« プロ市民の方々の活動経費、一部ではあるものの組合などから出るようですね | トップページ | オープン戦十七戦目、打線が相変わらずですねぇ »

2015/03/23

オープン戦十六戦目、開幕投手候補がこれでは勝てません

それでも菅野しかいないという事情が最悪ですね…
Yomiuri Giants Official Web Site:3月20日 対日本ハム3回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:3月20日 対日本ハム3回戦・東京ドーム

一軍復帰の長野がヒットも、投手陣が安定感欠き敗戦

 東京ドームで行われた、北海道日本ハムファイターズとのオープン戦第3戦。巨人は先発の菅野が二回に4点を失うと、五回には2番手の戸根が1点を奪われ、試合の主導権を握られる。反撃したい打線は五回、亀井の2点タイムリー二塁打で2点をかえすが、逆に七、八回とリリーフ陣が乱れ、点差を広げられてしまう。2対9で迎えた九回、相川のタイムリー二塁打で1点を奪うが、反撃もここまで。3対9で敗れ、オープン戦4連敗となった。

 日本ハムの先発はガラテ。

 二回、菅野は2本のヒットなどで二死満塁のピンチを招く。ここで田中に中堅の頭を越える3点タイムリー二塁打を浴び、先制される。さらに、続く陽の遊撃ゴロを坂本が一塁へ悪送球し、もう1点を失う。序盤で4点の差をつけられてしまった。

 一方の巨人打線は二回、セペダが四球を選んで出塁する。しかし井端は一塁併殺打に倒れ、チャンスを広げることができない。三回には一死から小林がチーム初ヒットを放つが、代打・橋本は投併殺打に倒れた。

 巨人は四回、2番手の戸根をマウンドに送る。戸根はこの回を三者凡退に抑えるが、五回、連打で無死一、三塁のピンチを招くと、中田の三塁併殺打の間に1点を失う。0対5とリードを広げられた。

 五回、巨人は日本ハム3番手の白村を攻める。二死から長野、小林の四球で二死一、二塁と得点圏に走者を置いた場面で、代打・亀井が左中間に2点タイムリー二塁打を放つ。ついに打線がつながり、点差を3点に縮めた。

 直後の六回、巨人は笠原が登板し無失点に抑える。しかし七回、笠原は連打と四球で一死満塁の場面を招くと、続く近藤に押し出し四球を与え、1点を失った。

 その裏、巨人はこの日一軍復帰を果たした長野がヒットで出塁。続く小林の内野ゴロで長野の代走・吉川は二塁に進む。ここで亀井は左翼へヒットを放つが、本塁生還を狙った吉川がホームでタッチアウト。チャンス拡大とはならなかった。

 八回、巨人は4番手のマシソンがマウンドに登る。しかしヒットと2つの四球で無死満塁のピンチを迎えると、中田にタイムリー二塁打を浴び、2点を失う。さらに代わった5番手・高木京も一死二、三塁からレアードに犠牲フライを許し、2対9とされた。

 意地を見せたい巨人は九回、二死一塁の場面で相川が左中間にタイムリー二塁打を運び、1点を奪う。相川は送球間に三塁へ進むと、続く亀井は四球を選び、二死一、三塁となおも得点のチャンス。しかし鈴木尚は中堅フライに倒れ、試合終了。3対9で日本ハムに敗れ、巨人はオープン戦4連敗となった。


出てくる投手がことごとく失点しているようではねぇ。しかもマシソンさえコントロールの乱れからの失点とは…
 (ノД`)シクシク

打線がぼろぼろという現状からすれば、頼みの綱は投手陣ですが、それも崩壊寸前とは…。
果たしてこれで開幕して大丈夫なのか?
ぎゃ、逆に今が最悪の状況なのでここからは伸びるしか無いと見るべきか?

長野のヒット、亀井の好調が救いなのかな…。
 


↓ずっとこのままっていうのもあるからなぁ… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« プロ市民の方々の活動経費、一部ではあるものの組合などから出るようですね | トップページ | オープン戦十七戦目、打線が相変わらずですねぇ »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦十六戦目、開幕投手候補がこれでは勝てません:

« プロ市民の方々の活動経費、一部ではあるものの組合などから出るようですね | トップページ | オープン戦十七戦目、打線が相変わらずですねぇ »