« 西川公也農林水産相をグレーだけど批判している民主党の玉木雄一郎議員が、これまたほぼ真っ黒?なグレー献金を受けていたようですw | トップページ | 与那国島の投票結果はひとまずよかったなと思いますが… »

2015/02/22

牡蠣大好きなので、復興支援にもなるのならここに行ってみようかな♪

値段も高くないしね♪
東京でカキ小屋ブーム 食べて応援、三陸産 - 47NEWS(よんななニュース)

東京でカキ小屋ブーム 食べて応援、三陸産 - 47NEWS(よんななニュース)

カキを殻のまま自分で焼いて食べるカキ小屋が東京都内で増えている。東日本大震災で深刻な被害を受けた岩手、宮城両県のカキを「食べて応援してほしい」と関係者は意気込む。

 JR日暮里駅前のビル9階に、昨年10月にオープンした「かき小屋テラス日暮里駅前店」(東京都荒川区)。三陸産カキの専門店だ。最上階にあり、屋内部分は調理場と作業スペースだけ。ビールケースを椅子代わりに並べた屋外のテラスが客席だ。寒さを防ぐためにシートで覆った“店内”は屋台のようなムードが漂う。

 この日は1皿(1100円)に5個の殻付きカキが。客自身が軍手を着けて炭火こんろで焼く。産地に多いカキ小屋のスタイルだ。

 又吉優希店長(27)は元陸上自衛官。練馬駐屯地(練馬区)にいたころ大震災が発生し、福島県へ派遣された。それを機に「復興の役に立ちたい」と思い続けた。たまたま同店開業の話を知り、退官。「産地の雰囲気まで味わってほしい」と仙台市のカキ小屋で修業し、開店に臨んだという。

 冬には利用者が減るバーベキュー施設を生かして、カキ小屋にしたのは国営昭和記念公園(立川市)。昨年にオープンし、家族連れの来園者らに人気だ。「子ども2人を連れてきた」という杉並区の主婦(42)は「カキを楽しんでいるのは大人ばかりですが、復興支援にもなると思うとうれしい」と話す。同園は「閑散期の集客にもつながる」としている。

 「三陸牡蠣PR実行委員会」代表で、カキ販売卸の「アイリンク」(仙台市)の斎藤浩昭社長によると、大打撃を受けたカキ養殖は、2013年には生産量が戻り始めた。しかし一度離れた出荷先を取り戻すのは困難で「三陸産のカキの需要が戻らなければ、養殖業者は立ちゆかなくなる」とみる。

 斎藤さんは各地の飲食店にカキ小屋の開店を呼びかけており、「安定的な販路としてカキ小屋を今後も増やしていきたい」と話している。
2015/02/21 16:06 【共同通信】


一番いいのは現地に行って観光することやボランティアなんでしょうけど、こういうことも身近なところでできる復興協力ですよね。福島産のものを買う・食べる。

日暮里ということなので、仕事帰りでも行けなくもない場所ですね♪

【KAKIGOYA.COM】かき小屋テラス日暮里駅前店 三陸牡蠣の復興を推進すると同時に、牡蠣を殻ごと焼き上げて食するというカキ小屋を日本の一つの食文化として作ることに貢献するカキ小屋チェーンです。
 


↓他にもいろいろメニューが有るようだし♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 西川公也農林水産相をグレーだけど批判している民主党の玉木雄一郎議員が、これまたほぼ真っ黒?なグレー献金を受けていたようですw | トップページ | 与那国島の投票結果はひとまずよかったなと思いますが… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牡蠣大好きなので、復興支援にもなるのならここに行ってみようかな♪:

« 西川公也農林水産相をグレーだけど批判している民主党の玉木雄一郎議員が、これまたほぼ真っ黒?なグレー献金を受けていたようですw | トップページ | 与那国島の投票結果はひとまずよかったなと思いますが… »