« 2014年12月14日 - 2014年12月20日 | トップページ | 2014年12月28日 - 2015年1月3日 »

2014/12/26

修学旅行で台湾に行く学校が増えているそうな

慶祝♪ ですなぁ…!
Yahoo!ニュース - 修学旅行、中韓から台湾へ=年2万人突破―日本の高校生 (時事通信)

Yahoo!ニュース - 修学旅行、中韓から台湾へ=年2万人突破―日本の高校生 (時事通信)

時事通信 12月25日(木)2時31分配信

 【台北時事】修学旅行で台湾を訪れた日本の高校生が2013年度に2万734人(138校)となり、初めて2万の大台を突破したことが24日、分かった。沖縄県・尖閣諸島の国有化や歴史認識をめぐり中国、韓国との関係がぎくしゃくする中、海外の修学旅行先として中韓から親日的な台湾にシフトする動きが出ているようだ。

 公益財団法人全国修学旅行研究協会(本部・東京)によると、10年度に修学旅行で台湾を訪れた日本の高校生は9458人(60校)だった。11年度に前年度比約34.9%増の1万2759人(73校)と急増し、12、13年度も2年連続で約4000人ずつ増加している。

 修学旅行先の国・地域別順位でも、台湾は13年度に校数、生徒数とも前年度の5位から2位に上昇し、トップのシンガポールとの差は約200人に迫った。過去4年トップだった韓国は6位に転落し、中国は12年度からトップ10を外れている。台湾は14年度も増加傾向にあり、関係者は「最終的に台湾がトップとなる可能性が高い」とみている。


まぁ、そもそも特亜に修学旅行などありえないでしょう。修学などできるわけはないし、謝罪させられるだけでしょうし、またそういうところにしか連れて行かない学校でしょうし。それに加えて、安全面もねぇ…。死んでからは遅いんですからね、レイプや強盗の被害もありえますし。交通事故とかね、心配しだせばきりがありません。

そういう中で台湾への修学旅行が増えたというのは喜ばしいですね。素晴らしいです。日本統治時代がよかったんだ!!!なんていうことを強弁する必要はありません。その実態を直にその目で見てくれば、それだけでいい修学になると思います。

修学旅行の交換、なんてのもいいかもしれませんね♪

Photo

( ´ー`)y―┛~~

ところで、修学旅行で別に海外に行く必要などない、とも言えます。なにしろ、2000年以上の歴史を持つ我が国ですから、国内で修学に値する場所などいくらでもあるでしょう。そういうところも見なおしてくれればいいのにと感じます。

まぁ、ただの観光旅行という位置づけなのであれば海外旅行もいいかもしれませんがね。
 


↓それでも特亜はないなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/12/25

懐かしの「太蔵」枠ってのが今だに存在していることを再確認できました

昨日のニュースで見ましたけど、これはありえんなぁ…。まぁ、ただの料理家のおばちゃんってことでいいのでしょうけど、政治家なんだからなぁ…
自民党の新人・前川恵議員、「NEWS23」で「分からない」繰り返す - ライブドアニュース

自民党の新人・前川恵議員、「NEWS23」で「分からない」繰り返す - ライブドアニュース

2014年12月25日 10時39分

24日放送の「NEWS23」(TBS系)で、自民党の新人・前川恵衆議院議員が、記者の質問に「分からない」と繰り返す場面があった。

番組では、衆院選を受けた特別国会に初登院した新人議員43人に今後の意気込みを記者がインタビューした。前川議員には「中にはこんな議員も…」というナレーションつきで選挙中の争点について、記者が尋ねるシーンがあった。

料理研究家だった前川議員は、衆院選で東京比例ブロックから出馬し、初当選した。前川議員は「今回の選挙の、この結果が全てだと思いますので。国民の皆さまからアベノミクスに対する評価を得たんだと思います」と語った。

しかし、記者が「実質賃金がすごく下がっているというデータも一方であるんですが、その点はいかがですか」と追及すると、前川議員は「それも一つの課題だと思いますが…」と数秒間口ごもり、「どうしよう。分かんない」と漏らした。

続けて、前川議員は「議員定数の削減」について意見を求められると、「私は削減もありだと思います」と明言すると、慌てて「あれ、自民党の方針って何でしたっけ?削減でしたっけ?」と逆に記者に確認した。

さらに、記者から「議員定数が削減されると、比例の議席も減っちゃいますよね」と水を向けられると、「分かんない。それはノーコメントです」と応じた。

そして、前川議員はインタビューの最後、「私は「食」という分野で、精いっぱい自分ができることをやっていけたらと思っているので」と自身の抱負を語った。


ひどいインタビューでした。
でも、自民党だけこんな議員の場面が流されるのに、少しだけ違和感…。他の党にはないのかとかね、まぁ負け惜しみです(爆

もしかして、なんも政治的な勉強もせずに立候補したのかなぁ?民主党が大勝した総選挙でもそんなのはごろごろあったと思いますが、政治家に立候補したんだからこういう候補者ってのは御免被りたいですねぇ。

ひと事で言えば、

政治する気、ないだろ?

