« 平昌オリンピック、韓国はまだまだ頑張るようですが… | トップページ | 武蔵発見! »

2015/03/03

オープン戦五戦目は辛勝

実質的には負けの展開ですね
Yomiuri Giants Official Web Site:3月3日 対日本ハム1回戦・札幌ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:3月3日 対日本ハム1回戦・札幌ドーム

打線が大谷を攻略、ルーキー高木勇も好投で連敗ストップ!

 札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズとのオープン戦。巨人打線は初回、制球に苦しむ日本ハムの開幕投手最有力・大谷を攻略、3本のタイムリーヒットで4点を先制。しかし、巨人先発の大竹も不安定な投球でその裏に1点を失い、四回に、2点を返され、1点差に詰め寄られる。しかし、五回からマウンドに上がったルーキーの高木勇が3回を1安打無失点に抑え、反撃ムードを封じる。打線も六回に片岡の犠牲フライで1点を追加した。しかし、八回、3番手の山口がソロホームランを浴び再び1点差、九回は4番手の笠原が四球とエラーで一死満塁のピンチを迎える。このピンチを併殺打で切り抜け、試合終了。オープン戦の連敗を3で止めた。

 巨人の先発は大竹。日ハムは大谷。

 巨人打線は初回、制球の定まらない大谷を捕らえる。一死から松本哲、坂本が連続で四球を選ぶとセペダが左翼線にタイムリーを放ち先制に成功。さらに高橋由、井端にタイムリーが飛び出し、初回いきなり4点のリードを奪った。続く二回、一死から3者連続四球で満塁とするも、その後を抑えられ、点差を広げることは出来なかった。

 一方、大竹も不安定な立ち上がり。二つの四球で得点圏にランナーを背負うと、タイムリー内野安打を打たれる。それでもレアードを空振り三振に押さえ1失点に食い止めた。
二回にも四球で一、二塁に走者を背負うも、後続を抑えた。

 三回、先頭打者・高橋由が二塁打で出塁したが、後続が倒れ追加点を奪うことが出来ない。

 四回、ファイターズの反撃を受ける。
 先頭打者の近藤にソロホームランを浴びると、続く岡に二塁打、西川にタイムリーヒットを許し、この回2点を追加され、1点差に詰め寄られる。

 ここで大竹はマウンドを降り、五回からは高木勇がマウンドへ。3回を投げ、1安打に抑える好投を見せた。
 逃げ切りたい巨人は六回、2番手の中村を捕らえる。井端が中堅にヒットを放つと、代走・藤村の盗塁、送りバント、四球で一死一、三塁。ここで片岡が犠牲フライを放ち、5点目を挙げた。

 しかし、八回からマウンドに上がった山口はハーミッダにソロホームランを浴び、再び1点差に。さらに九回、4番手の笠原も四球とエラー、送りバントで一死二、三塁のピンチ。敬遠策で塁を埋め、一死満塁。笠原はここで気迫の投球を見せ、北を遊撃併殺打に仕留め、試合終了。
 何とか逃げ切り、5対4でオープン戦の連敗を3で止めた。


初回の得点がすべてというような試合展開ですけど、それは結局は大谷投手の乱調があったればこその得点のようですのでねぇ。ま、タイムリー連発ってのは今までにない展開ですがw

( ´ー`)y―┛~~

大谷投手、どうしたんでしょうね?
ここまで四球連発するようなイメージは無いんですけど、やっぱり開幕投手指名を受けての登板だったので緊張したんでしょうか?でも、この程度で緊張するようでは、開幕投手など難しいですよね。今回で慣れたとは思いますので、是非開幕戦の好投を期待したいですね。
 


↓え?G論評なし?w と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 平昌オリンピック、韓国はまだまだ頑張るようですが… | トップページ | 武蔵発見! »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦五戦目は辛勝:

« 平昌オリンピック、韓国はまだまだ頑張るようですが… | トップページ | 武蔵発見! »