« 2014年9月14日 - 2014年9月20日 | トップページ | 2014年9月28日 - 2014年10月4日 »

2014/09/27

【マジック0=優勝!!!】内海が粘投!打線も効果的に援護し、ついにセ界制覇!

こんなに苦しんだシーズンもなかったですよね、お疲れ様でした!
Yomiuri Giants Official Web Site:9月26日 対DeNA20回戦・横 浜

Yomiuri Giants Official Web Site:9月26日 対DeNA20回戦・横 浜

リーグ3連覇!エース内海の粘投で決める

 マジック2で迎えた横浜DeNAベイスターズとの20回戦。巨人は四回、亀井のタイムリーヒットなどで3点を先制することに成功する。直後に1点を返されるも、六回にアンダーソンの2ラン、村田のソロでDeNAを突き放した。巨人先発・内海はピンチを背負いながらも、大量点は許さない粘りの投球。八回途中3失点でリリーフにバトンを渡す。巨人は西村、山口、最後はマシソンと繋ぎ、6対3で試合終了。2位広島が敗れたため、巨人が3年連続36度目のリーグ優勝を決めた。

 DeNA先発は井納。

 初回、内海は先頭打者を失策で出塁を許してしまう。続く打者に送りバントを決められ、いきなり得点圏に走者を許すが、グリエルの遊撃への鋭い打球を坂本が好守。続く後藤を歩かせ、二死一、二塁とされるも、筒香を三振に斬って取り、ピンチを脱した。
 
 打線は二回、一死からアンダーソンが中堅へチーム初ヒットを記録。しかし、亀井が併殺打に倒れ、チャンスを広げることはできなかった。

 内海は初回のピンチを乗り切り、波に乗った。二回、三回とDeNA打線を三者凡退に抑え、打線の援護を待つ。

 四回、打線が井納を捉える。先頭の橋本が四球で出塁すると、井納の暴投と送りバントで一死三塁と先制のチャンスを迎える。二死後、アンダーソンが四球を選ぶと、続く亀井が右翼へとはじき返し、先制の走者をホームへ迎え入れる。さらに死球で一死満塁とすると、片岡が井納の直球をセンター前へ運び、アンダーソンと亀井の二者が生還。巨人が3点を先制した。

 その裏、内海は先頭のグリエルに二塁打を打たれる。後藤を右翼フライに打ち取るも、筒香にタイムリーヒットを許し、1点を返される。続くバルディリスを歩かし、一死一、二塁とされるが、井手を併殺打に打ち取り、最少失点に抑えた。

 六回、打線が再び火を噴く。先頭の阿部がヒットを放つと、続くアンダーソンが低めの球を完璧に捉えた。右翼への2ランホームランとなり、巨人は貴重な追加点を挙げた。続く亀井の打席で井納に代わってソトがマウンドに上がると、村田が左中間スタンドへソロホームランを叩き込み、さらに1点を追加した。

 八回、内海は一死からグリエルに三塁線を破られ、一死二塁とされる。二死後、筒香に左中間へのタイムリー二塁打を打たれたところで、原監督は西村への交代を決断。内海は八回途中138球の力投を見せた。西村はバルディリスを遊撃ゴロに打ち取り、DeNA打線の反撃を断ち切った。

 九回は、山口がマウンドへ。山口が石川を二塁ゴロ、梶谷を右翼フライに打ち取ったところで、原監督が立ち上がる。最後のマウンドにはマシソン。マシソンは下園にヒットを許したものの、最後は桑原を空振り三振に仕留め、試合終了。直前に2位・広島が敗れたため、巨人のリーグ優勝が決定。原監督が昨年と同じ8度、宙に舞った。また、これでDeNAとの対戦成績を10勝10敗のタイとし、セリーグ全チーム勝ち越しを視野に入れた。


この日、参戦しようと思えば何の問題もなく参戦でsきたんですが、何故か躊躇して自宅観戦と相成りました。というのも、内海がいい投球をするのは当然として、果たして相手の井納投手を打てるのか?ということ。

そこで、参戦は土曜日にして今日はじっくり自宅でと考えた次第です。
が、それが仇になってしまいました。

( ´ー`)y―┛~~

試合展開は先制、ダメ押しの2ラン+ソロが飛び出して、試合は決定的。でも、DeNAも粘りましたね。内海を攻めてついに引きずり下ろしたまではさすがでした。

しかし、そこからはGの抑えのカルテットの登場。フランケンに一球でジエンドになり、9回は山口に簡単に2アウト。最後はマシソン。ヒットは打たれたものの、最後の天敵桑原を三振に切って取り、歓喜の輪が出来ましたねぇ。

( ´ー`)y―┛~~

今シーズンは開幕直後は打線が絶好調で記録を作るくらいの勢いでしたけど、それ以降は主軸がさっぱりでした。ネ申を始め、長野様、男村田、ロペス、はっきり言って5分程度打率足らんやろって状態がずっと続いていましたね。片岡も期待はずれでエラーも目立ってしまうし、打線でずっとそれなりに打ってくれていたのは坂本一人、と言っても過言ではないでしょう。

好調だったアンダーソン君や橋本も怪我で離脱。これが痛かったですね。特に橋本。レギュラー奪取か?と思わせる活躍でしたけど…。復活してからの打撃もいまいちですが…。アンダーソン君は復活後も活躍してくれていますね♪この試合のホームランなんて神業レベルでしょう、あれがフェアゾーンのスタンド上段まで飛ぶんですから驚きです。

投手陣も菅野以外はぱっとせず、象徴されるのが内海の不調。というか、援護率があれではねぇ。そもそもの防御率はそれなりだったんですから、犠牲者とも言えますかね…。あとは抑えのカルテットの不振ですね。確かに昨シーズンが出来過ぎというのはそのとおりですが、印象としては出れば失点という感じです。後半は良くなったとはいえ、好調が続きませんでしたね。やはり、疲労ではないでしょうか?投げすぎなんです。

( ´ー`)y―┛~~

というように、打線も投手陣もさっぱりというチーム状態でも首位なのが不思議なシーズンでした。接戦に強いというシーズンでしたが、それは選手交代して出てきた選手が活躍しているということですし、監督インタビューでも出ていましたけど、ここぞの場面で打つ、投げる、捕る、走る、そういうことがベンチ入り選手全員で出来ていたことが勝因なんでしょうね。

それを象徴するのが、天才とタカヒロの二人でしょう。天才の活躍は言うに及びません。時にスタメン、時に代打と八面六臂の活躍でチームに勝利をもたらしてくれました。タカヒロは代走・守備固めが主な出場でしたが、その足で何度もチームを救ってくれました。一時は代走からの生還率が7割?を超えるくらい、出れば得点という、最終兵器とも言える活躍。

