« こんなにも考えさせられる、悲しい写真はない… | トップページ | 臓器移植を超えて、頭部移植… »

2015/04/07

【開幕10戦目】息詰まる投手戦、なんやかんやでGが戸根初セーブで辛勝

戸根が初セーブって、新人なのに凄いぞ!!!
読売巨人軍公式サイト:4月7日 対広 島1回戦・マツダ

読売巨人軍公式サイト:4月7日 対広 島1回戦・マツダ

井端が九回に千金同点タイムリー、戸根がプロ初セーブ

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの1回戦。巨人先発・杉内は初回にロサリオのタイムリーヒットで先制を許すも、その後は無失点と粘りの投球を見せる。打線は広島先発・大瀬良を打ちあぐねたが、九回に井端のタイムリーヒットで同点に追いつく。試合が決まったのは延長十一回。鈴木尚の内野安打が相手の悪送球を呼び、その間に寺内が勝ち越しのホームイン。最後はルーキー戸根が締め、巨人は2対1で逆転勝利。今季初の延長戦を制し、3連勝とした。

 杉内は初回、先頭の菊池にヒットを許し、盗塁などで一死三塁のピンチを迎える。ここでロサリオに左翼への先制タイムリーヒットを浴び、杉内は早々と1点を失ってしまう。

 直後の二回、一死から高橋由が中堅へのヒットで出塁。さらに村田が四球を選び、二死一、二塁と同点のチャンスを迎えるも、杉内が三塁ゴロに倒れた。

 一方の杉内は四回、四球とヒットで二死一、二塁のピンチを背負う。ここで鈴木誠に中堅にはじき返されるも、松本哲が本塁に好返球を見せ、ホーム突入を図った二塁走者をタッチアウト。ここは調子の上がらない杉内をバックが助ける形となった。

 打線は五回、先頭の杉内がヒットを放つ。さらに松本哲が四球を選びつなぐと、片岡がきっちりと送りバントを決め、一死二、三塁として、坂本、阿部の中軸を迎える。しかし、快音を響かせた坂本の打球は野手正面の中堅フライ、続く阿部は遊撃ゴロに倒れ、この回も得点を奪うことができない。

 なんとか反撃したい打線だったが、回を増すごとに調子を上げる大瀬良をとらえられず、六回以降は一人の走者も出すことができなかった。

 無得点のまま迎えた九回、打線が粘りを見せる。先頭の亀井が左翼への二塁打を放ち、同点のチャンスを迎える。高橋由は内野ゴロに倒れるも、井端が見事な流し打ちで二塁手の横を抜けるタイムリーヒットを放ち、土壇場で同点に追いつく。さらに送りバントで、二死二塁と逆転の走者を得点圏に進めるが、代打・セペダは内野ゴロに倒れ、逆転とはいかなかった。

 その裏、マウンドには4番手として守護神・澤村が登った。澤村はエラーと送りバントで一死二塁とされるも、後続を打ち取り、試合はチーム今季初の延長戦に突入した。

 十回、巨人は一死から片岡が左翼線に二塁打を放つ。続く坂本がヒットを放ち、一死一、三塁と、広島4人目の守護神・ヒースを攻め立てる。ここで三塁走者・片岡がホームスチールを仕掛けるもタッチアウト。この間に坂本が三塁まで進み、なおも勝ち越しのチャンスは続くが、阿部が一塁ゴロに終わった。

 続く十一回、巨人がついに勝ち越しに成功する。一死から高橋由が四球を選ぶと、代走の寺内が1球目に二盗を決め、得点圏に走者を進める。ここで鈴木尚の打球は三遊間へ転がる遊撃内野安打に。広島遊撃手・田中が三塁へ悪送球し、その間に寺内が勝ち越しのホームを踏んだ。

 その裏のマウンドに登ったのはルーキー戸根。戸根は二死から堂林を歩かせるも、最後は鈴木誠の鋭いライナーを坂本がキャッチし、試合終了。巨人は2対1で今季初の延長戦を制し、前カードから続く連勝を3とした。


途中からBSで観ていましたけど、まったく打てない…。チャンスにも4番が打てない…。毎回打てとも言えませんが、それでもなぁと感じたり。

杉内もよく投げてくれました。1失点。勝ちは付きませんでしたけど、相変わらず三振の数は凄い。2000投球回以上の投手で、奪三振率がダントツ。9個を超えていますからね、信じられませんよ。平均で毎回一つ以上を取るってことですからね。平均で。

ところが、その杉内を超える好投を見せてくれたのが、広島の大瀬良。いつ交代するのか、いや、いつ交代できるのか?という1点差の試合が続きましたが、なんとなんと、1-0の試合で9回まで続投。確かに、それまでの流れなら完封も不可能ではなかったのですが、そこで流れが一気に変わった。

レフト 天谷の落球。まさかの落球。なんてことはないレフトフライと見えたのですが、今日の風が影響したんでしょうね…。エラー後、涙目のようにも見えました…。

その後、いろいろあって井端。さすがの右打ちのタイムリー。大瀬良の球も高かったこともありますが、やっぱり流石ですよね。

これで同点。マシソン、山口とつないでいたGは抑えのエース 澤村を投入。期待に応え、危なげなくささっと抑えます。

で、最後の回。天才の様式美 四球で出塁後、寺内のまさかの盗塁、タカヒロのショートゴロ内野安打?の送球ミスの間に寺内が決勝のホームイン!この走塁はプロでしたね!だって、ランナー2塁でショートゴロですからね。抜けたという判断だったのでしょうけど、普通はあのような場面では走れませんよ。ショートの田中もよく止めましたが、いかんせん捕球の体勢が崩れていたので送球がそれましたね…。まさにいろいろと紙一重のプレー。明暗が別れました。

で、ついに逆転したGの継投は、まさかの戸根。いや、いい投球はしているんですがね、この場面で投入とは意外でした。しかしながら、その期待に応えてきっちりと抑えてくれました。四球でランナーは出しましたけど、慌てることもなく淡々と投げて淡々と抑える。そのマウンド度胸に新人らしからぬ貫禄を見ましたね。

高木といい戸根といい、新人が活躍してくれると嬉しいですね♪
願わくば野手にもそのような新人が欲しいところですがw

ということでやっと5割。5割が目標ではないので、一喜一憂せず、目標に向けて一歩ずつ歩むだけですな!
 


↓それにしても打線がなぁ… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« こんなにも考えさせられる、悲しい写真はない… | トップページ | 臓器移植を超えて、頭部移植… »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕10戦目】息詰まる投手戦、なんやかんやでGが戸根初セーブで辛勝:

« こんなにも考えさせられる、悲しい写真はない… | トップページ | 臓器移植を超えて、頭部移植… »