« 【開幕13戦目】貧打は続くよ、どこまでや? | トップページ | 【開幕15戦目】貧打は続くよ、でも打つだけが能じゃない! »

2015/04/13

【開幕14戦目】貧打は続くよ、でも勝てた…

点を取られなければどうということはない!
読売巨人軍公式サイト:4月11日 対ヤクルト2回戦・東京ドーム

読売巨人軍公式サイト:4月11日 対ヤクルト2回戦・東京ドーム

田口が投打にわたる活躍でプロ初登板初勝利!連敗3で止める

 東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの2回戦。先発はプロ初登板初先発の2年目の左腕・田口。田口は二回に先制を許したが、プロ初安打となる自らのタイムリーで勝ち越しに成功し、7回1失点の好投で見事プロ初勝利を挙げた。打線は、「女房役」の實松が四回に同点タイムリーを放つなど6安打、田口の後を受けたリリーフ陣もマシソン、澤村が無失点に抑える安定感を見せた。チームは、田口の投打にわたる活躍で2対1で勝利。連敗を3で止めた。

巨人の先発は左腕・田口。ヤクルトの先発は左腕・石川。

 田口は初回を三者凡退に抑える完璧な立ち上がり。しかし二回、ヒットで一死一塁とすると、田中浩に右中間へのタイムリー二塁打を浴び1点先制されてしまう。

 打線は序盤からヤクルト先発・石川を打ちあぐねる。初回、三者凡退に終わると、二回にはヒットと四死球でつくった二死満塁のチャンスを生かせなかった。序盤は無得点に終わる。

 先制点を許した田口はその後立ち直り、三回を三者凡退、四回は併殺などで相手にチャンスを与えず、無失点の好投を見せる。

 沈黙していた打線は四回、反撃に出る。二死から井端がこの日2本目のヒットで出塁すると、続く村田もヒットで続き二死一、二塁。暴投で二死二、三塁にチャンスを広げると、實松が右翼にタイムリーを放ち同点に追いつく。なおも二死一、三塁のチャンスで、田口が三塁前に転がるタイムリー内野安打を放ち勝ち越し。田口はプロ初ヒットが自身の援護となる勝ち越し打となった。

 2対1と逆転に成功し迎えた五回、田口は二死二塁のピンチをゴロで切り抜け勝利投手の権利を得る。続く六回にはすべて内野ゴロで三者凡退に抑えた。田口は七回も無失点に抑え、7回1失点でマウンドをリリーフ陣に託した。

 四回に逆転した打線は、五回以降追加点を挙げることができない。五回は三者凡退、六回は盗塁失敗などで3人で攻撃を終えてしまう。七回には實松の死球と片岡のヒットなどで二死一、三塁のチャンスをつくるが、後続が倒れ無得点。

 2対1のまま迎えた八回、2番手としてマシソンが登板する。マシソンは代打攻勢に出たヤクルト打線を三者凡退に仕留め追加点を許さない。

 九回、守護神の澤村がマウンドへ。ヤクルト打線は3番からの好打順だったが、澤村は1安打を許しながらも後続を断ち試合終了。2対1で勝利した巨人は連敗を3で止めた。


この試合は、田口と実松に尽きますね。

まぁ、野手も守備で盛り立ててくれたと言えばそうなんですが、チャンスは4回だけですし、そのたった一度のチャンスを8番キャッチャーと9番ピッチャーでものにして、なんとなんと逆転しましたからね。

しかも、田口はプロ初安打(というか初登板なので当然か…)の内野安打で打点付きって言うんですからね。凄い強運の持ち主です。

初対戦でヤクルト側にもデータがなくて戸惑ったとも言えるような感じですので、次の登板、あるいは次のヤクルトとの対戦で抑えてこその今日の勝利の輝きです!頑張って欲しいですね。

( ´ー`)y―┛~~

高木、戸根、今日の田口。投手陣には新しい選手が出てきています。しかも、先発に二人ですよ?すごいです。

願わくば野手にもこういう選手が出てきて欲しいですねぇ。二軍では結構打ちまくっている選手もいるようですが、なぜに上がってこれないんでしょう?ここまで打線がひえひえなのに、あげるのはいつ?

今でしょ?

特に矢野がいないのは寂しいですが、矢野ももう若手とは言えないですなぁ…。
 


↓ま、ひとまず連敗脱出… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 【開幕13戦目】貧打は続くよ、どこまでや? | トップページ | 【開幕15戦目】貧打は続くよ、でも打つだけが能じゃない! »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕14戦目】貧打は続くよ、でも勝てた…:

« 【開幕13戦目】貧打は続くよ、どこまでや? | トップページ | 【開幕15戦目】貧打は続くよ、でも打つだけが能じゃない! »