« オープン戦三戦目は終盤に打たれて大敗 | トップページ | なんと、ベトナムは「ライダイハン」の問題を国会に提出しているものの、世界大統領がその訴えを保留しているようです »

2015/03/01

オープン戦四戦目も惜敗…

まぁそれはいいとしても…
Yomiuri Giants Official Web Site:3月1日 対ヤクルト2回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:3月1日 対ヤクルト2回戦・東京ドーム

終盤に好プレー、反撃も…オープン戦 ヤクルトに連敗

 前日に続いて、本拠地・東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとのオープン戦。巨人は三回、坂本の犠牲フライで先制したが、直後の四回にマイコラスが四球などで崩れ、逆転を許してしまう。七回には西村も四球からピンチを招いて失点し、リードを広げられる。さらに8回、ヤクルト・荒木に左中間への飛球を打たれたが、これを松本哲がダイビングキャッチし、勢いを止めた。その裏、巨人は橋本と小林の連続長打で1点を返し、反撃体制に。しかし、後続を断たれ、2対4でヤクルトに連敗した。

 巨人の先発は新外国人のポレダ。ヤクルト先発は石川。

 ポレダは力のある直球で初回、二回を無安打に抑え、無失点でマウンドを後に託した。

 三回には2番手の新外国人・マイコラスが登板。ヤクルト打線を三者凡退に仕留めた。

 一方、打線は三回、先頭の金城が左翼へのヒットで出塁。すかさず盗塁を決めるなどして一死三塁のチャンスを作ると、坂本が左翼に犠牲フライを打ち上げ、巨人が効率良く1点を先制した。

 だが、直後の四回、マイコラスは先頭の川端にヒットを許した後、突如、制球を乱した。後続に連続四球を与えて無死満塁のピンチを招くと、続く田中浩の遊撃ゴロの間に三塁ランナーが生還して同点に。さらに一死一、三塁の場面で、飯原に犠牲フライを打たれて計2失点。ヤクルトに逆転を許した。

 五回からは3番手・西村がマウンドへ。この回、二死から連続四球を与えたが、後続を打ち取り、無失点で切り抜けた。

 打線はヤクルト投手陣の前に五回までわずか1安打。ようやく六回、二死から井端の右翼前ヒットと相手の暴投などで二死一、三塁のチャンスを迎える。しかし四番の大田が二塁フライに打ち取られ、得点は奪えなかった。

 七回には、2イニングを無失点に抑えていた西村がヤクルト打線に捕まる。先頭打者に四球を与え、二死を取ったものの、三連打を浴びて2失点。巨人はさらにリードを広げられた。

 西村は続く八回もマウンドに上がったが、いきなり先頭の荒木に左中間への大飛球を運ばれる。この打球を途中出場の松本哲が見事にダイビングキャッチ。傾く流れを食い止めた。

 その裏、巨人打線が反撃に出る。ヤクルト4番手の木谷から、先頭の橋本が中堅フェンス直撃の三塁打。続く小林は左中間を破るタイムリー二塁打を放って1点を返した。しかし、後続がチャンスを生かせず、反撃はここまで。九回は三者凡退に終わり、2対4でヤクルトに敗れた。

 巨人はオープン戦3連敗。九回1イニングを投げたマシソンは、3者連続空振り三振の好投を見せた。


今日のキーパーソンはフランケンでしたね。先発に復帰すると言われているシーズン。起用は複数回、2-3回になるだろうという予想のもとプレーしているはず。長い回を投げるのなら不要な四死球は極力避けるべき(まぁ、先発に限りませんが)、リリーフの際にも突然四死球連発でピンチ!!!なんてのが印象に強いですよね。

で、この試合もツーアウトまで難なくとってからの、2者連続四球。この回はなんとか抑えたものの、結局四球絡みで2失点。なんだか成長してないなぁという感じ。これで先発って大丈夫かね?心配です。澤村も心配ではありますが、1回位というリリーフならまだ安心かもしれません。スタミナがあるときの澤村は無敵モードになる確率も高いですからね。

( ´ー`)y―┛~~

とにかく打線が打てていません。
そのうち…とは思うものの、大丈夫ですよね?
 


↓井端が元気だよね♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« オープン戦三戦目は終盤に打たれて大敗 | トップページ | なんと、ベトナムは「ライダイハン」の問題を国会に提出しているものの、世界大統領がその訴えを保留しているようです »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦四戦目も惜敗…:

« オープン戦三戦目は終盤に打たれて大敗 | トップページ | なんと、ベトナムは「ライダイハン」の問題を国会に提出しているものの、世界大統領がその訴えを保留しているようです »