っていう印象しかありません。

こういう候補者が当選するのであれば、なぜに次世代の中山候補などが落選するんだと、少々憤りを感じてしまいます…。
 


↓育つと信じるしか無いが… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治は広く国民みんなのために、当たり前ですがな…

何を言わんとしているのか???
政治は全国民のために 第3次安倍内閣発足 :社説:中日新聞(CHUNICHI Web)

政治は全国民のために 第3次安倍内閣発足 :社説:中日新聞(CHUNICHI Web)

2014年12月25日

 第三次安倍内閣が発足した。政治は政権を支持した人だけでなく、すべての国民のためにある。政権再始動に当たり、あらためて肝に銘じてもらいたい。

 安倍晋三氏が第九十七代首相に選出された。在職日数はきょうで千九十六日。戦後就任した三十三人の首相のうち、第三次内閣までこぎ着けたのは安倍氏で七人目だという。

 来年九月に自民党総裁選を迎えるが、先の衆院選の結果を受け、よほどの失政がなければ、再選は揺るがぬ情勢だ。

 首相自身も、長期政権を視野に入れていることだろう。

異なる意見にも耳を

 ただ、気になることがある。

 衆院選で自民、公明両党の与党合わせて三分の二以上の議席を再び獲得したことを受けて、異なる意見に耳を傾けない政治が横行しないかということである。

 安倍首相はきのう、自民党両院議員総会で、先の衆院選を振り返り、「勝利の喜びに浸ることは、きょうをもって過去のことにしなければならない」と述べた。

 選挙での勝利に傲(おご)らず、謙虚に政権運営、政策遂行に努めることは当然だ。

 そして、こう続けた。

 「私たちの訴えにじっと耳を傾けていただいた方々、この多くの国民の期待に応えなければいけない」

 選挙で選ばれた政治家が国民の期待に応えるのは当然だが、それはすべての国民を意味しなければならない。

 自分たちを支持した国民だけを念頭に置くのなら、異なる意見の切り捨てにつながるからだ。

 国会議員は「全国民を代表する」(憲法四三条)存在だ。国会議員はもちろん、国会で指名を受けた首相も、首相に任用された閣僚も、託された職務の意味を再確認してほしい。

-- 後略 --


政治は国民のため、国家の安寧、安泰のためのものですね。国益と言い換えてもいいでしょうけど。

大きな柱はどのような政権でも変わらないはずですが、それでも何を優先してとか、そういう味付け的なところは変わっても然るべしでしょう。どういう創意工夫があっても味付けが特徴的であっても、和食であれば和食として供されることには違和感がありません。

でも、海苔巻きの具に「キムチ」が入っていたり、あるいは味噌汁に豆板醤が入っていたりするような料理は、果たして和食と言っていいのかどうか?そういう食事を日本国民が欲しているのかどうか、甚だ疑問です。

そういう料理を作ろう、国民に食べさせてあげようとしているのが、公明党、民主党や社糞党、生活の党(まだ党でしたっけ?ウフフw)、共産党ですよね。

確かにそういう料理が好きだという国民も中にはいらっしゃるでしょうけど、普通の人はそんなまがい物の和食ではなく、普通の食べ慣れた、昔ながらの料理を食べたいと思っているのです。

( ´ー`)y―┛~~

そういえば民主党政権時代はマジモンの強行採決がありましたよね。というか頻発していましたっけ?片や、自民党政権の際には審議を尽くして採決に移行しても強行採決と報道されます。なんでもかんでも自民党政権が悪いというような報道をなくし、公明正大とまでは言いませんけど、少なくとも事実が事実として報道されることをしていかないとダメでしょう。自浄努力ができればいいんですが、無理ですかね?

