« アメリカの日系人収容所について | トップページ | オープン戦八戦目、さっぱりでした… »

2015/03/07

オープン戦七戦目、小山が好投しました

が、この人はなかなか安定しないのでねぇ…
Yomiuri Giants Official Web Site:3月6日 対オリックス1回戦・京セラドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:3月6日 対オリックス1回戦・京セラドーム

小山五回無失点、終盤に集中打…オープン戦3連勝

 京セラドームで行われたオリックスバファローズとのオープン戦1回戦。巨人・小山、オリックス・ディクソンの両先発の好投などで、六回までは両チームともに無得点。七回、巨人は高橋由のタイムリーヒットで均衡を破ると、井端にタイムリーが飛び出し、一挙に3点を先制した。九回には藤村のタイムリー三塁打で2点を追加。投げては、小山の後を受けたマシソン、澤村、戸根らリリーフ陣がオリックス打線を翻弄して無失点でつなぎ、2試合連続の完封リレーを達成した。巨人はオリックスに5対0で完勝し、オープン戦3連勝を飾った。

 小山は初回、オリックス打線を三者凡退に抑えて波に乗ると、その後も力強い投球を見せ、三回までをパーフェクトに押さえ込む。

 一方のディクソンも巨人打線を三回まで完璧に抑え、序盤は全く互角の投手戦となった。

 巨人は四回、一死から松本哲が内野安打で出塁すると、すかさず二盗を決め、先制のチャンスを作る。しかし、坂本、セペダが空振り三振に倒れ、先制点は奪えない。

 その裏、小山は二死から中島に左翼線への二塁打を許す。続くブランコには四球を与え、二死一、二塁のピンチ。だが、迎えた小谷野を中堅フライに打ち取り、無失点で切り抜けた。

 試合が動いたのは七回。六回から登板の2番手・マエストリを巨人打線が攻め立てる。先頭の松本哲が四球で出塁すると、原監督は即座に代走・鈴木尚を起用。鈴木尚は二盗を決めて無死二塁。坂本が内野安打で続き、無死一、三塁にチャンスを広げ、一死後、高橋由が左翼に先制タイムリーヒットを放ち、巨人が1点を先取した。さらに、井端もしぶとく左翼前に運ぶタイムリーヒットで2点追加。一挙3点を奪って巨人が主導権を握った。

 投手陣は小山が五回を無失点に抑えた後、マシソン、澤村、戸根がそれぞれ1イニングを無安打に抑え、オリックス打線に付け入る隙を与えない。

 一方、巨人打線は九回にもチャンスを作る。内野安打と四球で二死一、二塁とすると、藤村が中越えのタイムリー三塁打を放ち、2点を追加。試合を決定付けた。

 その裏、5番手として笠原が登板。笠原は一死から連打を浴びるも、後続を打ち取り、試合終了。巨人は終盤の集中打と投手陣の安定したリレーで、5対0とオリックスに完勝。日本ハム戦からのオープン戦連勝を「3」に伸ばした。


天才、井端、藤村という、ベテラン二人と背水の陣の控え選手(失礼)が決めた得点。特に藤村のセンターオーバーのタイムリーは嬉しいですね。きっと、藤村だからということもあって少し前に出ていたんでしょうけど、こういう打撃ができれば・続けば相手もそうそう前に出てこれないでしょうからね。外野になるのか内野になるのかはわかりませんけど、贅沢を言えるような立場じゃないので言われたところで全力を尽くして欲しいですね。

井端もしぶといですね。守備はいいし、1軍には欠かせない選手のようになってきました。天才も体調さえ大丈夫ならそこそこやってくれるでしょうし、楽しみなシーズンです。

( ´ー`)y―┛~~

あと、投手陣ですね。特に澤村のリリーフ起用ですが、エースになるのか?それともマシソンがそのままなのか?気になるところです。澤村は1回限定ならスタミナもキレることはないでしょうけど、連投になるとどうでしょうかねぇ。不安はそこだけかも???

ということで、打線はまだまだぱっとしませんけどね。そろそろ村田も男になってほしいものですし、ネ申やちょうの様など神属性の選手の姿もみたいですよねぇ。
 


↓焦るでないわ m9っ`Д´)  と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« アメリカの日系人収容所について | トップページ | オープン戦八戦目、さっぱりでした… »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦七戦目、小山が好投しました:

« アメリカの日系人収容所について | トップページ | オープン戦八戦目、さっぱりでした… »