( ´ー`)y―┛~~

野球って、プレーするのは選手なんだから監督始め首脳陣の采配で勝つような試合はシーズンで数試合あればいいほう、なんていう意見もあります。私もその意見に賛成でした。

ただ、今シーズンを見る限り、やっぱりベンチの采配がなければ、原監督始めとするベンチの采配がなければ、優勝など無理だっただろうと確信しています。

と同時に、その采配にしっかり応える選手がいてこその采配なんだということも確信しました。

要は、チームで戦い、チームで勝つ。

今シーズンの優勝は大きな価値があります。これからのジャイアンツの進むべき方向性をしっかりと確認できたシーズンだと言えるでしょう。圧倒的な成績の選手がいなくても総合力、集中力で勝てる。そこに個々の選手の能力向上が重なれば。

常勝球団の完成

常勝球団。

その意味は、常にCS進出ということではなく、リーグ優勝ということ。

球団創立80周年に、このようなシーズンがあったことは何かの運命を感じます。ただ、まだそういう将来のことを一ファンがどうこう言うのは気が早いでしょう。

ここはまずCS突破&日本シリーズ優勝です。

去年の忘れ物がありますので、しっかりと受け取って、それから余裕を持って振り返り、未来に思いを馳せてみたいと思います。

ジャイアンツ、ありがとう!

Ncm_2771
 


↓苦労したシーズンだから喜びもひとしお♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/25

「ヤッホー」って、ナイツのネタかよ m9っ`Д´)

実在する会社とは驚き…
キリン、ヤッホーと提携…株式33%取得へ (読売新聞) - Yahoo!ニュース

キリン、ヤッホーと提携…株式33%取得へ (読売新聞) - Yahoo!ニュース

読売新聞 9月25日(木)10時59分配信

 キリンビールは24日、長野県の地ビール会社「ヤッホーブルーイング」と資本・業務提携したと発表した。

 ヤッホーは、ホテル事業などを展開する星野リゾートの子会社で、「よなよなエール」などを販売している。キリンは同社から一部株式を買い取るとともに、新株を引き受け、最終的に33.4%の株を保有する。取得額は十数億円。


ヤッホーブルーイング | 信州の地ビール|長野県酒類販売株式会社

いろいろあるんですねぇ。

ま、そのうち(というか今もだろうけど)子会社にして、地方限定ビール?への布石にするんでしょうね。要は、日本テレビ放送網のような感じでね。それもまぁ、ひとつの解でしょう。


 


↓で、本物のラガーはいつ出来るんだ? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この「内閣府高官」っていうのが実在する人物なら、最強の失言でしょう

で、ホンマに誰か言ったの?
「新聞は読売だけで十分」(政府高官) 朝日失墜で、安倍政権と読売の世論統制加速? | ビジネスジャーナル

「新聞は読売だけで十分」(政府高官) 朝日失墜で、安倍政権と読売の世論統制加速? | ビジネスジャーナル

2014.09.21

文=須田慎一郎/ジャーナリスト

 「もう朝日新聞や毎日新聞は読む必要はありませんよ。新聞は、読売の一紙だけ読んでいれば十分」。内閣官房高官が真顔でこう話す。9月11日、朝日の木村伊量社長が記者会見を開き、従軍慰安婦問題や吉田調書報道をめぐる誤報問題に関して経営トップとして初めて正式に謝罪し、吉田調書記事の撤回を表明した。

 この一件は朝日に対する読者、国民の信頼低下を招いたが、事の本質はそのことだけにとどまるものではない。冒頭のコメントは、安倍晋三政権が新聞メディアの中で読売を特別扱いしていることの証左とも受け取れる「特別扱い」とは、読売に優先的に情報を提供している、ということにほかならない。それを裏付けるかのように、米国務省関係者は次のように語る。

「ここ最近の読売は、いうなれば『日本版人民日報』と化している。政府の公式見解を知りたければ読売を読めばいい、というのが各国情報関係者の一致した見方となっている」

 そして安倍政権の中枢は、そうした“見方”を強く意識するかたちで情報のコントロールに動いているようだ。前出の内閣官房高官が明かす。

「情報のコントロールがこちらの思惑通りに進めば、メディア統制も可能になってくる。そしてメディア統制に成功すれば、世論形成もリードすることができるようになる」

●崩れた「朝日の役割」

 こうした安倍政権のメディア戦略は、成功すれば政権基礎を安定させる上で、大きくプラスに作用することは間違いない。しかし、一方では国民にとって大きなリスクを背負わせることも確かだ。安倍政権のメディア戦略は、これまで政府の思い通りにはうまくいかなかったのが実情だった。なぜなら、朝日が反安倍派として大きな役割を果たしてきたからだ。

「もともと朝日は、これまでリベラル的な立場から反安倍というスタンスを強く打ち出してきた。一方、朝日と発行部数で1・2位を争う読売も、第一次安倍政権時代には容赦なく政権批判を展開していた。ところが、読売のスタンスは第二次安倍政権の発足とともにガラッと変わり、完全に体制擁護に回ってしまった」(経済官庁幹部)

 果たして、安倍首相と読売との間に何があったのだろうか。

 筆者の聞くところでは、安倍首相の後ろ盾となっていた大物マスコミOB(故人)が間に入るかたちで、安倍首相と読売トップが手打ちをしたのだという。そうなってくると、メディアによる公権力の監視、さらに公平かつ多面的な報道を担保する観点でも、朝日の役割が大きくなってくるわけだが、一連の誤報問題を受けて、朝日にその役割を期待できない状態に陥ってしまった。

 対メディア戦略という点でも、安倍政権は向かうところ敵無しという状況になりつつある。
(文=須田慎一郎/ジャーナリスト)


自分も読売新聞をとっていますけど、平日は全く読まないですね。休日にはしっかり読みますが…。

いろいろとアレですが…

「特別扱い」とは、読売に優先的に情報を提供している、ということにほかならない

これって記者クラブのことですかね?w

もともと朝日は、これまでリベラル的な立場から反安倍というスタンスを強く打ち出してきた

リベラルって、どういう意味でしたっけ?w
まさか、捏造歪曲上等っていう意味じゃないですよね?

メディアによる公権力の監視、さらに公平かつ多面的な報道を担保する観点でも、朝日の役割が大きくなってくる

こ、公平っすか?
公平って、どういう意味でしたっけ?w
まさか、捏造歪曲上等っていう意味じゃないですよね?