( ´ー`)y―┛~~

ということで、政治は議論だけをしている遊びではありません。何らかの結論を導かなくてはなりませんので、そこで多数決、というルールがあります。ありますが、その多数派は少数意見を最大限尊重することが求められます。

それを肝に銘じ、進んで欲しいですね。これはすべての政党に言えることです。
 


↓野党には無理だな と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんちゃってイケメンランキングとな!

ランキング、イケメンもそうでないのも入っているように感じますが…
「なぜイケメン扱いなの?」とギモンに思う芸能人ランキング【女性目線編】 (VenusTap)|ウーマンエキサイト ニュース

「なぜイケメン扱いなの?」とギモンに思う芸能人ランキング【女性目線編】 (VenusTap)|ウーマンエキサイト ニュース

2014年12月25日 20時40分

今年は、イケメン俳優・西島秀俊らが結婚を発表し「日本中の女子が悲鳴をあげた」などというニュースが話題になりましたが、芸能界には“イケメン”と呼ばれるタレントさんがまだまだ大勢存在します。

しかし、数多いるイケメン俳優の中で「うーん、友達はカッコイイって騒いでいるけれど、個人的にはどこがイケメンなのかよくわからないかも……」と思う人もいるのではないでしょうか?

そこで今日は、『VenusTap』が10代~40代の女性300名を対象に「なぜイケメン扱いされているのか疑問な芸能人」というアンケート調査を実施(協力:クリエイティブジャパン)。意外な結果が明らかになりましたよ~。

■カッコイイけど“イケメン”なの!? ちょっぴり首をかしげてしまう人気芸能人ランキング

5位までのランキングは以下のとおり。

・第1位:松山ケンイチ

・第2位:綾野剛

・第3位:藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)

・第4位:向井理

・第5位:東出昌大

-- 後略 --


上記でイケメンだと感じるのは、向井理さんくらいですね。でも、感心するほどのイケメンか?と聞かれれば、そこまでの印象ではないですねぇ…。

個人的にイケメンとくれば

■松潤
■役所広司

ですかね。

異論は認めますw

昔一緒に仕事をしていた取引先に、めっちゃくちゃキムタクに似ていた人がいましてね…。会議とかするたんびに、「イケメンだなぁ」と思っていたものです。SMAPの中では、やっぱりキムタク氏でしょうかね…。

い、異論は認めますw
 


↓でも、5人の誰でも※の資格はありそうだ… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バブル期真っ盛りの頃のスキー事情

懐かしいニュースですねw ってか、なんと効果的なおっさんホイホイなんだw
バブル最盛期のスキー場 リフト2時間待ちは当たり前だった│NEWSポストセブン

バブル最盛期のスキー場 リフト2時間待ちは当たり前だった│NEWSポストセブン

2014.12.24 16:01

 クリスマスイブの夜に豪華なディナーとホテルを予約し「特別な夜」を演出するようになって久しいが、そうしたブームの隆盛に大きく寄与したのが、1987年公開の映画『私をスキーに連れてって』だ。

 当時のクリスマスは「スキー文化」と密接に結びついていた。クリスマス前後に女性をスキーに誘うのは当時の流行りのデートプランで、特に人気のスキー場が新潟・苗場スキー場だった(その他、斑尾高原なども若い男女に人気だった)。

 苗場へと向かう関越道は大渋滞。苗場まで4~5時間かかることもザラ。「スキー場に着いてもリフトの2時間待ちは当たり前で、昼までに2度リフトに乗れればいいほうだった」(都内の50代会社員・A氏)という信じられないような時代だった。

 中でも苗場プリンスホテルは高嶺の花で、クリスマス時期に泊まることは「赤プリ」を上回るステータスだったといわれる。

 ちなみに当時、スキー場に行く車で最もカッコいいといわれたのは、『私をスキーに連れてって』にも登場したトヨタのセリカGT-FOURだった。A氏の思い出話。

「27歳の時、苦労して苗場プリンスを予約したんです。当時の彼女を誘うととても喜んでくれた。で、親父に車を借りて出かけたんですが、途中の雪道でタイヤが滑って脱輪。大渋滞を引き起こしてしまったんです。周囲の協力もあって30分ほどで元に戻れたのですが、彼女のテンションは下がりまくり。結局スキー場に着いても大混雑だし、東京に戻るまでロマンティックなムードになることはありませんでした」

