« タコが自分の足を食う、というイメージでしょうか? | トップページ | まぁ、国によって入国禁止にする基準はいろいろあるでしょうけどねw »

2014/11/14

長距離ドライバーをつなぎとめておきたければ、待遇をどうにかしたらいいのでは?

単純にそれだけだと思いますけどね…
27年度には14万人が不足 ドライバー確保の決め手は|物流ウィークリー・物流と運送、ロジスティクスの総合専門紙

27年度には14万人が不足 ドライバー確保の決め手は|物流ウィークリー・物流と運送、ロジスティクスの総合専門紙

2014.11.14

 全ト協の「日本のトラック輸送産業現状と課題」によると、「平成25年度現在、トラック運送事業に従事する従業員は全体で約187万人。うち輸送・機械運転従事者は84万人。全体の約45%を占めている」という。一方、20年9月に国交省がまとめた「輸送の安全向上のための優良な労働力(トラックドライバー)確保対策の検討報告書」によると、将来のトラックドライバーの需給について、他産業との賃金格差が縮まらない場合、27年度には約14万人が不足すると予測されている」としている。


 若年者の労働力確保は今後、さらに困難になることが予想される。村上龍氏の「13歳のハローワーク」から発生した「13歳のハローワーク公式サイト」によると、トラック運転者は「長距離運転者は労働時間が長くなる傾向があり、家族と過ごす時間が少なくなることを覚悟しなければならない。安全に無事に、決められた時間内に運送を終了することが求められるので、規則正しい生活が要求される」と紹介されており、現役ドライバーの声として、「どんな仕事でも根性が必要」「会社の選択は慎重に」などと紹介されている。

 愛知県の運送事業者も「最近のドライバーはキツい仕事を避ける傾向にある」「仕事よりも生活や休暇を優先させる人が多い」と指摘する。


 三重県のサービスエリアで休憩していたドライバーの一人は「いい仕事があれば、そちらを選ぶ。ドライバーでなくてもいい。仲間には、どうしてもここしかないという人もいるが、最近はこだわりがない人も増えている」という。運送会社が、どれだけドライバーを大切にするか。これが運送会社が今後、ドライバーを確保できるかどうかを決めることになる。


待遇=実質的な時給を上げればいいのです。簡単ですが、難しいでしょうね。

長距離トラックの場合、距離にもよりますが例えば東京大阪の往復の運送なら、翌日は休みとか。そうすると従業員の数を増やさないといけないから、運送料を大幅に上げないとやっていけなくなりますが…。

でも、そういうのがインフレというものでは?物価上昇というものでは?物の値段が上がるのは、モノそのものの値段が上がるのもあるけれども、それに携わっている人の給料が上がることでしょう。特に今のような経済では、よっぽどのことがない限りモノそのものの値段が上がるなんてないでしょう。物不足になるような物はそうそうないですよ。

仕事よりも生活や休暇を優先させる人が多い

そうでしょう。
お金よりも家族との時間を重視=QOLです。それと、長距離のドライバーの方なら疲れていると事故にも直結する可能性が大きいですからね。

以前の記事でトラックの内装や外装を豪華にするってのがありましたけど、そういうことではないのです。

そういうことは、最後の方でいいのです。
まずは待遇=給料ですよ。

今はそれが低いのでなんとも仕事への満足感がないんじゃないでしょうか。好きな事ならお金なんて、なんていう人はまれでしょう。生活のために仕事をしている人が大多数なんですから。

最近気になる本がこちら。

本屋さんで見かけた、というレベルなんですけど気になりますねぇ。

モノなら今の時代、いくらでも(とは言いませんが)安く作ることができます。そこだけで競争するのは非常に難しいし、不幸になりそうです。+αのところで勝負ができればなぁ…。言うは易しですけど、しかもそれってお客さん目線にならないと無理ですからね、こちらも難しいです。

でも、どっちかというと後者のほうがやりがいがありそうですね。
 


↓まーた話が瞑想してるぞw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« タコが自分の足を食う、というイメージでしょうか? | トップページ | まぁ、国によって入国禁止にする基準はいろいろあるでしょうけどねw »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長距離ドライバーをつなぎとめておきたければ、待遇をどうにかしたらいいのでは?:

« タコが自分の足を食う、というイメージでしょうか? | トップページ | まぁ、国によって入国禁止にする基準はいろいろあるでしょうけどねw »