( ´ー`)y―┛~~

自分たちの立ち位置は当然あると思いますが、捏造歪曲してまでも反日報道に汗をかく、なんていう報道機関は廃止でしょう。報道は事実を基にして欲しいものです。その事実の取捨選択はあってもいいと思いますよ。少なくとも、事実ではあるわけですからね。

で、間違いが分かればすぐに訂正・謝罪報道をする。もしその誤った報道を基に海外でも報道されているような事態であれば、英語のサイトで大々的に訂正報道をする。ここまでは義務でしょう。

その義務が前提として、その所業が国益、日本民族の誇りを汚すようなものであれば、証人喚問が当然でしょう。なぜそんなことをしたのか、ということです。知りません、わかりません、というような答弁であれば、報道機関の資格なしということで廃刊させればよろしい。百害あって一利なしですからね。

今重症なのは地方新聞でしょうかね…。
 


↓確かに と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地名の難読ってのは、本当に読めませんからねぇ

でも、全国にこんなにも読めない地名=駅名があるとは、知りませんでした…

各都道府県の読みにくい駅名で打線組んだwwwwww :日刊やきう速報

定番の北海道…


北海道
1(三)北一已
2(遊)長都
3(右)倶知安
4(捕)愛冠
5(左)留萌
6(一)比布
7(中)大楽毛
8(DH)東雲
9(二)上常呂
P 雄信内

もうね、1番から敬遠状態ですわw

なにげに難読、栃木…


栃木
1(右)真岡
2(中)壬生
3(二)下野大沢
4(三)県
5(左)文挟
6(捕)樅山
7(一)楡木
8(DH)宝積寺
9(遊)野州大塚
P 大谷向

で、故郷の和歌山!


和歌山
1(右)学文路
2(二)印南
3(一)六十谷
4(中)芳養
5(DH)冷水浦
6(三)笠田
7(捕)千旦
8(遊)名手
9(左)隅田
P 朝来

朝来!我が家の最寄り駅!なんか嬉しい♪

さぁ、皆さんも故郷の難読を制覇しましょうぞ♪
 


↓で、なんて読むの? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【マジック2】打線は粘ったものの序盤の失点が効き、マジック消化はならず…

でもまぁ、いい試合でしたな。大田はスタメンで使わんともったいないような状況です、信じられませんけどw
Yomiuri Giants Official Web Site:9月25日 対中 日24回戦・ナゴヤドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:9月25日 対中 日24回戦・ナゴヤドーム

大田の2点タイムリーで詰め寄るも、中日に及ばず M2のまま

 優勝へのマジック「2」で迎えた中日ドラゴンズとの24回戦。巨人は初回、坂本のタイムリーヒットと亀井の犠牲フライで2点を先制する。しかし先発のセドンは制球が安定せず、平田に3ランホームランを浴びるなどし三回途中4失点で降板。中日に逆転を許してしまう。2対5で迎えた八回、大田の2点タイムリー二塁打で1点差まで詰め寄ったが反撃もここまで。4対5で中日に敗れた。2位・広島が勝利したため、巨人の優勝へのマジックは「2」のままで足踏みとなった。

 先発は巨人がセドン、中日が山井。

 試合は初回から動く。巨人は長野のヒットと片岡の送りバントで先制のチャンスを迎えると、坂本のタイムリーヒットで幸先よく1点を先制した。アンダーソンもヒットで続くと、亀井が犠牲フライを放ち、さらに1点を追加。巨人が早くも2点のリードを手にした。

 約1ヶ月ぶりの先発となったセドンは初回、先頭の大島にヒットを許すものの、藤井、ルナを連続三振に仕留めて無失点の立ち上がり。しかし二回、先頭の平田に四球を与えると、ヒットと送りバントで一死二、三塁とされ、続く武山の内野ゴロの間に1点を返されてしまった。

 三回、セドンは大島への四球でこの回も先頭打者に出塁を許すと、続く荒木にヒットを打たれ無死一、三塁のピンチを背負う。藤井、ルナは打ち取るも、平田に3ランホームランを浴び、2対4と逆転を許してしまう。さらに高橋周に三塁打を打たれた所で原監督はセドンを降板。2番手の久保にマウンドを託す。二死三塁のピンチで登板した久保は、堂上直を中堅フライに抑えて後続を断ち切った。

 四回から六回まで、久保は中日に得点を許さない。一方、巨人打線も山井を攻略できぬまま、試合は終盤へ入る。

 七回、巨人は3番手の高木京をマウンドに送るも、先頭の大島にヒットを許すと、送りバントとヒットで一死一、三塁のピンチを迎えてしまう。さらにルナに四球を与え満塁とされると、平田に犠牲フライを打たれて1点を失った。

 2対5で迎えた八回、巨人は山井から代わった又吉を攻め立てる。先頭の橋本が四球を選ぶと、二死後、アンダーソンのヒットで一、三塁とする。ここで打撃好調の大田が左中間を破る2点タイムリー二塁打を放ち、4対5と1点差まで詰め寄った。なおも二死二塁のチャンスだったが、後続が倒れ同点とはならなかった。

 1点を追う巨人は九回、先頭のロペスがヒットで出塁する。しかし続く加藤が送りバントに失敗すると、井端は遊撃併殺打に倒れて試合終了。この日は広島が勝利したため、マジックは「2」のままとなり、巨人の優勝は明日から横浜スタジアムで行われるDeNA戦以降に持ち越しとなった。


初回の攻撃は流れるようなものでしたが、その後ですね。チャンスはそこそこあったようにも感じますが、結局8回まで得点はなし…。8回も村田が続いてくれればなぁというところではありました。

投手陣も、セドンをつないだ投手が粘りましたけどね。満塁で1失点で凌ぐとかねw

( ´ー`)y―┛~~

しかし、大田は本当にここのところ神がかっていますねぇ。途中出場の最初の打席でもこれですからね。またいいところで回ってくるってのが、ヒーローの条件でもありますが♪

ま、今日は大田の活躍が見れたってのと、ネ申が休息できたのでよしとしましょう。

( ´ー`)y―┛~~

それはそれとして、明日からのハマスタの大将がこんなこと言ってますが?
中畑「巨人の胴上げを選手に見せてやりたい」

中畑「巨人の胴上げを選手に見せてやりたい」

(帰り際、駐車場で再度、報道陣に対応。巨人が優勝目前となったことに)
 「ここに来て安定した勝ちっぷりを見せつけている。戦力を見れば、結果を出すのは当たり前とは思うけどね。認めてしまうのはいけないが、ひとつだけ言えるのは今年は(対等に)戦えているのは進歩だと思う」

