« 北朝鮮で市場経済が機能しているだと…? | トップページ | タイの方々に、なぜ日本が韓国を嫌いなのか説明した猛者がいらっしゃるようです »

2015/03/15

オープン戦十四戦目、現状ではこんな試合しかできないってことでしょう

完封負けねぇ…、季節は春になりつつあるのに、まだまだ真冬の打線ですね…
Yomiuri Giants Official Web Site:3月15日 対ロッテ1回戦・QVCマリン

Yomiuri Giants Official Web Site:3月15日 対ロッテ1回戦・QVCマリン

序盤の好機を生かせず、ロッテに完封負け

 QVCマリンで行われた千葉ロッテマリーンズとのオープン戦1回戦。巨人は序盤、再三得点圏にランナーを進めるもあと1本が出ず。先発のポレダは四回に満塁走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて3失点。あとを受けて六回からマウンドに上がった西村もロッテ打線の勢いを止められず3点を奪われた。打線は最後まで得点が挙げられず4安打完封負け。前日の西武戦に続く連敗となってしまった。


 巨人の先発投手はポレダ。ロッテはチェン。

 巨人は初回、相手のエラーと四球で一死一、二塁のチャンスを迎えるが高橋由、セペダが打ち取られて得点には至らず。三回には松本哲が絶妙なバントヒットで出塁し、二盗を決めて二死二塁としたがこのチャンスも生かせなかった。巨人は初回から三回までいずれも得点圏にランナーを進めたが得点に結びつけることが出来なかった。

 ポレダは三回まで2安打無失点に抑える上々の立ち上がり。しかし四回、2本のヒットと四球で二死満塁のピンチを招くと、清田に三塁線を破られ、これが走者一掃のタイムリー二塁打となり3点を失う。巨人は先制を許してしまった。

 ポレダは続く五回にも2本のヒットと自身のエラーで無死満塁の大ピンチを迎えたが、この場面はショート・井端のファインプレーにも助けられてなんとか無失点で切り抜けた。ポレダは5回3失点でマウンドを降りた。

 反撃したい巨人打線は五、六回ともにヒットと四球で一、二塁のチャンスを作る。しかしここでもあと1本が出ず、無得点に終わった。

 六回からは西村が2番手でマウンドに上がる。西村は先頭の今江に左翼の頭を越える二塁打を打たれ、一死三塁のピンチを招くと、続く清田に犠牲フライを打たれ1失点。続く七回にも失策絡みで無死二、三塁とされ、途中出場の肘井に2点タイムリーを浴び、リードを広げられてしまう。

 打線は七回以降、ロッテのリリーフ陣に抑え込まれ、得点を挙げられぬまま試合終了。巨人は打線が復調せず、連敗を喫した。


ポレダはおいとくとしても、フランケンがなぁ…。エラーに引っ張られたとはいえ、そこで注文通り2失点しているようでは、本当に先発で大丈夫かいな?って心配です。

まぁ、打線に比べればどうってことないか?

サードのエラーって中井?藤村もサード守ってるし、なんだかポジションが混乱しているように感じますが???
 


↓誰でもどこでも守るんだ! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 北朝鮮で市場経済が機能しているだと…? | トップページ | タイの方々に、なぜ日本が韓国を嫌いなのか説明した猛者がいらっしゃるようです »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦十四戦目、現状ではこんな試合しかできないってことでしょう:

« 北朝鮮で市場経済が機能しているだと…? | トップページ | タイの方々に、なぜ日本が韓国を嫌いなのか説明した猛者がいらっしゃるようです »