« 【開幕2戦目】ポレダはクイックできないのなら一軍にあげちゃだめ | トップページ | 【開幕4戦目】村田復調もマシソン崩壊で惜敗 »

2015/03/30

【開幕3戦目】倍返しはできませんでしたけど、打線爆発で開幕カード勝ち越し!

ほんと、土曜日と比べてなんて忙しい試合だったことでしょう♪ タオルが回りまくりました!!!
Yomiuri Giants Official Web Site:3月29日 対DeNA3回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:3月29日 対DeNA3回戦・東京ドーム

高木勇がプロ初登板初勝利、打線は猛攻11点で快勝

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの3回戦。巨人は、亀井が1本塁打を含む3安打4打点の活躍をみせるなど打線が爆発、プロ初登板・初先発のルーキー高木勇を援護した。高木勇はランナーを出すも要所を締めるピッチングをみせ、6回2失点の好投、開幕カードでプロ初勝利をあげた。投打がかみ合った巨人はDeNAとの開幕カードを2勝1敗で勝ち越した。

 巨人先発はルーキーの右腕・高木勇。DeNAは三嶋。

 高木勇は初回、桑原から見逃し三振を奪うなど、三者凡退に抑える素晴らしい立ち上がりを見せる。

 ルーキーの好投に打線が応える。初回、坂本、井端の連続ヒットと長野の四球でいきなり無死満塁のチャンスをつくると、続く阿部が左翼に犠牲フライを放って巨人が先制に成功する。この後も、村田の二塁ゴロの間に井端が生還してこの回2点をあげた。

 二回、高木勇は二死から連続ヒットを浴びるなどして二死満塁と初めてのピンチを迎える。ここで三嶋には二塁後方へ打球を運ばれるが、これを井端がジャンピングキャッチ。ベテランのファインプレーに助けられてこの回も無失点で切り抜けた。

 三回も高木勇はピンチを招く。先頭の石川のヒットと犠打などで一死一、二塁とされると筒香に中堅前タイムリーヒットを打たれて1点を返されてしまう。なおも一死一、三塁とピンチは続いたが後続を断ち、追加点は許さなかった。

 追加点をあげたい打線は四回、一死一塁から亀井が内角球をうまくさばき、右翼スタンドへ2ランホームラン。開幕戦に続く第2号を放ち、DeNAを突き放した。

 続く五回には2つの四球と阿部のヒットで再び無死満塁のチャンスをつくり、三嶋をノックアウト。二死後、代わったDeNAの2番手・林から、またも亀井が右翼に2点タイムリー二塁打を放った。この後、相川、高木勇、坂本、井端の4連打でさらに3点を追加。この回打者一巡の猛攻で一挙5点を挙げ、大量リードを奪った。

 大量援護を受けた高木勇は六回に1点を返されるも2失点の好投。勝利投手の権利を持ったままブルペン陣にマウンドを託した。

 七回からはルーキーの戸根が2試合連続の登板。筒香を空振り三振に仕留めるなど1イニングを無失点に抑えた。

 その裏、亀井と井端のそれぞれ3本目のヒットなどで二死満塁とすると、長野が中堅に2点タイムリーヒット。ダメ押し点をあげて勝負を決定付けた。

 八回のマウンドには笠原が上がる。四球と倉本のヒットで一、二塁とされ、高城にタイムリー二塁打を打たれたが、この1点でしのいだ。

 九回からは高木京が登板。上位打線を危なげなく三者凡退に抑えて試合終了。高木勇が開幕カードでのプロ初勝利を挙げた。巨人はDeNAとの開幕カードで勝ち越しを決めた。


試合は打線が打って投手もそこそこ抑えた、という結果にはなっていますけど、試合の趨勢が今だ見えていない序盤に、貴重なプレーがありました。

2回表の2アウト満塁の場面で三嶋が打ったセカンド後方というかセンター前の浅い飛球。セカンド井端が懸命にバックして捕球してくれましたが、あそこでヒットになれば最低でも2点入って同点、しかもまだランナーが残ってチャンス継続というところでした。2アウトなので普通の守備位置だったことも幸いしましたが、ほんと、チームを救ったプレーと言っても過言ではないでしょう。

先発はプロ初先発の新人高木です。あそこで失点していればどうなったことか。ただでさえ初登板初先発で緊張しているのが当然、そこでせっかく先制してくれたのに失点して同点となれば、普通は気落ちしてばたばたっとなってもしようがないところでしょう。初先発に大量援護、展開としては理想のものになりました。

その井端は打っても絶好調。5打席全打席出塁という偉業を成し遂げています。四球を2つもとっています。そのおかげもあり、打線がつながって11得点にもなったと言えるでしょう。

ほんと、いい選手を獲得できました。39歳?にして開幕スタメンというのが嬉しいとも言えますし、若手どうしたという危機感も出てきます。同じ世代の天才も元気ですしね。捕殺なんていうのも開幕戦でありましたし、あと少しの2000本安打を目指してほしいものです。

( ´ー`)y―┛~~

ということで、あとは村田のヒットですね。幸いに打点はありますし、四死球もあるので、あとは本当のヒット、タイムリー、ホームランですね。中にはいい当たりもあるものの、やはりアウトの内容が悪いです。当てただけとかまったく合っていない空振りとか、成績が成績だけに目立ちます。

ネ申はそこそこヒットも出ていますし、打球も上がっていますのであと少しというところですかね。長野様はすでに怪我の影響も見えず普通にプレーしていますしね。

亀井が絶好調ですね。このまま怪我をせずにシーズン頑張ってくれれば、成績はついてくるものと思います♪
 


↓キャプテンはいまいちだが… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 【開幕2戦目】ポレダはクイックできないのなら一軍にあげちゃだめ | トップページ | 【開幕4戦目】村田復調もマシソン崩壊で惜敗 »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【開幕3戦目】倍返しはできませんでしたけど、打線爆発で開幕カード勝ち越し!:

« 【開幕2戦目】ポレダはクイックできないのなら一軍にあげちゃだめ | トップページ | 【開幕4戦目】村田復調もマシソン崩壊で惜敗 »