(27日から、横浜スタジアムで巨人との3連戦があるが)
 「うちで決めてもらってもいい。選手にも見せてやりたいんだ。悔しさを、来季につなげてほしいから。しっかり、生の胴上げを見て、優勝っていいなと思ってくれたらいい

http://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=2867715


うちで決めてもらってもいい。選手にも見せてやりたいんだ。悔しさを、来季につなげてほしいから。しっかり、生の胴上げを見て、優勝っていいなと思ってくれたらいい

確かにという面もあるしなぁ…。
でも、村田や内川みたいにFAで出て行かれないことを祈りますが…。
 


↓まー、このカードで決まるやろ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/24

【マジック2】今日も相手のミスに乗じて、追加点!山口のハラハラ劇場はかんべんして欲しいっす♪

最初の2得点もエラーがらみですし、もう一つの2点もエラー絡みですからねぇ…。ドアラとくれば守備が徹底的にいいチームというイメージしかないんですが、どうしたんでしょうかねぇ…
Yomiuri Giants Official Web Site:9月24日 対中 日23回戦・ナゴヤドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:9月24日 対中 日23回戦・ナゴヤドーム

好投の菅野が12勝目 投打がかみ合いマジックを3に減らす

 ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの23回戦。先発の菅野は初回こそピンチを招くも、その後は無失点の好投を続ける。打線は中日先発・大野に苦戦を強いられたが、五回に相手のミスで得点、さらに菅野がスクイズを決めて2点を先制する。七回に山口が無死満塁のピンチを背負ったが、最少失点で切り抜けると、八回に途中出場のロペスのタイムリーで貴重な追加点を挙げる。その後はリリーフ陣が相手の反撃を許さず、4対1で試合終了。優勝へのマジックを3に減らした。

 菅野は立ち上がりを攻められる。一死から四球でランナーを出すと、大島にヒットを許し一死一、三塁。先制のピンチを招いたが、続く森野を併殺打に打ち取り得点を与えなかった。

 巨人打線は中日先発・大野に苦戦。初回から四回までヒット1本、二塁すら踏めずに得点の好機を作ることができない。

 一方、菅野は二回以降は立ち直り、ランナーを出しながらも要所で併殺を奪って四回まで無得点の投球を続ける。

 菅野を援護したい打線は五回、無死から村田、亀井に連打が飛び出し無死一、三塁とする。この好機で好調の大田は空振り三振に倒れたが、亀井が二盗に成功すると送球を二塁手がエラー。ボールが転々とする間に三塁走者の村田が生還し、巨人は思わぬ形で先制に成功した。小林が四球で再び一死一、三塁のチャンスを作ると、菅野が絶妙なスクイズを決めて1点を追加。巨人は機動力を生かし、2点のリードを得て試合を進めていく。

 菅野は6イニング無失点の好投でマウンドを降り、七回は山口がマウンドへ。山口は連打と四球で無死満塁の逆転のピンチを背負う。続く高橋周から空振り三振を奪ったが、続く代打・ルナの打席で暴投。自らのミスで1点を失った。その後、ルナを右翼フライに打ち取ると、三塁走者はタッチアップで本塁を狙う。しかし、ライト・橋本が好返球を見せ、帰塁しようとした三塁走者が戻れずタッチアウト。山口は無死満塁の大ピンチを最少失点で切り抜けた。

 八回、巨人は橋本、片岡の連打で一死一、二塁の好機を作る。打線はつながり二死二、三塁までチャンスを広げると、途中出場のロペスが左翼へのタイムリーヒットで1点を追加。さらに左翼手がボールを後逸する間に二塁走者・片岡も本塁を踏み、終盤に2点の貴重な追加点を挙げて4対1とした。

 九回裏、4番手のマシソンが登板。危なげなく三者凡退に抑える好投で、4対1で逃げ切り試合終了。坂本は1000試合出場、山口は500試合登板を達成。優勝へのマジックをこの時点で3に減らした。


なんというか、こういう重要な試合を放送しないとは、放送局の怠慢以外のなにものでもないでしょう。国民的行事なのに、なんてことでしょう(爆

スマフォで速報見ていると、最初の2得点がわからなかったんですが、上記の通り、大田三振で亀井盗塁、その送球を荒木が捕球ミス?でボールが点々としている間に村田生還、亀井も三塁にってことだったんですね。ここで小林がつないだのが大きいですよね。凡退していれば菅野のスクイズもありませんからね。ゲームはどうなっていたことか…。隠れたファインプレーでしょう。

しかし…。2点リードもつかの間。
山口のハラハラ劇場。というか、まぁ今シーズンは山口だけではないんですけどね(爆

ヒット→ヒット→四球でノーアウト満塁…。さすがに同点までは覚悟しましたが…
三振→暴投で1失点、その後ライトフライで捕殺。というか、この展開で捕殺とくればホームでのプレーのはずが、なんとなんと三塁でのタッチプレー?どういう当たりだったんでしょうね?当然浅いフライということでしょうが、森野は橋本の肩をしらなかったのかな?ま、おつかれさんです。

2-1と追い上げられての8回に、ヒットヒット盗塁で作った2,3塁のチャンスにロペスがタイムリー!アンド レフトが後逸で決定的な4点目までも追加となりましたね。

あとをつないだフランケンとマシソンが完璧なリリーフを見せてくれました。やはり、投げ過ぎなんでしょう。疲れていてはパフォーマンスを発揮できません。

ということで、神宮の結果にもよりますが試合終了時点でマジックは3。まぁ、神宮は13-3なのでヤクルトは勝つでしょうけどね。

2014.9.24 21:57 追記
 広島、負けた!
 


↓こりゃー、一気に来るで♪ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【マジック4】一挙10得点というビッグイニング!15-1と圧勝して、ヒロインが大田というお祭り騒ぎで前前夜祭か?

