« オープン戦七戦目、小山が好投しました | トップページ | 民主党の周りはいつの間にか地雷原になっているようですなw »

2015/03/07

オープン戦八戦目、さっぱりでした…

4安打では勝てませんけどね、勝ち負けはいいとしてもなんだか…
Yomiuri Giants Official Web Site:3月7日 対オリックス2回戦・京セラドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:3月7日 対オリックス2回戦・京セラドーム

マイコラスが3回無失点の好投も…打線振るわず連勝ストップ

 前日に続き、京セラドーム大阪で行われたオリックスバファローズとのオープン戦2回戦。巨人は二回にセペダと金城のヒットでチャンスを作ると、相手のバッテリーエラーで1点を先取する。しかし先発のポレダが三回、自身のけん制悪送球もあり同点にされると、四回には3本のヒットを集められて1点の勝ち越しを許した。その後は2番手の山口、3番手のマイコラスがオリックス打線を無失点に抑えたものの、巨人打線もオリックス投手陣の前に四回以降は二塁も踏めず。1対2で敗れ、連勝は3でストップした。

 巨人の先発は新加入の左腕・ポレダ、オリックスが吉田一。

 二回、巨人はセペダがチーム初ヒットを放って出塁。二死後、金城の内野安打が相手遊撃手の悪送球を誘い、二死一、三塁のチャンスを作った。すると続く中井の打席で相手投手・吉田一が暴投し、その間にセペダが生還。巨人が幸先よく1点を先制した。

 先発のポレダは初回と二回を打者三人で抑えたが、三回、先頭の川端にヒットを許すと、けん制悪送球と送りバントでピンチを広げ、一死三塁の場面を迎える。続く伊藤は遊撃ゴロに打ち取るも、その間に三塁走者の生還を許し、1対1の同点に追いつかれてしまった。

 四回、ポレダは中島に内野安打を打たれ、この回も先頭打者の出塁を許す。その後ヒットと内野ゴロで二死一、三塁のピンチを招くと、川端にタイムリーヒットを浴び、1対2と逆転されてしまった。

 リリーフ陣は札幌ドームから続く好調を維持。ポレダの後を受けた2番手の山口が五回を三者凡退に打ち取ると、3番手のマイコラスは六、七、八回を、走者を出しながらも、味方の好守もあり無失点に抑え、先発ローテーション入りをアピールした。

 しかし、巨人打線は四回以降、オリックス先発の吉田一、2番手の白仁田の前にチャンスすら作ることができず無得点。1点ビハインドで迎えた九回はオリックス3番手の榊原の前に三者凡退に倒れ、試合終了。1対2でオリックスに破れ、オープン戦の連勝は3でストップした。


ポレダ?、初回は牽制でアウトにするなどよかったようですが、三回は逆に悪送球ですか…。まぁ、そうやって慣れていくんでしょう。野手との呼吸もあるでしょうからね。マイコラスはなかなか好調を維持しているようですね。どちらかが先発枠なんでしょうかねぇ…。笠原とか宮国とかどうしてるんでしょ?

山口は心配いらずでしょう。でもまぁ、投げ過ぎなので心配ではありますが、なくてはならない投手なのでねぇ…。無理せずに。でもあまり空きすぎると不調になるという投手だし(爆

( ´ー`)y―┛~~

打線、大丈夫なのかな?特に枢軸の人。誰とはいわんが…。
 


↓しゅ、守備があるから(震え声 と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« オープン戦七戦目、小山が好投しました | トップページ | 民主党の周りはいつの間にか地雷原になっているようですなw »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦八戦目、さっぱりでした…:

« オープン戦七戦目、小山が好投しました | トップページ | 民主党の周りはいつの間にか地雷原になっているようですなw »