« 橋下市長(維新の党 共同代表)は本当に言いっぱなしが得意ですなw しかし共産党への言いっぱなしは痛快ですなw | トップページ | BookWalkerが角川文庫のコンテンツを読み放題? »

2014/12/05

AKB48について外国人の方々も理解不能のようです

私も理解不能ですw
「AKB48グループが年間チャート独占は何故?」AKB商法が海外でも話題に | ガジェット通信

「AKB48グループが年間チャート独占は何故?」AKB商法が海外でも話題に | ガジェット通信

2014.11.30 23:45 AOLニュース カテゴリー : エンタメ タグ : DAILY MUSIC デイリーミュージック

2014年のシングル売り上げ上位トップ20が先日発表され、上位4位を独占、20位以内にも関連グループが13作品もランク入りし、改めて握手券などに代表されるAKB商法が賛否両論を呼んでいるが、海外フォーラムでも「何でAKBがそんなに売れているのか?」改めてその売り方に驚いている外国人の意見が紹介されている。

100万枚越えのシングルセールスに「なんでそんなに売れているのか?」という質問に、
「CDに同封されている握手券やAKB総選挙の投票券が目当てで大量買いする奴がいる。」「ファンはその為(総選挙の投票)に大量のCDを購入する。」と”大量買い”の存在を始めて知った外国人も多く、「何なんだよこれは…」「同じCDをこんなに買うとかアホか?」「金はどう工面してるんだ!?」「どんだけ金持ちなんだよ」「そのお金もっと別の自分の人生とかに使った方がいいよな」など、一般の日本人も感じ忘れかけているリアクションがずらり。

一方で「この手があったか」と関心する人も「でもこの商法、見方によってはセンスがあるよね。カネのあるオタクから搾取するってのはグッドアイディアだわ」とこれも日本でもAKB商法賛成派の意見に似ているが、やっぱりありがちな意見で「CD購入に使っている金を持って、直接AKBメンバーにデートでも申し込んだ方がいいだろ。メンバー何人かは乗って来るんじゃないか。」など。これも考えがちだが、日本のアイドル文化はそういうものじゃないということは理解できないかもしれない。

そんな中「ただこのやり方でも売れてるのは凄い。本当に人気がなければこんなことしても売れないだろ。」という冷静なコメントも、意外に商法のエゲツなさばかりクローズアップさせるが、確かに人気がないとそこまで売れないというのはごもっともな意見だ。

昨年の今頃もAKBが年間上位5曲を独占した時に「AKBって本当に凄いんだな!」という外国人のマジレスに、日本人もなんだかいたたまれない気分になったが、今年はやっとAKB商法のカラクリに気付いてくれた模様だ。
最後にある外国人がコメントした捨て台詞「これはマネーロンダリングか何かか?本当に馬鹿げている」。全く多くの日本人も馬鹿げていると思いながらも今年もAKB商法は健在だったのだ・・・


画期的な握手商法と、それに乗ってしまった購買層。乗った方は満足しているんでしょうけどね。
それでも一人で下手すりゃ1000枚とか買うんでしょう?そういうアーチストのCD販売枚数がそれまでの記録を煮る買えるっていうことに、納得はいきませんね。

本当に馬鹿げている

そう思います。
ただ、ビジネスとしては大成功でしょう。

でも、ある程度ビジネスとして成功しないといい楽曲を作っても世に出せないのもありますが、なんだか芸術を否定しているような商法なので残念だなぁと感じます。

今は幸いCDというモノとして発売しなくても消費者の手元に渡るルートがありますので、我が道を行くことも以前に比べればやりやすいのでしょうか。

( ´ー`)y―┛~~

AKBの歌を聴いても感動はしませんね。ノリの良い曲はありますけど。随分前ですが、モー娘。の曲で感動したことはあります。同じような群衆効果のビジュアルを狙っているアイドルですが、そういう違うはありそうですね。
 


↓アイドルに感動は求めないだろw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 橋下市長(維新の党 共同代表)は本当に言いっぱなしが得意ですなw しかし共産党への言いっぱなしは痛快ですなw | トップページ | BookWalkerが角川文庫のコンテンツを読み放題? »

音楽」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKB48について外国人の方々も理解不能のようです:

« 橋下市長(維新の党 共同代表)は本当に言いっぱなしが得意ですなw しかし共産党への言いっぱなしは痛快ですなw | トップページ | BookWalkerが角川文庫のコンテンツを読み放題? »