もうね、観ていて疲れました(爆
Yomiuri Giants Official Web Site:9月23日 対中 日22回戦・ナゴヤドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:9月23日 対中 日22回戦・ナゴヤドーム

大田3安打3打点!今季最多タイの15得点の大勝でM4

 中日ドラゴンズとの22回戦。巨人は四回、二死から中日に先制点を奪われる。打線の反撃は五回、大田のタイムリー二塁打、長野の2点タイムリーヒットで逆転に成功すると、七回に打線が大爆発。大田の2点本塁打を含む打者16人、6安打で計10得点を挙げる。さらに八回には村田、アンダーソンの連続本塁打が飛び出し、今季最多タイの15得点を記録。六回以降はリリーフ陣が無失点に抑え、巨人が15対1で勝利した。優勝へのマジックナンバーは4となった。杉内は3年連続二桁勝利となる10勝目。

 中日先発は山本昌。

 打線は初回、山本昌を攻め立てる。先頭の長野が四球で出塁すると、片岡がヒットで繋ぐ。続く坂本が送りバントを決め、一死二、三塁と先制のチャンスを迎える。しかし阿部が内野ゴロに倒れると、村田の打席で一塁走者・阿部が二盗失敗。先制点を奪うことはできなかった。

 一方の巨人先発・杉内は安定した立ち上がりを見せる。大島、荒木、藤井と並ぶ中日打線を三者凡退に斬って取った。

 三回、先頭の大田が右翼へのヒットを放つ。杉内がきっちりと送りバントを決め、得点圏に走者を進める。しかし、長野、片岡が倒れ、またも先制とはいかない。

 その裏、杉内は二死から大島にヒットで出塁を許す。次の荒木の打席で大島に二盗を決められると、荒木に中堅へ運ばれ、欲しかった先制点を逆に奪われてしまう。

 巨人打線の反撃は五回。アンダーソンが振り逃げで出塁を果たすと、亀井が右翼へはじき返し、無死一、三塁のチャンスを作る。ここで大田が左翼線へタイムリー二塁打を放ち、まずは同点に。杉内は三振に倒れたものの、長野の左翼への2点タイムリーヒットで巨人が勝ち越しに成功する。

 逆転してもらった杉内。しかし代打・福田、荒木にヒットを許し、二死一、二塁のピンチ。さらに自らのけん制悪送球で走者をそれぞれ進め、藤井には四球を与え、二死満塁とさらにピンチを広げてしまう。森野にフルカウントまで粘られるが、最後は左翼フライに打ち取り、このピンチを脱した。

 すると巨人打線が七回に猛攻を見せる。先頭の亀井が四球を選ぶと、続く大田の打球はバックスクリーン左に飛び込む2ランホームランに。続いて2者連続で四球を選び、走者をためると、片岡のタイムリーヒットで1点を追加する。さらに四球と失策で無死満塁とすると、村田の犠牲フライ、アンダーソンの2点タイムリー二塁打で10点目を奪う。その後、小林、再び片岡にタイムリーヒットが飛び出し、巨人はこの回10点と大量リードを奪う。

 七回からは青木がマウンドへ。一死から連打を許すも、後続を打ち取り、大量得点後の難しいイニングを無失点に抑える。

 巨人は攻撃の手を緩めない。この回からマウンドへ上ったルーキー鈴木翔から村田が左翼スタンドへ21試合ぶりの一発を放つ。アンダーソンも続く。右翼スタンドへ叩き込み、さらに2点を積み重ねた。

 八回は江柄子、九回は高木京がマウンドへ。中日に反撃を許さず試合終了。15対1で巨人が大勝。優勝へのマジックナンバーは一つ減って、4となった。


最初はね、山本昌の投球になんだか翻弄?されているような感じでずるずるいっていましたね。初回、3回とチャンスを作るものの、無得点。ま、初回の展開はサインミスか何かだったのでしょうけどねー。まさかこのまま???無得点で相手にしぶとく得点されて敗戦?なんていう空気を感じていたのですが、的中で先制されてしまいました。

でも、ここからが9月の打線の凄いところ。

アンダーソン君の振り逃げwww でノーアウトで出塁。
亀井がつないで、締めw の大田がツーベースでまずは同点!
杉内は三振するものの、長野様がタイムリーでついに逆転! 得意の一気攻撃がハマりましたね!

でも、このあとにもっと凄い一気攻撃が待っているとは、誰も思っていなかったでしょう。しかも、あのようなホームラン…。

四球→大田、2ランホームラン→四球→四球→タイムリー→四球→内野ゴロエラー→犠牲フライでやっと1アウト。
ヒット→ヒット→内野ゴロで2アウト。
四球→ヒット→ツーベース→四球→三振でやっとチェンジ…。

なんと、1回の間で四球が6つ。エラーもありーの長打もありーのホームランもありーのでは、こういう展開になりますわな。

次の回は一転して、村田とアンダーソン君のソロ連発で2点追加とは…。村田のホームランは狙いすましたスイングで気持ちのいい弾道のホームラン。アンダーソン君のホームランは得意のライナーでスタンド中断に叩きこむ打球。

怖い打線です  ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ここまで点差が開けば、青木+江柄子+新高木で無失点リレー。杉内は今年も二桁勝利!素晴らしい。何が素晴らしいって、ローテを離れていないのが素晴らしいですねー。

マジックは4。
ナゴドで残りを連勝、広島連敗となれば優勝!

ただ、ナゴドではレギュラーシーズンの優勝決定はないらしいです。もちろん、ドアラ以外の。

ま、そのジンクスも破ってみせましょうぞ(ホホホホ
 


↓はよ決めろや、もう…(ちなトラ と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【マジック5】終盤で4失点しているようでは、勝てませぬ(泣

それにしてもマシソン、好不調の波が激しいですが最近は不調が続いていますね…
Yomiuri Giants Official Web Site:9月21日 対ヤクルト22回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:9月21日 対ヤクルト22回戦・東京ドーム

延長十回に大田が同点タイムリー放つも、ヤクルトに競り負け

 東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの22回戦。阿部の通算300本目となる二塁打で巨人が先制すると、アンダーソンのタイムリーヒットと亀井のホームランで追加点を挙げ、序盤に3点のリードを奪った。しかし先発の澤村が四回に連打を浴びて同点に追いつかれてしまう。巨人は五回に坂本の2ランホームランで勝ち越しに成功するも、九回にマシソンが打たれて再び同点に。5対5で迎えた延長十回、ヤクルトに勝ち越しを許すも直後に巨人は大田のタイムリーで同点に追いつき6対6と譲らない。しかし最後は延長十一回に江柄子がホームランを浴び、6対7で敗れた。この結果、この日、広島が勝ったため、巨人の優勝マジックは「5」のままとなった。

 巨人の先発は澤村。前回の登板ではわずか1回で降板となってしまったが、この日は初回を三者凡退に抑える見事な立ち上がり。

 その裏、巨人打線がヤクルト先発・小川の立ち上がりを攻める。二死から坂本が相手のエラーで出塁すると、阿部の通算300本目の二塁打となる左中間へのタイムリー二塁打で1点を先制した。アンダーソンもタイムリーヒットを放ち、さらに1点を追加。初回にいきなり2点のリードを奪った。

 続く二回、先頭の亀井が右翼へのソロホームランを放ち、3対0と点差を広げた。

 3点の援護をもらった澤村は三回までヤクルト打線を0点に抑えたが四回につかまる。一死から川端、バレンティンに連打を許すと、雄平にタイムリー二塁打を打たれて1点を返される。さらに畠山にもタイムリーヒットを許し、3対3と試合を振り出しに戻されてしまった。

