンスを作ったが、またも後続が併殺に倒れるなどして無得点に終わった。

 一方、大竹は不安定な立ち上がり。初回、先頭の大島に右翼線への三塁打を浴びると、続く亀沢には初球を左翼に弾き返され、1点を先制される。二回には、二死二、三塁のピンチに、味方の手痛いエラーが出て、1点を追加された。

 続く三回、大竹は一死一、二塁からエルナンデスにタイムリーヒットを浴びて、さらに1点を奪われる。なおも一死一、三塁の場面で大竹は降板。原監督は2番手としてルーキーの戸根をマウンドに送った。
 戸根は藤井の犠牲フライで4点目を許すが、それ以上は得点を与えなかった。

 戸根は四回、ヒットと四球で招いた一死一、二塁のピンチに、ルナのタイムリーヒットを浴び、1点を追加される。
 しかし、五回は2三振を奪うなどしてで三者凡退に抑え、中日打線の勢いをストップ。味方の反撃に望みをつないだ。

 だが、打線は四回以降は一人の走者も出せず、反撃の糸口を見つけられない。

 一方の投手陣は七回、3番手の土田が2本のタイムリーを打たれて4点を奪われ、0対9と大量リードを奪われた。

 打線は終盤も中日投手陣のリレーの前に沈黙を続け、なおも走者を出すことができない。

 0対9で迎えた九回、打線は最後のチャンスに賭けたが、小林、セペダ、坂本が三者凡退に倒れ試合終了。
 巨人は三塁を踏むことなく0対9の完封負けを喫し、今季初の連敗となった。


2戦目に5失点、この試合でも4失点。防御率凄いことになってるんじゃないのかな?

2戦目:1回投げて5失点=防御率 45点
5戦目:2回投げて4失点=防御率 18点

合計で3回投げて9失点=防御率 27点。凄いね。1アウト取るたびに1点取られる計算です。

この投手を1軍に置かざるをえない?のが今のGなんでしょうね。クラクラしてきます。大竹も確かに良くはありませんでしたけど、エラーも間にあったりしていますしね。

打てない、エラーありではねぇ…。リズムが悪いですね。守備も長いとくりゃ、調子も出ません。

しかも2安打…。
相手になりません。
 


↓週末の虎退治は大丈夫なのか? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 例の水泳大会でカメラを盗んだとされた富田選手、証拠ビデオには映っていなかったようです | トップページ | 蒋介石が「南京事件はなかった」と日本人に明言した歴史的事実があるらしい »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕5戦目】投手陣も崩壊?そうかいそうかいw:

« 例の水泳大会でカメラを盗んだとされた富田選手、証拠ビデオには映っていなかったようです | トップページ | 蒋介石が「南京事件はなかった」と日本人に明言した歴史的事実があるらしい »