« さすがテロリストが英雄になる国家、大使襲撃犯を「さん」づけで報道か? | トップページ | これはショック、ダルビッシュ投手が右肘靭帯損傷とは… »

2015/03/08

オープン戦九戦目、打線は真冬のままですなぁ

いくらなんでもねぇ…
Yomiuri Giants Official Web Site:3月8日 対阪 神1回戦・甲子園

Yomiuri Giants Official Web Site:3月8日 対阪 神1回戦・甲子園

西村ら4投手の完封リレーで阪神に勝利

 甲子園で行われた阪神タイガースとのオープン戦1回戦。試合は、オープン戦初先発となる巨人・西村と、阪神の岩本の一歩も譲らぬ投手戦となり、六回まで両チームとも無得点が続いた。七回に大田の均衡を破るタイムリーで巨人が1点を先制。西村の後を受けたリリーフ陣も最後までこの1点を守り抜き、阪神打線を零封。打線がややつながりを欠いたが、1対0で巨人が勝利を収めた。

 巨人先発の西村は、初回を簡単に三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せる。

 二回、打線は一死から高橋由、村田の連打で一死一、二塁のチャンスをつくる。亀井の一塁ゴロの間に二死二、三塁としたが、大田がこのチャンスを生かせず無得点に終わった。

 西村は好投を続け、三回までパーフェクトピッチングを披露。四回には無死から初めてヒット浴びるなど、無死一、二塁のピンチを背負う。しかし、落ち着いて後続を断ち無失点で切り抜けた。

 先制点が欲しい打線だったが、阪神先発の岩本を打ち崩せない。六回まで計4安打を放つも決め手に欠け、得点を挙げられない。

 六回からマウンドには2番手の江柄子が登板。見事に3人で仕留めて打線に奮起を促した。

 終盤を迎えた七回、ようやく試合が動く。二死から亀井が左翼越えの三塁打を放ち、二死三塁とチャンスを演出。すると続く大田がしぶとく左翼前に運ぶタイムリーを放ち、1対0と巨人が先制に成功した。

 八回からは青木、土田がマウンドに上がり、それぞれランナーを出しながらも0点に抑えて試合終了。4投手による完封リレーで巨人が1対0と接戦をものにした。


投手陣はよくやってると思います。打線だけがひえひえですね。ネ申や長野様という神属性の選手がいないとはいえ、ここまでひどい試合が続いてしまうと少々心配になります。

昨シーズンも打線の低調が響いて内海が開幕ずっと勝ち星がありませんでしたからねぇ…。まさかとは思いますが、あのようなシーズンの二の舞いになるんでしょうか?

( ´ー`)y―┛~~

フランケンはよかったようですね。実績はあるんですから、自分の球を信じて投げ込めれば結果はついてくると思うんですけどね。もちっと自分にいい自信を持ってほしいと思います。江柄子、青木、土田と、頑張って欲しい投手も結果を残してくれていますし、投手陣はまぁまぁ順調でしょうね。
 


↓やっぱ打線か… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« さすがテロリストが英雄になる国家、大使襲撃犯を「さん」づけで報道か? | トップページ | これはショック、ダルビッシュ投手が右肘靭帯損傷とは… »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦九戦目、打線は真冬のままですなぁ:

« さすがテロリストが英雄になる国家、大使襲撃犯を「さん」づけで報道か? | トップページ | これはショック、ダルビッシュ投手が右肘靭帯損傷とは… »