 再びリードを奪いたい巨人は五回、一死から片岡がヒットを放つ。続く橋本は右翼フライに倒れたが、坂本の放った打球はレフトスタンドに飛び込む2ランホームランに。5対3と、巨人が勝ち越しに成功した。

 六回、巨人は2番手の久保が登板。しかし二死から飯原に二塁打を浴びると、その後も暴投や四球でピンチを広げてしまう。原監督はここで3番手の青木をマウンドへ送る。青木はユウイチを遊撃ゴロに打ち取り、このピンチを切り抜けた。

 七回、巨人は二死から橋本がヒットで出塁する。橋本はすかさず二盗を試みると、相手の暴投も重なり一気に三塁まで進む。二死三塁と追加点のチャンスを作ったが、坂本は二塁ゴロに倒れ得点はならなかった。

 七回は青木、八回は山口がそれぞれ無失点に抑え、九回はマシソンが登板。しかし先頭の相川に二塁打を許すと、田中浩への暴投などで無死二、三塁のピンチを背負ってしまう。山田からは空振り三振を奪ったが、谷内の内野ゴロの間に1点を失うと、続く川端にタイムリーヒットを浴び、5対5の同点に追いつかれてしまった。

 延長十回、九回途中から登板の西村は、二死から飯原にヒットで出塁される。小林のパスボールで二死二塁と得点圏にランナーを背負うと、相川に右翼前へ運ばれ、5対6とヤクルトに勝ち越しを許してしまった。

 その裏、先頭の橋本がヤクルトの6番手・バーネットから四球を選ぶ。寺内が送りバントを決めると、西村の代打・矢野もヒットで続き一死一、三塁とした。ここで大田が左翼線にタイムリー二塁打を放ち橋本が生還。6対6の同点に追いついた。なおも一死二、三塁とチャンスだったが、後続が倒れ勝ち越しはならなかった。

 延長十一回、巨人は7番手で江柄子を送るも、先頭の山田にソロホームランを浴びてしまう。6対7と、再びヤクルトを追う展開に。

 その裏の攻撃は、先頭の井端がヒットで出塁するも後続が倒れ試合終了。6対7でヤクルトに敗れた。


流れは勝ち試合でしたがねぇ…。

同点に追いつかれてからの坂本の2ランホームランという、ある意味最高の追加点で勝利に向かってまっしぐら!のはずがねぇ…。

たらればをあえて言えば、暴投さえなければ三振と併殺で結局無失点で終わっていたはず!という言い方もできますね。ま、暴投がなかったあとの展開がそのままってことはないとは思いますが、それでもね。

しかし、マシソン以外のフランケン、江柄子がなぁ。特に江柄子。ホームランだけはあかんというところで打たれちゃったねぇ。

打つ方は粘りに粘って10回裏にも大田!!!のタイムリーで追いつくなど、よかったんですけどね。

( ´ー`)y―┛~~

まぁ、そんな毎試合勝てませんからね。でも、この試合は勝てた試合でしたねぇ、惜しかった。
 


↓一つずつだ! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/23

韓国の様式美を無視しているようでは「モグリ」ですなw

なぜそこで消火器なのか?
【韓国】「クラスメイトと喧嘩」~小学生、腹立ちまぎれに消火器(高陽)[09/12]

【韓国】「クラスメイトと喧嘩」~小学生、腹立ちまぎれに消火器(高陽)[09/12]

11日の午前10時 55分頃、京畿道(キョンギド)高陽市(コヤンシ)一山東区(イルサンドング)の某小学校6年生の教室で、A少年(13歳)が消火器を噴射、生徒30人余りが吐き気や嘔吐などの症状を訴えて、近隣の病院に運ばれて治療を受けた。

消防当局と警察によれば、A少年が黒板を消している途中に他の生徒が、「教室の床が濡れているので拭いといて」と言った言葉に怒り、教室の後方にあった消火器を周囲に噴射した。

これに対してクラスメイトがA少年を止めながら喧嘩となり、この過程で消火器が教室全体に噴射された。

消火器から噴射された物質は、リン酸アンモニウムで人体には無害だが、大量にさらされた場合は呼吸器系統の診断を勧められているとの事。

警察の関係者は、「A少年には軽い過剰行動障害があって普段から敏感に行動して、学校でも注意されていた」と伝えた。

故意に他人に消火器を噴射する行為は傷害罪に当たるが、警察はA少年が刑事立件対象の満14歳未満でクラスメイトにけがを負わせる意図がなかったと判断して、司法の適用はしない事にした。

ソース:京仁日報(韓国語)
http://www.kyeongin.com/?mod=news&act=articleView&idxno=896949


腹立ちまぎれに…、のあとには

■放火
■レイプ
■強盗
■ウンコ撒き散らかし

のどれかに決まってるでしょうが m9っ`Д´)

親と教師はこのA少年をしっかり韓国伝統の様式美について教育するように!

韓国 腹立ちまぎれに - Google 検索
 


↓でも進化したんじゃないか? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【マジック5】小山の好投で苦手なヤクルト戦を先勝!アンダーソン君が久しぶりの一発&ネ申の一発で粘勝!

小山の好投に尽きる試合でしたね♪
Yomiuri Giants Official Web Site:9月20日 対ヤクルト21回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:9月20日 対ヤクルト21回戦・東京ドーム

小山8回1失点、ヤクルトの追撃振り切り4連勝…M5

 東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの21回戦。巨人は初回、アンダーソンの3ランで先制し、早々と試合の主導権を握った。先発の小山はストレートで押す投球でヤクルト打線を圧倒し、中盤まで得点を許さない。六回、二死から連打を浴びて1点を失ったものの、小山は8回を投げ切り、最少失点に抑えた。打線は八回、阿部がソロホームランを放って待望の追加点を挙げる。九回、リリーフ陣がヤクルト打線の反撃を受けながらもリードを守り抜き、巨人が4対2で勝利。連勝を「4」に伸ばした。優勝マジックは「5」となった。試合後、DeNAが敗れ、巨人のクライマックスシリーズ出場が確定した。

 ヤクルト先発は石山。

 初回、巨人打線が鮮やかな攻撃を見せる。先頭の長野、橋本が連続ヒットで出塁すると、3番の坂本が送りバントを決めて一死二、三塁のチャンス。ここで阿部は空振り三振に倒れたが、続くアンダーソンが右翼に3ランホームランを叩き込み、巨人が一気に3点のリードを奪った。

 早々に援護をもらった先発の小山は、四回まで一人の走者も許さない完璧な投球を見せる。

 一方、打線は二回以降は石山を打ちあぐね、追加点を奪えない。四回、二死から亀井が二塁打を放ち、片岡も四球で歩いて二死一、二塁とするが、後続が倒れ、得点はできなかった。

