« この自称平和運動家「山城博治氏」は嘘つきであり、小学生級のいちびりですなぁ… | トップページ | 例の川崎殺人事件の主犯格少年の父親が勤め先を依願退職? »

2015/03/10

オープン戦十戦目、打線は今日も真冬です

いつになったら春がくるのか?
Yomiuri Giants Official Web Site:3月10日 対ソフトバンク1回戦・長 崎

Yomiuri Giants Official Web Site:3月10日 対ソフトバンク1回戦・長 崎

寺内が勝ち越しタイムリーも…ホークスに2-2で引き分け

 長崎で行われた福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦。巨人打線は制球に苦しむソフトバンク先発の松坂を攻め立て、初回に先制。すぐに同点とされたが、二回、寺内のタイムリーヒットで勝ち越した。しかし、五回に犠牲フライで再び同点とされる。その後は両軍中継ぎ陣が好投。九回は故郷長崎に凱旋登板の土田が抑え、2-2の引き分けに終わった。

 巨人の先発はドラフト3位の新人右腕・高木勇。3連勝中と勢いのあるソフトバンクはメジャー帰りのベテラン右腕・松坂。
 
 巨人打線は初回、制球に苦しむ松坂から松本哲が粘って四球を選ぶ。盗塁などで一死三塁のチャンスをつくると、亀井の内野ゴロの間に松本哲が生還し、無安打で先制。
 
 一方の高木勇はいきなり3連打を浴び、無死満塁の大ピンチ。ここで4番・李大浩を併殺打に打ち取る。三塁走者の生還を許し同点とされたが、立ち上がりを最少失点で切り抜けた。
 
 二回にも橋本が一死から安打で出塁すると、すかさず盗塁を決め、得点圏に進む。二死二塁から寺内がタイムリーヒットを放ち、勝ち越しに成功した。
 
 先発の高木勇は粘り強い投球で、二回から四回までを無失点に抑える好投。しかし疲れの見えた五回、連打で一死一、三塁のピンチを招くと、塚田に犠牲フライを許し、同点に追い付かれる。
 
 ソフトバンク先発の松坂は3回2失点で降板したが、湿りがちな巨人打線がたたみかけられない。四回から継投に入ったソフトバンク中継ぎ陣の前に、七回まで一人の走者も出せなかった。

 巨人投手陣は六回から継投に入る。六回と七回を高木京、八回にはルーキーの戸根がマウンドへ。戸根はテンポの良い投球で三者凡退に抑え、打線に望みを託す。

 八回、松本哲の安打と送りバントで作った一死二塁のチャンス。しかし、ここで3番亀井、4番大田が凡退し、好機を生かせなかった。

 九回はソフトバンク5番手の二保の前に三者凡退に倒れ、勝ち越せなかった。
 
 九回裏のマウンドには右腕・土田が故郷に凱旋登板。土田は内野安打で走者を許すも後続を断ち、無失点に抑えた。

 試合は2-2の引き分けに終わり、長崎のG党に勝利を届けることはできなかった。


ボロボロの松坂相手に、内野ゴロの1点と寺内のタイムリー。あとはさっぱり…。投げては各投手が粘ったと言えますが、10本もヒットを打たれています。特に初回はイデホがポカしなければ一挙に大量得点という場面でしたしねぇ。

( ´ー`)y―┛~~

村田は4番候補に名乗り!とか出ていませんでしたかねぇ。それにしても、オープン戦とはいえ大田に4番を取られているようではだめでしょうねぇ。

嘆きしか出ませんな。もうちょっと打たないといくらなんでも春先から投手陣が疲弊して、夏場にとんでもないことになりそうですが?
 


↓さ、寒かったから(棒 と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« この自称平和運動家「山城博治氏」は嘘つきであり、小学生級のいちびりですなぁ… | トップページ | 例の川崎殺人事件の主犯格少年の父親が勤め先を依願退職? »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦十戦目、打線は今日も真冬です:

« この自称平和運動家「山城博治氏」は嘘つきであり、小学生級のいちびりですなぁ… | トップページ | 例の川崎殺人事件の主犯格少年の父親が勤め先を依願退職? »