 なお、当時はスタッドレスタイヤはほとんど普及していない。「女の子の前でタイヤチェーンをスムーズに装着できるように男たちは必死に練習していた」(A氏)という。

※週刊ポスト2014年12月26日号


スタッドレスは履いていませんが、私も愛車「ピアッツァ」で白馬などに行っていましたよ。後輪にチェーンつけてね。野澤温泉に行った際には夜中に降った新雪が道路に結構積もっていて、後輪駆動とマニュアルトランスミッションゆえの、アクセルワークの難しさに悪戦苦闘して宿に着いたことを覚えています。

ゲレンデが混んでいたのは確かで、例えば栂池スキー場だと朝一でゴンドラに向かい、そこで1時間位並んでやっと乗車、リフトなんかは普通に数十分待ち。確か日券を買うのも結構並んだような記憶が…。

で、結婚して子供ができて久しぶりに行ったスキー。場所ももちろん違うけど、リフトの隙っぷりに驚きましたよ。並ばずに乗れるwww ばんばん滑れるwww ってか、休む隙がないのでオッサン疲れるやんwww 状態でした。

まぁ彼女とイブにゲレンデなんていう経験はありませんけど
(´・ω・`)

いま見ても楽しい映画だと思いますよ。いろいろ時代は感じますけどw
一番面白いのは、うまい人が一生懸命下手に滑ってるのがねw 笑えるっていうか、どう繕ってもうまいってのが見え見えなところが面白いっすわw
 


↓おっさんホイホイ 盛況だなw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/24

金子さんは元の鞘に収まったようです

最後は金目だったのでしょうか?
Yahoo!ニュース - 金子がオリ残留発表「優勝したい気持ち強かった」 (東スポWeb)

Yahoo!ニュース - 金子がオリ残留発表「優勝したい気持ち強かった」 (東スポWeb)

東スポWeb 12月24日(水)17時12分配信

 オリックスから国内FA宣言していた金子千尋投手(31)が24日、大阪市内で会見を行い残留を発表した。金子は神戸市内の球団寮での練習後に渋滞に巻き込まれ、予定開始時刻から20分遅れて会場に到着。会見は30分遅れでスタートした。

 金子は「今年できなかった優勝をしたいと思う気持ちが強かった。決まったからには今年以上に責任を持って取り組んでいきたい」と話した。

 会見に同席した西名球団社長は「金子選手が残っていただけることを心強く思っている」とコメントした。日本を代表するエースには中日、阪神、DeNA、楽天などが獲得に乗り出していた。


そういうしかないような展開と結果ですねぇ。4年契約で20億円+出来高というようなニュースが出ていますけど、そのコメントが

今年できなかった優勝をしたいと思う気持ちが強かった

ではねぇ…。

なんかこう、これぞとってつけたというコメントのようにしか聞こえません。実際はわかりませんけど、結局は他のチームよりもお金がよかっただけでは?としか思えないですね…。悪いけど。

そういえばメジャーとかも言っていませんでしたっけ?

( ´ー`)y―┛~~

ま、他チームのことですし、あまり関係がないんですけどね。ただ一言だけ言わせてもらうとすれば、

G戦には投げてくれるな!

ってことでしょう♪
 


↓当然だろw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日でブログ満10周年です♪

ブログを始めたのが、2004年の12月24日、10年前です。

始めはただの(というと語弊がありますが)暇つぶしというかつぶやきっぽいもののはずが、いつの間にかGブログになりーの、時事ニュースへのツッコミというスタイルになり~の。

基本、他力本願のブログ記事ですので読んでもためにはなりません。密かな目標としては、満10年で100万ユニークアクセスでしたが、現在97万ということで3万不足。例のniftyの件でぐっとアクセスが減ってしまったのが痛かったですね…。

それと以前は毎日のように記事をアップしていたのですが、最近は少し疲れてしまい、記事を書かないことも増えてきました。が、日々ネタの収集は欠かしていませんので、その内どんと書くかも?

ま、シーズンが始まれば、オープン戦やキャンプが始まれば、否が応でも毎日更新することになりますけどね♪

ということで今年もあと一週間。早いものです。特に年をとってからは早いですね。つい先日Gが優勝したような感じです。あれ?日本シリーズって今年なかったんですよね?おかしいな?
 


↓悪性インフルで脳みそ腐ったか?w と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/21

預金口座にもマイナンバー適用とな!