 小山は五回、先頭のバレンティンに内野安打を許すと、続く雄平にもヒットを浴びて無死一、三塁のピンチを背負う。続く畠山には右方向に痛烈な打球を打たれたが、一塁手のアンダーソンがキャッチしてすかさず塁を踏み、飛び出した走者の雄平もアウトにして二死を奪った。その後、飯原に四球を与えたが、中村を打ち取り、このピンチを無失点で切り抜けた。

 その裏、巨人は二死から坂本がヒットで出塁。さらに二盗を決めて得点圏に進むが、続く阿部は一塁ゴロに倒れた。

 直後の六回、小山は二死から森岡に二塁打を浴びる。続く川端には中堅にタイムリーヒットを運ばれ、1点を失った。

 小山は八回にもヒットと盗塁で二死二塁のピンチを背負うが、ここは森岡を左翼フライに仕留め、得点は許さなかった。小山は8回を投げ切って1失点。先発の役割を果たして、マウンドをリリーフ陣に託した。

 八回、打線がようやく追加点を挙げる。ヤクルト4番手の中澤から、阿部が左翼ポール際にソロホームラン。巨人が終盤で4対1とリードを広げた。

 九回、巨人は2番手・山口をマウンドに送る。しかし先頭の川端にヒットを打たれたところで、原監督はマシソンを起用した。マシソンは暴投などもあって一死三塁のピンチを迎え、内野ゴロの間に1点を失った。マシソンは後続にも2本のヒットを許すなどして、二死二、三塁と一打同点の場面を招いたが、最後は中村をキャッチャーファウルフライに打ち取り、試合終了。

 巨人は4対2でヤクルトを下して4連勝。優勝マジックを「5」とした。試合後、巨人のクライマックスシリーズ出場が確定した。


小山は打たれても粘れるようになりましたね。この試合は、アンダーソンの好守(つき?)もあって切り抜けています。先発投手は失点しても、さらなる失点を防ぐことが重要ですからね。失点を怖がって、どんどん状況を悪化させることだけはしてはいけませんから。

その代わりというか、今日もマシソンがやっちゃいましたかね。内野ゴロの間の1点はいいんですよね。そのあとの連打がいかんです。

広島も勝ったので、マジックはひとつ減って「5」
いよいよ優勝の栄冠が視野にはっきりと入ってきましたね♪ ナゴドでのドアラ三連戦で決まることはまさかないと思いますので、優勝決定試合は週末のハマスタですね!
 


↓と、取らぬ狸の… と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/22

高知県四万十市は「下手の考え、休むに似たり」を実証したのか?w

志村、うしろうしろw に通ずるものがあるなw
高知新聞:高知のニュース:教育:高知県四万十市の中学校が「琉球新報は政治色強い」と教材変更

高知新聞:高知のニュース:教育:高知県四万十市の中学校が「琉球新報は政治色強い」と教材変更

2014年09月12日08時33分

 高知県四万十市の中学校が、新聞を授業で活用するNIE(教育に新聞を)活動の一環で、沖縄県の地方紙「琉球新報」を利用していたところ、四万十市の藤倉利一教育長が「政治色が強い」などと校長に指摘し、学校が2学期から別の新聞に切り替えていたことが、学校などへの取材で分かった。

 四万十市は本年度、NIE活用研究推進校として、この中学校など5校を指定していた。

 この学校は、生徒が高知県以外の地方紙と高知新聞を読み比べて「ふるさと」「環境」「平和・人権」の各班がそれぞれのテーマに沿って記事を切り抜いて壁新聞を作り、それぞれの特色を学ぶ授業を計画。教材に東日本大震災の被災地である宮城県の河北新報と、「平和・人権」担当教諭の推薦で琉球新報が選ばれた。

 「平和・人権」班は記事を使って1学期中に2回、壁新聞を作った。

 校長によると7月初めごろ、教育長から電話があり授業内容を説明した際、琉球新報は政治色が強いのではないか」とNIEへの利用に懸念を示したという。校長は、2学期から北海道新聞と鹿児島県の南日本新聞に教材を変更した。

 校長は教材変更の理由について「教育長から強制された認識はない」とし、「高知より北と南の地方紙ならどこでも良かった。いろんな地域を知るという意味で切り替えた」と話している。

 藤倉教育長は高知新聞の取材に対し「感受性が強く未熟な中学生には(米軍基地問題などで)当事者になる沖縄県の状況は生々しすぎ、難しい賛否の渦に巻き込むのではないかと心配した。琉球新報を非難し、政治的な立場から排除する意図は毛頭ない」と答えた
 さらに「沖縄の政治的な問題を公教育の中で中立の立場で指導するには、相当に慎重な対応が求められる。NIEをやる上で今後、議論を深めていかなければならないと考えている」とも述べた。

 他県では沖縄の地方紙を使って、基地問題などをさらに掘り下げて学習した事例がある。4年前、地元の地方紙や全国紙など計5紙を読み比べる授業を行った長野県の公立中学校では、米軍普天間飛行場の移設問題に興味を抱いた生徒たちが、沖縄県の地方紙を読んだり、大田昌秀・元沖縄県知事や住民、中学生らを取材したりし、新聞を作った。

 今回の問題について、日本NIE学会会長で広島大学大学院の小原友行教授(教育学)は「面倒な社会問題を避け、自己規制をかけると、子どもは批判的思考もできず、社会現象に現実感も抱けない。むしろ論争についてこそ学ぶべきだ」とし、「結論を導くのは教師ではなく、子ども自身によってでなくてはならない」と指摘した。

 その上で、NIEに使用する新聞の選択に関しては、「各紙独自の主張を把握して新聞を選ぶなどの準備をし、教師の工夫や努力、学習が必要だ」と述べた。


琉球新報は政治色が強い
 ↓
2学期から北海道新聞と鹿児島県の南日本新聞に教材を変更

Photo

教育長のもっともな指摘の意味を全く理解していない校長 orz

この教授も大概ですが…

面倒な社会問題を避け、自己規制をかけると、子どもは批判的思考もできず、社会現象に現実感も抱けない。むしろ論争についてこそ学ぶべきだ」とし、「結論を導くのは教師ではなく、子ども自身によってでなくてはならない

教師、あるいは学校という非常に上の立場を利用して生徒を洗脳することは厳に規制すべきでしょう。大学生、あるいは高校生くらいならまだその内容について批判的な考えを自主的に持てるとは思いますが、中学生では一方通行になるのは目に見えています。その立場を利用して、無垢の生徒を煽動することはやってはいかんでしょう。

