« 元売国反日党の人物が、文部科学大臣の補佐役に就任とな! | トップページ | ホンダが2000万円のバイクを発売 »

2015/01/07

これぞ決断!トヨタだからこそできる大英断でしょうか?

期限付きってのが肝ですが、特許を無償開放というのは初めて聞きました
Yahoo!ニュース - トヨタが燃料電池関連の特許を無料開放、普及促進狙う (産経新聞)

Yahoo!ニュース - トヨタが燃料電池関連の特許を無料開放、普及促進狙う (産経新聞)

産経新聞 1月6日(火)8時37分配信

 【ワシントン=小雲規生】トヨタ自動車は5日、燃料電池に関する約5680件の特許を自動車メーカーや部品メーカーなどに対して無料で開放すると発表した。特許開放により燃料電池車の生産や水素ステーションの設置を後押しすることで、燃料電池車の普及に向けた環境整備を進めることが狙い。

 対象となるのは燃料電池に関する特許約1970件や、燃料電池を制御するシステムに関する特許約3350件など。いずれもトヨタが単独で保有している特許で、燃料電池車に関するものは2020年までの期限付で開放される。水素の生産や供給に関する特許には開放期限は設けられない。

 トヨタは昨年12月、世界の自動車メーカーとして初めて燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の一般向けの販売を始めた。特許開放には燃料電池車の規格でトヨタ方式を浸透させることで、市場での主導権を握る思惑もありそうだ。

 エコカーの特許をめぐっては、米電気自動車(EV)ベンチャーのテスラ・モーターズが昨年、EV関連の特許を開放している。


燃料電池車と電気自動車の覇権争いになってきつつありますね。ただ、なぜ現行のエンジンがここまで長生きしているのかということも気にはしないといけませんね。長く続いているものにはそれなりの理由があるはずですので。

テスラも特許を開放しているということですので、双方、まずは自分の領域での覇権争いに勝とうと、こういうことでしょう。要は

デファクト・スタンダード

を目指しているのでしょうね。そのための特許開放。ただ、技術を開放されても実際に設計製造できるか?というのは別問題なので、特にあの国は難しいでしょうね。手取り足取り、合併会社でも作って教えてもらわないと理解できないんでしょうからねw

( ´ー`)y―┛~~

それはそれとして、両方式ともに従来のガソリンスタンドのようなエネルギー補給場所が大量に設置されないと使い物になりません。水素スタンド?は愛知県で爆進建設中のようですが、トヨタくらいの財力があれば全国制覇も直ぐでは?とも感じますが、そこまで自力で全部するのは???ということで、水素の生産や供給に関する特許には開放期限は設けられないのでしょう。どんどん自由に作ってくれと。

あと、電気自動車の充電って時間がかかる?というイメージしかありませんけど、大丈夫でしょうか?数分で少なくとも80%くらいまでは充電できないとガソリン車のような感覚では乗れませんよね。

そういう意味では電気自動車は不利なのかなぁと感じます。あと、両方共とてつもないくらいのエネルギーを積みますので、事故の際の安全性は気になりますね。まぁ、ガソリン車も同じっちゃー同じですが、威力が違うような気が…。
 


↓2020年からの特許許諾料が ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 元売国反日党の人物が、文部科学大臣の補佐役に就任とな! | トップページ | ホンダが2000万円のバイクを発売 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これぞ決断!トヨタだからこそできる大英断でしょうか?:

« 元売国反日党の人物が、文部科学大臣の補佐役に就任とな! | トップページ | ホンダが2000万円のバイクを発売 »