これはしないと意味がありませんからねー
預金口座にマイナンバー 政府 個人の資産把握 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

預金口座にマイナンバー 政府 個人の資産把握 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

 政府、与党が、国民一人一人に番号を割り当てるマイナンバーを、銀行などの預金口座にも適用する方針を固めたことが19日、分かった。個人資産をより正確に把握する狙いがある。30日に決定する2015年度の税制改正大綱に盛り込み、来年の通常国会に改正法案を提出する方向だ。

 マイナンバーは年金や納税の情報を一元管理する制度で16年1月に始まる。現行法では預金口座への適用はできないため、法改正が必要になる。18年に実際の運用を始める方向で検討する。

 預金口座の情報を把握すると、社会保障や税負担の公平感につながる可能性がある。その一方、個人資産を政府に把握されることや情報漏えいへの不安が高まりそうだ。

 税制改正大綱には、税務調査を効率的に実施するため、銀行などに対し、預貯金情報をマイナンバーで検索可能な状態で管理することを義務付けると明記する方針だ。

 マイナンバーの活用策をめぐっては、政府税制調査会が4月、預金口座にマイナンバーを付けることを検討するよう求める内容の論点整理をまとめていた。

[ 2014年12月19日 21:29 ]


その一方、個人資産を政府に把握されることや情報漏えいへの不安が高まりそうだ

情報漏洩なんてのは取ってつけたような言いがかりでしょう。

個人資産を政府に把握される

ことへの不安が大きい?

個人資産を国に把握されて不安に思うということは、資産隠ししているということですのでね。犯罪者です。犯罪者が政府の方針に不安を覚えるということは、政府は正しいことをしていることになりますね♪

Photo

預金の名義に通名が使えなくなるし、こういう風に確実に政府に把握されるし、ますます在日韓国人・朝鮮人の皆さんには住みにくくなるようですね♪

無理して住んでいなくても、祖国に帰ればいいのにと思います。徴兵も始まるようですし、大丈夫ですかね?
 


↓帰化していてもだめっていうのがあるようだしな… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やるきがあれば何でもできる!!!支那のやる気は半端ないなw

まぁ買わないからどうでもいいんだけどね(´・ω・`)
中国製スマホ「Coolpad」に出荷時から情報を収集するプログラム - Paloalto - 夕刊アメーバニュース

中国製スマホ「Coolpad」に出荷時から情報を収集するプログラム - Paloalto - 夕刊アメーバニュース

2014年12月20日 10時00分
提供:マイナビニュース

米PaloAlto Networksは12月18日、中国の宇竜計算機通信科技が販売したAndroid搭載スマートフォン「クールパッド(Coolpad)」に、出荷時からバックドアプログラムが含まれていたことを明らかにした。

このバックドアは、一般的に「CoolReaper(クールリーパー)」と呼ばれているもの。CoolReaperは、Coolpadにプリインストールされている状態で出荷されている。

ユーザーの利用データなどを収集しているが、パロアルトネットワークスによると「CoolReaperはデータ収集の範疇を超えた動作を行っている」と指摘している。

具体的なCoolReaperの挙動は以下の通り。

ユーザーの同意または通知なしにAndroidアプリケーションをダウンロードして、インストール。そのままアクティベートする
ユーザーデータのクリアや既存アプリケーションのアンインストール、システムアプリケーションの無効化を行う
デバイス更新を行わずに不要なアプリケーションをインストールできる。また、偽のOTA(over-the-air)アップデートをユーザーに通知する
スマートフォンに恣意的なSMSやMMSメッセージを送信または挿入する
恣意的な電話番号をダイヤルできる
デバイスに関する情報や場所、アプリケーション使用状況、電話、SMS履歴をCoolpadサーバーへアップロードする

CoolReaperがインストールされているスマートフォンは、ユーザーの端末をメーカー側で制御できるようになっている。また、セキュリティソフトがバックドアの検出を困難にするように、OSをカスタマイズしている可能性が高いという。

この問題は、パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスチーム「Unit 42」の分析によって明らかにした。CoolReaperはCoolpadシリーズの24機種で確認されており、1000万以上のユーザーに影響を与える可能性があるとしている。


怖すぎますね。なんでもできちゃう。そらそうです。OSも公開されているんですからね。何でもありです。

アプリをインストールできたり、OTAのアップデートもできちゃうってことは、もうなんでもありでしょうw 情報駄々漏れどころの話じゃないです。例えば犯罪予告のメールを不特定多数に送信して、その後OTAでまともなものに総入れ替えして痕跡を残さないとか、そういうレベルのこともできそうですねw

まさに、安物買いの銭失い。

用心したいものです。
 


↓韓国製もな! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月14日 - 2014年12月20日 | トップページ | 2014年12月28日 - 2015年1月3日 »