結論を導くのは教師ではなく、子ども自身によってでなくてはならない

このとおりです。日教組はそれを犯しているんでしょ?教育指導要領にないような授業、あるいは副教材の自作。あるいは自分の担任教科ではないところで洗脳とか、ありえませんよね。正さないと。

左、右、両方の新聞を教材にして、それらの記事に書かれている内容を事実を基に検証するくらいはしてもいいと思います。問題は左の新聞の内容が、その検証に耐えられるかという点でしょう。アカヒの最近のグズグズっぷりを考えるに、難しいでしょうね。

ただ、保守系の新聞に誤報がなかったかと言うとそれも違いますのでね。

地元の地方紙や全国紙など計5紙を読み比べる授業を行った

これは重要ですが、地方新聞のこういう政治的な記事って、時事とか共同通信とかの記事の配信を使っているのが大半だと思うんですよね。その辺どうなんでしょうかね。
 


↓自虐歴史の押し付けが諸悪の根源だ m9っ`Д´)  と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/21

トヨタの下請けが疲弊しているようです

下請けという呼び方も一種上から目線で嫌ですがね…
トヨタ最高益、下請け低迷 7割はリーマン前より減収、新開発手法で下請け選別の懸念も | ビジネスジャーナル

トヨタ最高益、下請け低迷 7割はリーマン前より減収、新開発手法で下請け選別の懸念も | ビジネスジャーナル

2014.09.16

 全国にあるトヨタ自動車グループの下請け企業のうち約7割が、2008年のリーマン・ショック前の売り上げまで回復していないとの調査結果がまとまった。帝国データバンクが調査したもので、調査対象はトヨタ自動車やデンソー、アイシン精機など主要グループ企業16社との間に、直接・間接的に取引のある下請け企業だ。帝国データバンクの企業データベースをもとに、下請け企業を抽出し、売上高などを初めて集計した。

 その結果、下請け企業の合計は全国で2万9315社、従業員数は135万3193人に上った。このうち一次下請けは4935社、二次下請けは2万4380社を数えた。トヨタグループのピラミッド構造の裾野の広さが、あらためて浮き彫りになった。

 都道府県別ではグループ各社が本社を構える愛知県が5976社(構成比20.4%)でトップ。以下、東京都(5481社、同18.7%)、大阪府(3819社、同13.0%)と続いた。業種別を見ると、一次下請けでは自動車部品製造(221社、同4.5%)、二次下請けは産業用電気機器卸(964社、同4.0%)が多い。売上高規模は一次下請け、二次下請けともに「1億円以上10億円未満」が最も多く、合計で1万6062社(同54.8%)。「1億円未満」も4134社(同14.1%)あって、全体の約7割が年商10億円未満の中小企業だった。

 リーマン・ショックでトヨタの業績が落ち込む前の07年度と13年度の売上高を比べたところ、07年度を下回る「減収」企業が1万4232社(同70.5%)に達した。一次下請けは2179社(同68.1%)、二次下請けは1万2053社(同71.0%)がリーマン・ショック前の水準を回復できていないことが明らかになった。

 トヨタ本体は13年度の営業利益が過去最高を更新しV字回復を果たしたが、その恩恵が下請けにはまだ及んでいないことを、今回の調査が示している。ちなみにトヨタは海外生産を増やし、13年度の国内生産は07年度の8割にとどまる。海外シフトが下請けの売り上げに影響し、大手と中小の格差が広がったとみられている。

●過去最高益でも株価下落

 トヨタ自動車の14年4~6月期連結決算(米国会計基準)の営業利益は4%増の6927億円と、リーマン・ショック前の07年以来7年ぶりに最高益を更新した。400億円のコスト低減効果が寄与した。

 しかし、好業績を発表したにもかかわらず、トヨタの株価は下落した。市場で懸念材料として指摘されたのは、トヨタ系列の自動車部品大手が減益決算だったことだ。コスト削減のシワ寄せを上場する部品メーカーが受けているのだとすれば、トヨタ本体の収益力が本当に回復しているのかどうかに疑問符がつくためだ。

 トヨタ生産方式の核をなす「カイゼン」と呼ばれるコスト低減には3つの手法がある。1つ目は1次サプライヤー(部品会社)に対して年率約1%ずつ製造原価の引き下げを要請して、年間で計1000億円の原価を低減する。2つ目は車体の軽量化で材料費を抑え、1000億円コストダウンする。3つ目は生産性向上や設計変更などで、原価を1000億円低減する。この手法で、年間3000億円の原価低減を継続してきた。

 4~6月期の過去最高の営業利益は、こうした「カイゼン」の効果によるものだ。自動車市場は消費増税により国内の販売が苦戦し、新興国の先行きにも不安が根強い。中国の、自動車を中心とした外資系企業叩きも気になるところだ。

●新開発手法が下請けにもたらす影響

 トヨタの「カイゼン」を支える下請け企業の中で、大手と中小の業績格差が広がりつつある。その流れを加速するとみられているのが、15年に発売する新型車から順次導入する新開発手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」である。部品やユニットを開発段階から共通化し、複数の車種に活用するのがTNGAの柱。同一部品の発注量を増やすことで開発効率を高めるとともに、コストを大幅に削減する。「20%超の原価低減」を目指すという、すさまじいまでのコスト削減策なのだ。

 トヨタの下請け企業を調査した帝国データバンクの担当者は「部品の共通化などで特定の企業に生産や発注が集中する可能性があり、発注先から外れた企業の業績は大きく落ち込みかねない」と指摘している。これまでトヨタの強さの源泉となってきた下請け企業だが、今後、トヨタによる厳しい下請け企業の選別が進むのではないかという見方も業界内では広がっている。
(文=編集部)


リーマン・ショック以前よりも業績が低迷したままということですけど、国内の会社の話ですので結局は国内生産台数にかなり左右されるんじゃないでしょうか?

ただ、絶対額として低迷しているということは事実でしょうから、もしそれらの会社の規模が同じであれば、その売上低迷は死活問題でしょうね…。人件費と設備維持費などなど。

( ´ー`)y―┛~~

それにしても、年率1%の原価低減で1000億ということは、部品などの原価で10兆円ってことですよね。呆れるくらいの金額ですね…。合計3000億ということですから、毎年3%のC/Dですか…。丸投げじゃなければ、トヨタ恐るべし…。

メーカーに勤めていますが、部品一個で何銭レベルのC/Dをしていると耳にしている身にとっては、信じられない内容ですね。
 


↓給料って上がるのかね? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月14日 - 2014年9月20日 | トップページ | 2014年9月28日 - 2014年10月4日 »