« オープン戦十六戦目、開幕投手候補がこれでは勝てません | トップページ | オープン戦十八戦目、打線が相変わらずですねぇ »

2015/03/23

オープン戦十七戦目、打線が相変わらずですねぇ

ビデオみたいな試合ばかりですね
Yomiuri Giants Official Web Site:3月21日 対日本ハム4回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:3月21日 対日本ハム4回戦・東京ドーム

阿部に待望の一発が出るも、オープン戦5連敗

 東京ドームで行われた、北海道日本ハムファイターズとのオープン戦第4戦。巨人は先発のポレダが二回に1点を失うが、四回に阿部のオープン戦第1号となるソロホームランで同点とする。しかし2番手のマイコラスが七回に1点を失い、八回にもホームランなどで3点を奪われ試合の主導権を握られる。反撃したい打線は八回までチャンスを作ることができず、九回に、坂本、阿部の連続安打などで二死二、三塁とするが後続を断たれ、試合終了。1対5で敗れ、オープン戦5連敗となった。

 巨人の先発はポレダ、日本ハムの先発は大谷。

 ポレダは一回、西川の内野安打と盗塁で無死二塁のピンチを招くが、田中を捕ファウルフライに、陽、中田を見逃し三振に仕留めて無失点で切り抜ける。

 続く二回、先頭から2人連続で内野フライに打ち取るが、岡にソロホームランを浴び、先制されてしまう。

 巨人打線は初回、亀井が左翼へヒットを放って以降、三回まで安打が出ず、日本ハム・大谷の前に二塁を踏むことすらできなかった。

 しかし、四回、代わった矢貫から阿部が左中間へオープン戦1号となるソロホームランを放ち、同点に追い付く。

 五回から、2番手の右腕・マイコラスがマウンドに上がり、2イニングを一人のランナーも許さず抑えた。しかし、七回、先頭のレアードに四球を与えると送りバントなどで二死二塁のピンチを招く。ここで中島卓にタイムリーを浴び、またもリードを許してしまう。

 続く八回も、失策などで無死一、三塁のピンチを作ると、中田の犠牲フライで1対3とリードを広げられる。さらにボークなどで二死二塁とするとレアードの2ランホームランで1対5と突き放された。

 反撃したい打線は六、七回、日本ハム・吉川から四球を選び出塁するも無安打に終わり、八回に登板した増井に対しても塁に出ることができない。

 九回を3番手・土田が無失点に抑えると、その裏、一死から坂本が内野安打で出塁。阿部も右翼へのヒットで続き一、二塁とチャンスを作るが、続く代打・高橋由と橋本が内野ゴロに倒れ、1対5で試合終了。オープン戦5連敗となった。


ネ申の一発が出たようですが、それだけの試合ですね。4安打で5点取るのはほぼ不可能でしょう。四死球が20個位あれば別ですが(爆

先発ポレダ、4回で自責点は1ということですのでまぁまぁですかね。それにしても、この程度?の投手を先発陣ということで頼らざるをえないのが歯がゆいですね。

内海の離脱が痛いです…。小山もぴりっとしませんしね。宮国はどこに行ったのやら状態ですし…。
 


↓グチしか出てこないようだなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« オープン戦十六戦目、開幕投手候補がこれでは勝てません | トップページ | オープン戦十八戦目、打線が相変わらずですねぇ »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦十七戦目、打線が相変わらずですねぇ:

« オープン戦十六戦目、開幕投手候補がこれでは勝てません | トップページ | オープン戦十八戦目、打線が相変わらずですねぇ »