« 労組が労働者の待遇改善に積極的ではない? | トップページ | オープン戦十二戦目、まだまだ春は遠いようです »

2015/03/11

オープン戦十一戦目、打線は今日も真冬です2

はーるよこいw
Yomiuri Giants Official Web Site:3月11日 対ソフトバンク2回戦・ヤフオクドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:3月11日 対ソフトバンク2回戦・ヤフオクドーム

セペダのタイムリーで先制も、逆転を許し惜敗

 ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦2回戦。先発の大竹は順調な立ち上がりを見せると、三回にセペダのタイムリーで巨人が先制点を挙げる。しかし四回、大竹が連打を許しピンチを招くと逆転の2点タイムリーを浴び、これが決勝点に。リリーフ陣は一人の走者も出さないパーフェクトな投球を見せたが、1対2の僅差でソフトバンクに敗れた。

 巨人先発はオープン戦2度目の登板となる大竹。ソフトバンク先発はスタンリッジ。

 初回、巨人打線は先頭の松本哲が死球、続く井端がヒットでつなぎ無死一、二塁の好機を作った。一死後、セペダが四球を選び満塁としたが、後続が倒れ先制のチャンスを生かせなかった。

 先発の大竹は初回、二回をパーフェクトに抑える完璧な立ち上がりを見せる。

 三回表、打線は井端が前の打席に続くヒットで出塁すると、金城の進塁打で一死二塁。この場面で4番のセペダにタイムリーヒットが飛び出し、巨人が効果的に1点を先制する。

 序盤を無失点に抑えた大竹だが、四回にピンチを迎える。連打を許して無死一、三塁、さらに二盗を許したところで内川に2点タイムリーヒットを浴び、1対2と逆転されてしまう。

 反撃したい巨人打線だが、五回から七回まで一人も走者を出すことができず、ソフトバンクリリーフ陣をなかなか打ち崩すことができない。

 大竹の後を託された投手陣は好投を見せる。六回は青木、七回は山口が三者凡退に打ち取り、両左腕は順調な仕上がりをアピールした。

 八回、巨人は先頭の寺内がヒットで出塁、一死後、セペダのヒットで得点圏にランナーを進めたが、決定打を欠き無得点に終わった。

 その裏、4番手の笠原が三者凡退に抑える好投で最後の攻撃に望みをつなげた。

 九回表、打線はソフトバンクのサファテに三者連続三振に抑えられ、1対2で試合終了。六回からマウンドに上がったリリーフ陣は一人の走者を出さない好投を見せたが、チャンスを生かせずソフトバンクに敗れた。


今までどおり、投手はいいようですねw
 


↓もう、記事アップは不要では?w と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 労組が労働者の待遇改善に積極的ではない? | トップページ | オープン戦十二戦目、まだまだ春は遠いようです »

ジャイアンツ2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦十一戦目、打線は今日も真冬です2:

« 労組が労働者の待遇改善に積極的ではない? | トップページ | オープン戦十二戦目、まだまだ春は遠いようです »